喜びの朝

嗚呼!ついに、ついに、憧れのこの日が来た。この新しい門の前に立つことが出来た(๑˃̵ᴗ˂̵)

そんな喜びでいっぱいの朝です。

それは、更年期が始まったと身体が教えてくれたこと(笑)
嗚呼、嬉しい!
嗚呼、なんて素敵!

思えば、私の自己内省の旅、自分の女性エネルギーとしての女神のエネルギーと向き合う旅のきっかけは、12歳の時から毎月毎月やってきた月経の波でした。

保育士をしていた20代半ばに、その波にとても意識的になりました。
昨日は「いいよ、いいよ、こぼしても。先生がちゃんと拭いてあげるからね」なんて、菩薩のような保育士だったかと思うと「なんでこんなにこぼして食べているんですか!!」と歯ぎしりしてしまう私とが交錯する月末…これは一体どういうこと??

母親としてではなく、プロの保育士として自らを客観視して子供たちの育ちの見守りをするとコミットしていた私には、当時それはとても興味を引くテーマで、もともと今は亡き三木成夫先生の生命論に深く共鳴していただけに、自分の月経そのものが私を自分自身へと、そして「命とはなんなのか」という私の中の終生のテーマへと導く定期水先案内人となりました。

IMG_0207現代の言葉で言うとPMS、ネイティブアメリカンで言うところのムーンサイクル、イナンナの冥界下り、そして、野口整体の創始者の野口晴哉のいうところの 「おんなである時期」の性の高低の波は、私の心身を翻弄し、乗りこなすのは至難の技!

時にハワイのビッグウェーブのような波は、腰が引けていたら命取りですらありました。

落とされるのではなく降りていくのだ、そう決めるまでは、毎月やってくるその闇は恐怖でもありました。
また、自分の中の闇に降りていく作業は、常に光を求めて生きて生きたい傾向の強い私には本当にしんどいものでした。

けれど、小田まゆみさんをはじめとする素晴しい女性たちとの出会いによって、女神のコンセプトやネイティブアメリカンのムーンサイクルの考えに比較的早くに導いてもらっていたため、この作業は女性の持つ真のいのちの力や賢さ、智慧に近づくための、避けては通れない通過儀礼だと自分に言い聞かせて、15年近く向き合ってくることとなったのでした。

そこへ、シコリんこと乳がんの降臨。

ますます、内なる女神との対話は、生命とはなんなのかという根源的な問いに向かって深く深く降りていくこととなりました。

時に打ちひしがれ、時に光のステージに躍り出て…の七転八倒のダンスの模様は、このblogにお恥ずかしながら綴ってきた通りです。

そして、この春、あれだけ毎月正確にやってきた月経の乱れと小停止、動機や息切れ、さらには先日から始まったホットフラッシュをもって、私の身体はムーンサイクルの最後の相に入ったよというウィンクを送ってくれました。

幸いなことに2年前から食事や生活の仕方、考え方、暮らし方を女性の身体にとっての「快」の方向に大きくベクトルを変えてきていたこともあってか、精神的な波はむしろ以前より穏やかで凪いでいます。

そして、女性ホルモンの波に翻弄される前の少女の時期にように、受信は私の感受性のアンテナのみ限定され、その精度は増してきています。IMG_0208

これからは、自分の月のサイクルを精神的に内包したまま、次世代の女性のサイクルを厳然と見守ることのできる「聖なる老女」の域に向かう扉の前に立つことができた気がして、嬉しくて小躍りしています(笑)。

達成感、安堵感、解放感、開放感…そして、次なる旅がはじまる静かな興奮でいっぱいです。

ありがとう、私のムーンサイクルと、その最後のステージの到来。
心から、喜びを持って、熱烈歓迎!です♪

閉経という、ムーンサイクルの最後の相をここから楽しんでいきたいと思います。

育て 育て 希望の芽

IMG_0187この春は、3月11日を境に、未だかつてない心身のデトックスが続いていました。

腎臓が動かなくなってしまったり、自律神経が乱れに乱れて自分でないような感覚に襲われたり、急に感情が爆発して自滅したり。

3日で終わるはずのイナンナの冥界下りが、長引いてしまったような時間でした。

そんな大嵐もようやく凪いできて、新芽の季節の訪れと共に小さな小さな芽がちょこんと顔を出しています。

その芽の名前は

「live with 一緒に 生きていこう☆」

です。IMG_0185

物心ついた4歳くらいの時から、人の力になりたい、助けたい、癒したい、と言う気持ちがなぜかいつも、どこかにありました。

誕生数秘も名前数秘も9のためか、蟹座の性質ドストライクのためか、慣れない海外生活で家族が絶えず緊張していたためか、海外の日本人学校という閉鎖された場所で、年頃の女子達から2回も仲間はずれやシカトのゲームの標的になった経験からか、はたまた過去からのカルマなのか…

「癒したい、助けになりたい、力になりたい」は私の人生のメインテーマになり、保育士や環境系のNPO法人の仕事、母子の心身のケアの仕事をしてきた20年近くの間に、いつしかその想いと私自身が一体化して、過大に育っていきました。

そして、この春、そんな私にべったりこびりついたアイデンティティが剥がれ落ちていこうとしています。まるで、「千と千尋の神隠し」の白竜が自分の本当の名前を取り戻したときの鱗が剥がれ落ちて行くシーンのように、パラパラと音を立てて消えていきます。

その代わりに芽を出しはじめたのは、小さな、可愛い、そして生命力にあふれた芽、「一緒に 生きていこう」の芽でした。

いいことばかりではない世の中でも

思い描いたものとも理想ともかけ離れた現実でも

時に深い深いため息をつきたくなる煩雑な毎日でも

朝からご機嫌な一日でなくても

一緒に 生きていこう。

IMG_0184

その中に隠れている些細な幸せや楽しい時間を見つけて、味わっていこう。

目立たなくてもそここにキラキラと溢れる人間のグッドネス、仏性を見る目を育てて、いい話が聴こえてくる聞き耳頭巾を被って、今日1日を過ごしていこう。

今日が終わったら、1日、また1日。

そんな新しい意識をもって生きていく毎日や活動は、今までとやることは同じでも、似て非なるもの、全く新しいものになるような気がして、芽吹いたこの芽を大切に育てていこうと思います。

育て、育て、新しい芽。希望の芽。

そしていつか大きな木に育つように。

私の、44年目の、新芽の季節です。

やはり 総括(笑)3年目の朝です

IMG_0180

2年前の今日、乳がんの検査を受けました。空が真っ青な、そして入道雲まで出ていた暖かい日でした。

国分寺のレディースクリニックで見てくれた先生がいますぐにここに行きなさいと紹介状書いてくれ、ブレストクリニックでその場で乳がんだという診断を受けてました。5センチで進行性、血管もできていて立派な癌です、と言われました。そして、痩せ型なこと、小さい頃から排毒が苦手だったことから、一晩一人で考えて自然療法で体質改善していくことを、直感で迷いなく選んだことは、繰り返し書いてきた通りです。

そして、今、2年前よりも身体全体が元気になってきている私がいます。10年くらいかけて徐々に育ってきたシコリんだったので進行が遅く、免疫を上げる時間をもらえたことが幸いしたのだと思っています。

肌のしみはとても薄くなり、あれほど辛かった朝起きるのが嘘のように楽です。身長は162センチの44キロ。歩いていて疲れない、そして、駅の階段を上り下りするのに息が切れないちょうどいい体重です。血液検査の結果は肝臓の数値も、腎臓の数値も以前よりよく、また免疫もかなり上がってきていました。

シコリ自体は、生理の周期に合わせて膨れたり小さくなったり。でも総じて大きくはなっておらず、シコリの部分の色があざの治りかけのような紫茶色に変わってきています。

このまま上手に共存しながら、心身の免疫を高めて幸せに生きているうちに、シコリんという天からのお預かりものをお返しできるかもしれないな、と感じ始めています。

漢方、ゲルソン療法、星野式、鍼灸、温熱療法、温泉療法(主に炭酸泉)、野口整体、プチ断食、三宿夢鍼灸院(半年通いました)、むらたガン療術院(半年通いました)…この2年間様々に試しましたが、効果を実感できたもの、自分に合っていると感じて続けてこられたことは下記です。

IMG_6035○玄米菜食中心の、オーガニックで化学調味料不使用の手作りの食事を1日1から2食。低GI、抗酸化作用のある食べ方、そしてドクダミ茶やびわ茶などの排毒のお茶を飲みます。夕飯から13時間くらい胃腸を休ませたいので、朝は豆乳ミルクティーとお腹が空いたらリンゴをかじります。(先日みつけたこの本の作者の辿り着いた食事とほぼ同じでした!万人に合う食事療法はないけれど、ベースの黄金律はありそうです)

そして、週に一度ちょっとだけ気を抜いてOhanaと同じものを食べる日を作ります。ちょっとくらい下痢をしても、そこは潔く出て言って良かった、と笑い流します。

○朝起きてすぐのお白湯

○週三回のタンゴ教室で身体も頭も気持ち良く動かし、仲間と笑う

○43度くらいのお風呂に15分、一汗かいたら出てバスローブでもう一汗。そして、寝る時は湯たんぽをお腹から前腿、後ろ腿、お尻、腎臓と温めて眠り、体温は出来る限り37度前後をキープ。

○一日に数回、強めの爪もみと、顎と鼻の下のツボ刺激(自律神経の調整)

IMG_0181○自己受容して、自分にストレスをあたえる思い込みや癖を手放す作業を進める

○自分の中の邪気を払うための祈りと瞑想

○最近始めた下半身のチューブ体操と腹式呼吸

○パーソナルトレーナーの先生による歪み直しのトレーニングとエネルギー調整(終わった後立位体前屈がマイナス30から0になります(笑))

○毎週の炭酸泉

○嫌なことや苦手なことには、アロハを込めつつもちゃんとNOを言う練習をして、自然にやりたいと思うことを優先する

○ベストバディはなちゃんと幸せなまったり時間を過ごす

です。

これじゃあ、健康にならない訳はありません(笑)。

今は、自分の内向型の性格をそのまんま受け入れて、上手にマネジメントしながら、仕事をしていけるように準備中です。こんなに穏やかで健やかで、爽やかな3年目の朝を迎えられるとは思っていませんでした。

IMG_0182経済面を始め様々にサポートしてくれている両親はじめ、私の決断を受け入れて、ずっとサポートしていくれている大切なOhanaに心からの感謝をしながら、今日1日を過ごしたいと思います。

心から ありがとう。

 

♩新しい春が来た 希望の春だ(ラジオ体操風に)

IMG_0177この4月で、乳がんだと診断されてから丸2年になります。
化学治療なしで食事療法と生き方を改善することをメインに手探りで取り組んできた2年間でした。

その総括はまたそのうちやることにしまして(やはりやるんだ、という声がきこえてきそうですが(笑))、この春は、大きく何かが変わりつつあります。そして、次のステージへの大きな一歩を踏み出しつつあります♩

その頼もしいお供、三種の神器は、
1.シコリんこと乳がんの新しい名前「神経肥大」(笑)
2.内向型人間(HSPとほぼ同義)の私の取扱説明書「内向型を強みにする」(マーティ.o.レイニー 著 パンローリング株式会社)
3.絶対の信頼感と無条件の愛で結ばれたバディはなちゃん

です。

名前やレッテルの持つ力は本当に恐ろしいもので、昨日まで普通に過ごしていた人が「あなたは癌です」や「あなたは鬱病です」と言われた途端に、まるで昨日と別人になったかのような気がしてしまいます。
そして、そのお札はコールタールのようにべっとりと張り付き、片時も離れることはないことは同じような境遇を体験した人は誰もが実感していると思います。
私ももちろん例外ではなく、自分自身がガンであることに「こだわって囚われて」きた2年間でした。

そんな私を見兼ねてか、私の背骨や体の歪み、内臓の状態を観てくれているスーパートレーナーのBAL先生が言いました。
「つぼみさんの左胸のはね、言うなれば【神経肥大】自律神経の乱れのおばけになってしまったようなものなんだよ」。
IMG_0179♫キンコンカンコンキンコンカンコン

 

 

 

 

その言葉に、例のど自慢大会の鐘が高らかに鳴り響き、「先生、なんだかそれ微妙な名前(ㆀ˘・з・˘)」と言いながらも大笑い♩

その笑いとともに乳がんという「お札」がふわっと外れて、「神経肥大につき、自律神経修復中 」の札が新たにかかったのを感じたのでした。

それなら、やれること、やるべきことがたくさん見えてきます。どうやって自分のこの死後硬直のような緊張しきった心と身体を調整したらいいのかしらと、色々探していた矢先に天啓が(笑)!

アマゾン先生が、2.の「内向型を強みにする」の本を勧めてくれたのでした 。

人の何倍も刺激に対して感じやすいHighly Sensitive Person であることは20代後半から気づいていましたが、この本はベストタイミングで私の中に全てはいってきました。
IMG_6040この本は外からの刺激をエネルギーにして活動できる75%の外向型の人のことも、外からの刺激には疲弊してしまい内的思考や静けさや引きこもることからエネルギーを得る内向型の25%の人間のこともどちらも否定することなく、その違いを脳科学やホルモン代謝の観点も交えて説明している、言わば内向型人間がこの世の中で生きていくための「自分の取扱説明書」のような本です。

高校時代に、なるべき人がいなくてたまたま生徒会長になってしまった時は人生最大の試練でしたが、全校集会のスピーチの後は必ず胃痛や貧血で保健室で倒れていたことは保健の先生と私の秘密でしたので、多くの同級生は私のことを外向型だと思っていたことと思います。

卒業式の時に総代で、3カ年皆勤賞をもらう頃には、激ヤセして39キロを切り、生理も止まっていたことに気づいていたのは、もちろん私だけでした。

そんなことの連続が私の44年間の人生で、その結果がこの神経肥大だったのだと思うと…もういますぐそんなことはやめていいよ( ;  ; )、あったかい毛布で包んで、温かいハチミツレモンを作ってあげるから、いますぐ温かくして、心地よいパジャマを着て、お気に入りのぬいぐるみを一緒にお布団をかぶっておやすみなさい。

読み進めるにつれて、物分かりのいい賢人の大叔母さんにハグされて暖炉に当たっているような、なんとも言えない安心感と自己受容感を与えてくれたこの本は、これからは自分を外向型の人や社会に合わせるべく常に駆り立てることも、些細な刺激に疲労を感じずに物事に当たれない自分を責めることももう二度としなくていい、自分の感受性を守り育てることでこの世の中に貢献することはできるのだからと教えてくれ、私の人生に初めて本当の意味での希望を与えてくれました。

ご本人も内向型の女性である著者の数々の具体的な提案は、ありのままの私を肯定しながら上手に世話をして、花を咲かせる方法がたくさん書かれていて、これならできそう!と思うものばかり。IMG_0178

人生が修行の場から、喜びの場へ、幸せを見つける場へ、変わるような予感でいっぱいです。

そんなつぼみの新しい、そして、本当の意味での自発的なチャレンジ…レシーバーではなく、人生に私なりにアタックする…に取り組むのを、毎日側で見守っていてくれるのは、お互いを無条件で信頼し合ったバディのはなちゃん♡

なんという、希望に満ちた春を迎えられたことでしょう♩

そんな私の成長を、いつも見守ってくれているOhana達に心から感謝しながらこの物心ついて初めての「希望」に満ちた春を、胸いっぱい、心いっぱい、身体いっぱいに味わいたいと思います。

返却期限

IMG_0169.JPG

両親が本好きだったのと5歳違いの姉がいたため、生まれた時からたくさん本があった影響か、本が大好きな子でした。

幼稚園から中学校まで海外にいたので本屋さんが近くになかったので、教科書を新年度に貰うと、あ、新しい読み物が来た!とその日のうちに読んでしまうのが恒例なくらいでした。

伝記、童話、動物記、歴史、図鑑ものなどの家にある本を繰り返し繰り返し読んでついに飽きた頃、図書館という存在に気付きました。宝物の館をみつけた気持ちでした。

けれど、図書館とは仲良くお付き合いできませんでした。

なぜなら、返却期間中に返却するのが私にはとてもとても難しかったからです。何度も何度も読み返したい。もう少し長く、あそこをもう少し深く…気づくと必ず期限の2週間を過ぎていて、図書室から電話がかかって来たり、担任の先生から怒られたり。そうこうしている間に、怖い司書のお姉さんのブラックリストに載ってしまい、貸してもらえないようになってしまった苦い過去があります。(何故か期間を延長するという作業も必ず忘れてしまうのでした)

そんなつぼみの過去を知って知らずか、オハナのoさんが先日言いました。

「図書館で借りた本は、返さなきゃいけないでしょ。だから、乳がん、やはり治さなきゃだめですよ」

子供の頃からどこか厭世的で、感受性が過敏のHSPの傾向が強いため生きることそのものがとても疲れる私は、気をぬくと「このままシコリんと共生して、おいのちさんが決めた分だけ生きればいいや」と達観とも前のめり感ゼロとも言える境地に、ほっこり&まったりと座ってしまうところがあります。

そんな私ともとても似たところがある(私以上かも!)物静かなOさんに「お預かりした本(乳がん)からのメッセージ、もうもらったでしょ。だったら、返さないとね」と言われるとなんだか妙な説得力があり、また図書館の例えも苦い過去と合間って、しっくり来ました。

もうおさげの小学生ではないので、シコリんこと乳がんからのメッセージを読み終わったらきちんと返却期間までにお返ししなくてはいけませんね。IMG_0168

いのちは自分のものではなく、仏様からお預かりしているもの。そして、そこに乳がんというメッセンジャーまで特別オプションでお預かりした今回の人生です。

そのメッセージには、おいのちさんに生かされている人生を、「ただ安楽椅子に座って全うする」だけではなく、おいのちさんに纏っている私という個性や感受性のアンテナをしっかり立てて、人生をALOHAの花で満たして生きるように、小さな喜びをフルに見つけて生きていくようにと、書いてある気がします。

そして、きっと小学校の時の図書館司書のお姉さんよりも厳しい宇宙の図書館司書様から催促が来ないうちにお返ししよう。

そんな風に思うことができた、もうすく乳がん3年目の春です。