腫瘍マーカー正常値に戻りました

昨日、半年ぶりに受けた血液検査での腫瘍マーカーの結果が出ました。

私の場合、治療をしないという選択をしているので、どこのお医者さんからも定期的な血液検査を断られます。治療を前提にしないなら検査も必要ないでしょうと5件に断られました(T ^ T)。(私の友人も同じらしいので、これは医療制度やお医者さんたちの意識がまだ予防医学に向いていないことに因るのだと思います)

CEA(胃がん、大腸ガン、乳がん、卵巣がん、子宮頚がん)、CA19ー9(消化器系がん)、CA125(卵巣がん、子宮体がん、子宮内膜症)、CA15ー3(乳がん)を、一回で検査できる自宅キットはなく、キットでの自己採血に加えて健康診断センターでの健康診断のオプション検査で定期観測してきました。

今回は、銀座にできた血液検査ラボというところの検査キットだと全部が網羅されているので(保険対象外)とても便利!ということで、先日受けてきました。

そして、届いた結果は

CEAが若干高いものの、それ以外の数値は驚くほど低く、正常値でした☆

とくに定期観測してきたCA15ー3は今回は初の10台で17.5。
CEAも一時期は80近くあったのですが、異常値ではあるものの12.0で落ち着いています。

これまでの推移は
◎CEA(5以下が基準値)
2016.3:21.9
2016.5:46.8
2016.7:79.1
2017.1 :46
2017.7 :3.5
2018.3: 12

◎CA15-3 (23.5以下が基準値)
2016.5 : 25.6
2017.1 : 60.1
2018.3:17.5

(それ以外のマーカーは今までずっと正常値です)

6センチ大だったシコリんは、少しずつ縮小してきていて、3センチ強(というのも、つぼみのしこりんは凸凹で横長なのです)、横を向くとバセットハウンドの鼻面のようなお胸だったのが、今はぶつけた後のコブ状になっています。半年前のCTでは、転移なし。

これって(๑˃̵ᴗ˂̵)ワイン一杯くらい飲んでお祝いしてもいいのかしらん♪

と喜ぶ私に、家族はこれこれ、ここからですがな、ここが粘りどき!と慎重ですが(笑)、今朝の目覚めはとても爽やかでした。

これからも食事による身体ケアと温熱は続けて行きますが、それはその方法が私の体調にいいいから。

それに加えてこれからはもう少し、身体を強くして行く方法を取り入れて行きたいなと思っています。

そして、何よりこの3年間にシコリンが私に教えてくれたALOHAな生き方を忘れずに、いのちの源 おいのちさんと繋がりながら、身軽に、大切に、こだわらずに生きていきたいなと思います。

それを教えるためにつぼみのところに舞い降りたメッセンジャー、シコリんに感謝です。

おいのちさんが生かすと決めたこのいのちを、自分自身に、そして社会に投げ出していく生き方を模索して行きます。

3年前抗がん剤と化学療法を一切しないという選択をし、以来一人で黙々と食事療法と自宅での温熱を続ける娘、半年前チャンスだから全摘してリンパもとりましょうというお医者さんの提案を頑として受け入れなかった娘を、内心はらはらしながら見守ってくれてきた両親の忍耐力と寛容さと信頼には本当に感謝しかありません。

歴代のお医者さまに、このままじゃ死ぬよ、自然療法をしたら死ぬよ、今切らないと死ぬよ、手遅れになって死ぬ前に戻って来ないでね、と何度も何度も呪文のように言われてきたにもかかわらず自分の道を貫く娘の選択を、どんな気持ちで見守ってきたのでしょう。

私が親だったらこんな風にサポートして見守れたかなと思うと、本当に両親に感謝です。

本当にありがとう。

私に愛をたくさん注いでくれるOhana達に、心からの愛と感謝を。

私より一足先に旅立ち、むこうから私を見守ってくれているりんりん、まちさん、kさん、ありがとう。

いつもご心配いただいたり、お祈りや励ましをいただいている皆さん、本当にありがとうございます。

これからも、ぼちぼちと、歩いていきたいと思っています。

0FA2A050-4674-449A-96B4-358001E93D94

春分の日まで もうちょっともうちょっと

IMG_5986

春は自律神経が乱れる季節。

寒暖の差の一番大きな季節で、1月くらいから頭部肩部と開いてきた身体が、いよいよ骨盤部を緩めていいのかな、と季節とせめぎあっている季節です。

そんな乱気流が、骨盤も鉄板のように固く、腎がもともと弱い私にはなかなか厳しい季節です。
めまい、吐き気、動悸息切れ、低血圧に、体温調整不能、不眠に悪夢、疲労感に絶望感!(笑)

春分の日の毎年の感想は「はあ、なんとか生き延びられた」(笑)。そのくらい心身ともに影響を受ける季節です。

昨年のこの時期に受けた免疫検査は、愛犬メイを看取ったばかりだったこともあり、60代くらいの免疫しかなく、とてもがっかりしたのを覚えています。今年もきっと低いんだろうなぁと感じます。

シコリんと一緒に生きていく人生を、女独り身でこの先も自立して生きていくことの限界を感じる日もあるし、仕事のこと、将来のこと、やり残している夢、行ってみたかった場所、落としてきてしまった何か…過去や未来を考え始めると、心拍数はいよいよ乱気流!(笑)

ネガティブなことを考え始めた時は、ふううううーーーっと大きな息を吐いて思考をストップ☆

自律神経を整えるツボを押しお灸をして、骨盤に焼き塩を乗せたり…
サウナで汗をかいて、ストレッチをしているようには見えないと定評のあるストレッチ(身体が硬すぎて)をしたり…
腹式呼吸を心がけたり、活元をしたり…
青竹踏みをしながら「100分で名著」をみたり…
ハーブティーに、暖かいスープ 小田原のOhanaのAさんがくれた指輪を身につけたり…
何よりはなちゃんとのスキンシップ♩
そして、メタ認知を働かせるべくこんな風にブログで吐き出させていただいたりもして(笑)。

ひとりきり努力した後は
やはりこれですね。

南無そのまんま
そのまんま

南無そのまんま
そのまんま

おいのちさんの力にお委ねして、力を抜いて

季節の変わり目に翻弄されてしまう私もまるごとOK。
じたばた努力してしまう私もまるごとOK。
顔色の悪いさえない、ぱっとしない私もまるごとOK。

免疫が低い時だってあるし高い時もある。
元気なときもあるし、思い切り低迷しているときもあるのがいのち。それも女性の魅力(?と思いたい)

仏様からお預かりした おいのちを 全うするために、ぼちぼち、ぼちぼち、なんとか、なんとか、あと10日、春分の日まで!(笑)

はなちゃんと 「サピエンス全史」を読みながら(はなは暢気に足元でいびきをかいているけど)花咲く季節を待ちたいと思います。

励ましのお便り、優しさ、労わり、エンパワー、大歓迎です(笑)

みなさまも、春分の日まで、どうぞご自愛くださいませ。

安心の中に生きています

おいのちさんワールド 仏さまワールド

引き続いております(*´︶`*)。

日常で焦ることが起きても、道元さんの見せてくれた世界…仏性の中に私達がぷかぷか浮いている世界…をイメージすると、なんだかとても気楽になり、全てが今迄の見方と違って見えます。

その世界の中には、生もなく死もなくて、生もあって死もあります。全部あって、全部ない、ないけどある、あるけどない(笑)…

うーん、なんだろう、この安心感。

生きていることも、死んで行くことも、仏性の中なのですから、こんなに安心なことはありません(*´︶`*)

ここで自問自答。

はてさて

であれば何故、身体をケアするのか、何故身体に良くて美味しいものを作り続けるのか。

そのまま、無為自然でいいのではないか、と。

(無為自然にアメリカドッグにかぶりつくとか、ニューヨークチーズケーキに顔をうずめるとか、揚州商人の刀削麺を食べるとか!ドキドキ(笑))

理由はただ一つ。

身体をケアしたり、身体にいいものを選び続けるのは、がんをなおしたり、長生きするためではなくて、私の身体も仏様だから(*´︶`*)。

大切なお方を、大切に扱わない人はいないし、道理はありません。

私の身体と言う仏を磨くために、身体をケアしたり、身体が喜ぶものを食べる。

生きている間はピカピカに生きられるように、死ぬときもピカピカに死んで行けるように、今日をピカピカに最大限生きられるように。

その為のケアで、その為の選択なんだなと分かりました。

私の身体という観念を離れて、自分の毎日を観じてみると、人にマッサージするのも、その人が仏(の子)だから。

料理するのは、仏(そのもの?)である野菜を、仏の子である私が調理し、仏として食べるため。

(と言うことは、やはり、インドの黄金寺院の無料食堂のドキュメンタリー「聖者の食卓」に戻り、He himself cooks にもどるんだなぁ(*´︶`*))

それをことさら神聖視するのでもなく、当たり前のこととして、愉快なこととして、コツコツと、ほっこりとやっていく…それだけなんだなと分かり、今日もほっこり幸せな1日でした。

 

早くもケトン体が

img_5178玄米や小麦粉などの主食を減らしての5日目、早くも2キロ落ちました(笑)。

ケトン体が出はじめたのが分かります。

なぜわかるかって?

それは、小さい時に常用していた抗生物質を排泄したくて、断食やファスティングを30代前半から何度も繰り返してきたので(むしろ好き(笑))、肝臓と脾臓が緊急自体と判断して腫れて来る感覚、そこから今ある脂肪などを燃やし始める感覚を何回も体験しているからです。

ちょっとした吐き気、お小水の甘酸っぱい匂いも合図の一つ。(月のものの最中にファスティングをすると、経血も甘酸っぱい感じになります。これは女性ならではの気づきかも)

多くの人はここで危険を感じてやめてしまうのだけど、この感覚が実はスタートの合図です。

よくふらふらになる、頭が働かず生活に支障が…と言うけれど、私はかえって頭が冴えてきて、身軽に動け、体温も上がります。

私の場合はダイエット目的ではないのだけど、ケトン体が出始めたことで、シコリんこと乳がんへの糖質の供給も途絶え始めたサインなので、やはりウレシイ(^o^)

ココナッツオイルを使うことで、ますます脂肪の燃焼をあげるので、大好きなココナッツオイルやアーユルヴェーダの食べ方が活きてきます。img_5179

ケトン体をなるべく早く代謝するためには、運動と汗をかくこと。と言うわけで歩いてお買い物に行き、帰ってきたらセサミオイルを塗ってハーブサウナでひと汗。

ぜいたくな 「セルフアーユルヴェーダくらし」です(๑˃̵ᴗ˂̵)

炭水化物よ しばし さらば

38503a70-230e-4500-997e-0acd45d0cb3f
ケトン食  充分幸せ ホトトギス( ^ω^ )

 

前略  炭水化物様

私がどれだけあなたを好きで、私がどれだけあなたに依存していたか…親しい人達は知っています。

食事療法を始める前は、焼きそば、ラーメン、お好み焼き、肉まん、おにぎり、パンケーキ、丼ぶりもの、白玉、すいとん、パスタ…そのどれかが主食で、副食もそのどれかでしたね。

お好み焼きを主食に、ラーメンを副食に啜るひと時は幸せでございました。

食事療法を始めてからも、全粒粉と玄米を使ってあの手この手、パンケーキからパスタ、餃子の皮まで手作りして、あなたとのご縁を繋いで参りました。

そして、しばし涙涙のお別れ(「え、代わりに魚が食べられるなら、てへへ」と思わずワクワクしたことは内緒にして)…

4日めを迎える今日、あなたなしでも大丈夫な自分に、驚くやら、安心するやら。

大豆系の豆類をいただく際、また、たまに蕎麦をいただく際に、あなたとちらりとお会いすることは出来ますが、シコリんが作業の邪魔にならない程度に小さくなるまでは、少しの間あなたなしでもやっていけそうです。

またお会いできる頃には、きっとあなたともいいバランスでまたお付き合いできる気がして、今から楽しみです。

愛しの炭水化物様。

また会える日まで

いまはこれまで…(`_´)ゞ

 

 

食事 少し変えてみます。ワクワクです(*^_^*)

食事法を変えてみようと思います。

一年半続けてきた玄米菜食から、野菜中心&魚・鶏肉も適量取り入れた炭水化物お休み食に切り換えてみようと思います(*^_^*)。

玄米菜食で体内は本当に綺麗になってきました。

いつも吹き出物が出ていた肌は全く吹き出物が出なくなり、快便過ぎるほど快便(笑)。

昔からの胃痛や胃もたれもなくなり、体内環境は着実に良くなって来たなぁと実感しています。

これからは、免疫力アップ、おいのちさんニコニコ元気路線を、また感覚を頼りにのんびり歩いて参ります(o^^o)

オーガニックの野菜たっぷりでメインは野菜。白身や青身の火を通したお魚と無添加の鶏肉を時々加えたメニューで一日一食と軽食。

軽食は大好きなリンゴ、もしくは野菜スープ。

今はあまり食欲がないので、一日一食で実は充分です。

小麦粉(全粒粉)と玄米は、少しおやすみ(_ _).。o○

今迄以上に豆を取り入れていくため、豆の料理本を眺めてニヤニヤしています。

また経過をご報告します☆

身体の精密センサー 匂いで選ぶ

img_4728シコリんこと乳がんとわかり食事療法を始めて一年半。

だいぶ失敗が減ってきて、身体に従って食べる食べ方が本当の意味でわかってきた気がします。

何を持って失敗と呼ぶか。それは、頭で食べてしまった時。そして、消化のプロセスが 快 ではない時。

何を持って良しとするか。それは身体に正直かつ忠実に食べられた時、消化のプロセスが 快 な時です。

以前は、かなり厳格に発芽玄米菜食&自然調味料での自宅自然食道場でした(笑)。

一日2食、昼ごはんは11時から12時の時の間、夜は18時から19時には食べ終わり、12時間あけて、がんに効くと言われる野菜を中心に、発芽玄米をせっせと食べて…と言う日常を心がけていました。

今も基本的には発芽玄米菜食には変わりないのだけど、身体が「今、これが食べたいよー」と言う声に忠実に食べていっても、その結果が身体にいい形で反映されることが多くなってきました。img_2077

例えば、がんに玄米はいいのかはたまた悪いのか、果物の果糖はどうなのか、糖質制限はいいのか悪いのか…と言った類の議論は数えきれず、それぞれ全く決着はついていないのだけど、このところはそんな理論やセオリーはそっちのけ。季節や体調によって、玄米がとても食べたくなったり、逆に全く要らなかったりと、身体が自動操縦で決めてくれるようになってきました。

じゃがいもやサツマイモなどの芋類は、昨年馬鹿の一つ覚えのように食べたくて食べたくて、だったのに今年は一気に胃腸からの人気ガタ落ち(笑)。それらの栄養素が満ち足りてる感じです。

豆類は定期的に猫にマタタビ状態で食べたくなるかと思えば、全く欲しないこともあります。

無性にウサギのように生野菜が欲しくなる時とimg_3990生臭くて見たくもない時。

そして、どうも、その基準は「匂い」のようだと気付き始めました。

元々鼻が効く方で微妙に鼻づまりながらも、保育士をしていた時分は子供の忘れ物の匂いを嗅いで、あ、これ誰々ちゃんのシャツと言い当てられると言う特技がありました。

食べ物も、このところはどうやらイメージではなく「匂い」で、その時身体に必要かどうかを決めているらしいのです。

実際の素材の匂いだけではなく、化学調味料を使わないこの一年半の間に鼻が覚えた「素材を手にした時のイメージに付属されてくるその素材そのものの匂い」にも反応しているようなのです。

それに従って食べると、胃もたれもなく、あまり時間に厳格に食べなくてもすんなり消化でき、力が湧き、排泄までがとてもスムーズになります。

例え稀に食べるのが深夜近くになってしまうことがあっても、身体の声にマッチしたものを食べると、本当にあっと言う間に消化していき、そのプロセスが 「快 」なのです。img_1659

お肉大好き、グルメなものも、B級も、なんでもそれなりに美味しい美味しいと食べていた大食漢の私でしたが、身体の声に従って食べられ、それが「快」になるまで、一年半かかりました。

この変化や感受性はどこまで続くのか、広がるのか、研ぎ澄まされるのか、一巡してなんでもまた美味しくいただけるようになるのか…楽しみです^_^

 

おいのちさんとの対話

ある日の おいのちさんとの対話

………

おいのちさん(*´꒳`*)

はいはい(*´꒳`*)

おいのちさん(*´꒳`*)

はいはい(*´꒳`*)

おいのちさん

はいはい(*´꒳`*)

……おいのちさん(⌒-⌒; )

はいはい(*´꒳`*)

……いますよね(・ω・`)

はいはい(*´꒳`*)

聴いてます?(・ω・`)

はいはい(*´꒳`*)

……(・ω・)

……(*´꒳`*)

 

………おやすみなさいm(__)m

はいはい(*´꒳`*)

また明日

はいはい(*´꒳`*)

 

久々の 食べ物 食べ方考

imageベジタリアン食、ほぼ玄米菜食を実践して一年間と2カ月が経ちます。

乳がんの診断を受けてからの食事の変遷を軽く大雑把に振り返ると、ゲルソン療法2カ月、完全に塩抜きで人参ジュース、野菜生活→自然調味料に戻しての玄米菜食を1日3食→1日2食にして月に数回身体が欲した時にお魚やささみを少し…でいただいてきました。

感覚的には、昨年の秋冬まではとにかく人参ジュースが美味しくて、生野菜が食べたくて、1日2回から3回人参ジュースを飲み、生野菜を腹ペコ青虫のように食べて周囲を驚かせました。マクロビ的には生野菜を冬に食べるなんて!でしょうが、とにかく身体が欲していました。

年明けくらいからは食べる量そのものが落ち着き、1日1食から2食、今までの量の7割くらいで充分満足するようになり、生野菜や人参ジュースをあまり身体が欲しがらなくなりました。

何かがリセットされ、バランスが取れてきたのを感じました。また体重も減り止まり、逆に増え始めていきました。

そして同時に、身体が本当に食べたいものが分かるようになって来ました。その多くはやはり旬のもので、気がすむまで食べると自然と欲しくなくなるのでした。

そして、旬のもの以外の基準は、手に取った時に胃の入り口がふわっと開くような感覚がするもの。それが基準の全てでした。

この春から夏までの間は、玄米と納豆がとてもとても食べたくなり、玄米と納豆がいつも冷蔵庫と冷凍庫にストックしてありました。そして、鶏肉を月に数回ほんの少し食べるととても調子が上がりました。image

そして、夏には玄米よりも雑穀米と蕎麦が食べたくなり、玄米と雑穀米と蕎麦をローテーションしたりしていました。魚は月に数回、食べすぎない程度に口にすると元気がみなぎりました。(夏バテしてふらふらだった時にサービスエリアでいただいた鮎の塩焼きで生き返ったことが忘れられません!鮎さま、ありがとう)

そして、秋に入った今は、炭水化物や魚などをあまり欲しない身体になっています。リンゴとブルーベリー、レモンや柚子などの柑橘類と、ちょっと火を通した野菜・豆がパーフェクト!それ以外のものを食べるととてもだるくなり、頭が働かずやる気が起きないのです。

と、こんな風な身体の変化を見ると、西洋的な栄養学はもちろん、○○式食事法、××療法、△△主義、陰陽五行と言った様々な療法、考え方に「則った」食べ方に?が付きます。

研究者肌なので、ありとあらゆる情報を集め、吟味しましたが(笑)、それぞれの人がそれぞれの学説、主義主張を展開し、その何パーセントかは完全にビジネスの流れとリンクしていたりします。

そのどれもが正しいように思えますし、理論的には納得がいきます。

けれど、やはり、理論よりも、個々の身体が中心、身体の感覚が何より正解を知っているような気がします。理論は、きっとその感覚の後付け程度のものなのかもしれません。

私達が身体にできることは、理論に合わせて食べるのではなく、感覚を研ぎ澄ませていくこと、感覚を信じる心の筋トレ、そしてトライアンドエラーをしながらも、身体と脳と舌のコミュニケーションを密にしていくネットワーク作りなのかもしれません。

そんなことをつらつら思う、乳がん2年目の秋です。

私のこと?

あたりは柔らかなのに

芯が驚くほど頑固。

悪質さがない、いい子の方のタイプ。

根っこは石のように固まって動かないかに見えて、案外素直。

密かにじわじわ成長を続けている。

じわじわと攻めていくしかないタイプですね。

(byむらたガン療術院の村田先生)

私のことかと思ったらシコリんのことでした(;^_^A

いやはや ドキッとした(笑)。