久しぶりの 食生活紹介

3A32B45C-BDFE-4ECB-B7A2-C3C932653D0E

さて(おもむろに)

今日からまた始まる私のいのち元気元気生活ですが、

【このところ実践していて身体がとても調子がいい、ご機嫌なもの】

【この先取り入れてみたらもっと体が喜びそうなこと】

を書いてみたいと思います。

なんといっても医食同源なのと、私が食べること、そして野菜料理が大好きなので、食がどうしてもメインになるため、まず食から^ ^。

【このところ実践していて身体がとても調子がいい、ご機嫌なもの】

このところの食生活はとても安定してきていて、こんな風にしています。

…………………………………..

□朝一番でうがいした後、お白湯コップ1杯を、2、3口ずつすする

□朝 豆乳×手作り甘酒スプーン1×青汁×季節の果物×オリゴ糖ほんの少し をミキサーしたものを1杯

※これがびっくりするほど美味しく、身体も喜ぶんですわ。

□昼夜兼用で1食、もしくはお腹の状態次第で昼と夜に軽めに1食ずつ。

※18時前にはできるだけ食べ終わります。それ以降になってしまったら、思い切って抜くか、豆乳ミルクティにナッツをかじっておしまいにします。その時の朝の楽なこと!!

□旬のお野菜を人工調味料を使わずに美味しく調理したものがメインディッシュで9割。

□手作り麹生活、育菌生活

※すっかりハマっていて、手前味噌、ひしおを 火を止めた後に足すのがブーム。吉祥寺にある老舗のSOYBEANFARM はお手本です。

□炭水化物は10%以下くらい

※それ以上食べると眠くなってソファで寝てしまうくらいだるくなるし、朝起きるのがしんどいので、それくらいが今のつぼみには適量。

あんなに炭水化物帝王だったのに、人は変われるのだなあと我ながらびっくり。

□お茶は 枇杷茶、ラフマ茶、よもぎ茶、三年番茶などをローテーションして。

※大好きな紅茶も時々いただきます。

□その時々で身体が食べたい!と思うものを。

※それが一番体には必要だったりするのですが、今は海藻を身体がご所望。ワカメとアオサをもしゃもしゃ食べています。夏はローストパプリカ、昨年の今頃は里芋だった気がします。

□週末1日だけは友人と外食を楽しむ

※その時は、サラダを中心にして、腫瘍を小さくするという牡蠣フライを食べたり、白味魚を美味しくいただいたりします。今はどこに行っても(丼屋さん以外ならおそらく)ライス抜きで頼んでも変な顔をされないのがありがたいです。

□あんなに食べたかった小麦粉お菓子、おやつはほとんどなし

※先日試しに外食したときパンケーキを注文してみましたが、身体がギョギョギョーっとなって、ギュルギュルーーっとなって…(笑)。そしてあまり美味しく感じなかったので、「そうか、目は食べたいけど、身体はもう要らないんだねー」と実感しました。

………………………….

食生活で一番変わってきたこと、最大のポイントは

☆☆☆お腹が空いているタイミングで食べることと 腹八分目以下☆☆☆

あの大食らいだった私ですが、これがようやくできるようになってきました(涙)。
これが何よりの成果です。いやー、ここまで来るのが長かった(笑)。

「いつも、すこーし小腹が空いている状態の心地よさ♪」

これに慣れると、お腹がいっぱいだとまさに消化管が閉塞して窒息しているように感じます。

逆に、腹八分目以下だと風通し(実際は通っていないのかもしれないけど)が良くなったような感じで、なんとも清々しいのです。

これがこの2年半の食生活改善の大成果です。

精神的に満たされてきたことと、2年半かけてマイクロバイオータ、いわゆる腸内細菌叢がそんなバランスになってきたことの2点が鍵だと感じます。

おそらく同年代の平均よりも半分以下の量とカロリーのこの食生活ですが、朝のお通じは驚くほどてんこ盛りです^^;

腸内細菌たちが元気に活動なさってご昇天されたものたちが朝一番で出てまいります。これが腸内細菌が元気であること、そして健康であることの一つのバロメーターとのこと。

結構、朝、感動します、こほん∩^ω^∩

体温深部37度、腋窩36.7 度。身長162センチ42キロ。髪、爪ツヤツヤ、化学物質以外のアレルギーなし、タンゴを4時間踊れる体力あり。上々です。

 

【この先取り入れた身体が喜びそうなもの 身体がご所望のもの】

□冬野菜の自家製漬け物三昧(糠は苦手なので甘酒とひしおで漬けてみよう)

□モロッコ料理
※中東料理は実はスパイスと塩味、レモンたっぷりの無水シンプル料理が多くてヘルシーです。日本の旬の野菜を使い、そこにひしおとか味噌を隠し味にいれたら、オリジナルモロッコベジ料理になるのでは、とニヤニヤ。

□時々 お肉
※サナダ虫を飼い続けて有名な研究者の先生の説では、善玉菌だけでなく、悪玉菌もある程度いることが身体のバランス、マイクロバイオータが充実して私たちを元気にしてくれるとか。そのために、お肉もほんの少し、時々いただく方がいいそうです。たしかに悪玉コレステロールが異常に低い私。善だけではだめで、全部含めて愛してあげなくてはいけないのですねー(笑)。

そんなこんなな食生活ですが、ポイントはやはり、いいなと思ったら三ヶ月から半年、身体に聴きながら続けて、その状態でマイクロバイオータ、腸内細菌叢のバランスが育つまで根気強く待つことかと思います。
完全に体質を変えるにはやはり2、3年はかかるのだなと思いました。

あとはもう少し、生まれつき弱めの腎臓を強くして、血虚の体質を改善していけたらなと思っていて、そこは試行錯誤中です。

食生活以外のこと、続きはまた次回、おつきあいくださいませ。

 

 

 

健康になるための 食 選び方、食べ方エトセトラ

img_4628このところ、同病の方、もしくはそのご家族ご友人に、食べ物や食べ方、選び方のコツを聞かれることが増えて来ました。

しつこく綴って来ましたが(笑)、一人一人の体質、体癖、季節、女性であれば生理の周期、その日のストレス度などなど、ものすごく有機的で複雑系の世界なので、これ!と言う正攻法がないと言うことだけが、この一年半で分かったことです。

けれど、その中で一つだけ共通すること、これだけは万人に言える、と言うことがあるように思います。

それは、自分の身体の声を聴く感受性を高めること が鍵であり、アンテナであり、羅針盤であると言うことです。

乳児保育の世界、解剖学者の三木成夫先生の生命曼荼羅にハマり、畑にハマり、ロミロミセラピストであり、野口整体を勉強してきたけれど、本当にまだまだまだまだ、聴けていないと実感しますが、それでも昨年より今年、昨日より今日、少しずつ聴けるようになってきている気がします。

幾つかの基準、チェック項目を挙げるとしたら…こんな感じです。

○何を食べたらいいか、何を選ぶか

→食材を目の前に置いて、調理法を具体的にイメージして、お腹に聞いてみた時に、お腹が鳴ればgood!もしくは、胃のあたりがホワーッと開く感じがして「please come in♪」な感じならokサインです。デパ地下などで練習すると、その感覚がとても良くわかります。

くれぐれも、脳や口に聴いてはなりませぬ。大抵嘘をつきます( ˘ω˘ )

○食べるタイミング

お腹に聴いてぐーと言わない時は、食べるタイミングではないと判断します。万が一タイミングを逃して、食べられなくなった時は、ああ!また空腹で免疫上がっちゃったなーと、痩我慢でも口にします(笑)。タイミングでもないのに食べてしまった時は、ヒンズースクワットします(笑)

○食べる時

よく噛んで食べなくては、とか、血糖値が急上昇しない食べ方を、などとあまり考えず、ああ、また美肌で健康になっちゃうなぁとかブツブツニヤニヤしながら美味しくいただきます。

舌全体で甘く感じられるもの、食べた後お腹の底から温かく感じて力が湧いてくるように感じられるものと、そうでないものがありますので、その違いを観察します。

本人にしか分からないものですが、必ず分かると思います。

○食べて終わってimg_4075

食べ終わって30分以内くらいでどんどん胃が軽くなっていくもの、そして腹持ちの悪く、次にまたちゃんとお腹が空くものを選べたらグッチョイス!お腹に従えた頭を褒めてあげます。

○何回食べるか

私は基本は1日2食ですが、お腹が空いてから食べることを心がけてますのでマチマチです。

生きものだもの、みつを( ˘ω˘ )的な…。

○食べる量

八分目を毎回保てればベストですが、満腹感を味わいたい私には過酷な苦行なので、1日の中で帳尻を合わせます。寝る前に空腹であれば、今日は大成功!

空腹のまま寝る幸せと身体の軽さを味わいながら眠り、朝便意で起きられると、超ご機嫌な身体で1日が始まります。

○その他

日々の中で、肌のハリ、髪の毛の質と力、経血の質と量、爪や歯ぐきの色、目の色、脈拍、体温などを自然に観察して、?と思ったら微調整していきます。

身体は本当に本当にお利口さまで、死も生も孕んだ、絶対に間違いのないハイパーコンピューターです。

その身体とのコミュニケーションツールでもある食を通じて、自分自身のおいのちさんとの繋がりを取り戻していく旅を続けている感覚です^_^

一朝一夕には身につかない感覚ですが、それが、病気ができるまで頑張ってくれた自分の身体と自分に差出せるaloha(優しさ、調和に向かう気持ち、明るさ、謙虚さ、辛抱強さ)なのかもしれない、そう思って今日も取り組んでいます。

ご参考になりましたら、幸いでございます(o^^o)今日はこれにて