温活この頃

IMG_7148

前回に引き続き、身体と心、私自身を大切に、私といういのちがピカピカになる生き方、暮らし方のご紹介の第2弾は、【温活】。

特に【このところ実践していて身体がとても調子がいい、ご機嫌なもの】を書いてみたいと思います。

36.5度以上が免疫が働く程度な体温であること、そしてがん細胞は熱に弱いことから、温活が大切と言われます。

そもそも、癌になる人は冷え性の人が殆どで、私もその1人でした。子供の頃から氷のような手足をしていました。

ガンとわかってから今まで色々試し、一年目から毎日深部温度37℃、腋窩が36.5℃をキープしてます。

気楽に続けていることは

○週に2.3回程度の42〜3度温浴

熱めのお風呂に浸かり、深部温度が(舌下)38度以上になるまで入浴し、その後もバスローブや靴下で冷えないようにもう一汗。
体温が上がるのと、デトックスになるので、免疫力が上がります。
(続けて行くと、身体が温まりやすくなるので10分弱で深部が39℃以上に上がることも(笑)ガン細胞もそりゃあびっくり)

 

○冷やさない→冷えたら温める

最初の頃は、冷やさないよう、冷やさないように、かなり神経質になっていました。でも、生き物ですし、春夏秋冬のある日本、冷えることがあるのは当たり前♪と気づきました。
なので、朝の足湯、そして、帰宅後の足湯などで、冷えたら温めることを続けています。

食べ物も、あまり神経質にならず、アイスとかは食べませんが、夏場にナスや果物、生野菜を食べても、その後しっかり温めます。

 

湯たんぽ健康法

ソフト湯たんぽを、お腹→前腿→膝裏→腿裏→お尻→腎臓 の順番で温めるのを、寝る前に夏でもほぼ毎日。
病みつきの気持ちよさで、身体ぽっかぽかです。

○週に1回程度、温泉に行き炭酸泉で温まる

炭酸泉のじわーーーーっと温まる感覚がたまりません。お水を時々飲みながら中からポカポカ、スッキリデトックスの感覚が味わえます。

 

ハーブサウナ
家に婦人系ケアのためのハーブサウナがあるので、冬やクーラーで冷やしてしまった時に入ります。生姜やウコン系のハーブなので、これまたポカポカデトックス!!

というわけで、温活は、結構こまめに、できることから、気持ちよく、続けて来ています。

次回は 心の持ち方、考え方です(^ ^)

パラレルワールドの 私を癒す旅

IMG_0189柏葉幸子さんという子ども向けの作家がいます。千と千尋、の原案にもなった「霧の向こうの不思議な町」という話には、子ども時代に夢中になり、空で暗記できるのではないかと思うほど繰り返し読みました。

その柏葉さんが書いている、パラレルワールドを題材にした「地下室からの不思議な旅」というお話があります。あの時、あそこを曲がっていたら、あの選択ではないもう一つの選択をしていたら…そんなもう一つの世界に主人公のカスミが変わり者のチイおばさんと入り込んでいく話です。

以来パラレルワールドは私の中に概念としてこびりつき、大人になってから世界的に著名な天才科学者のリサ=ランドール博士はじめ多くの学者が、パラレルワールドについての科学的に証明に励んでいると知った時は、飛び上がって喜んだものです。

そして、そんな私のパラレルワールドを癒す旅を、いま心の中で続けています。

あの時あの道を曲がらなかったら、あの道を選んでいたら、あの選択をしなかったら…自分はどんな風な人生を送っていただろう。人は誰しも、どこかにそんな思いを抱きながら生きていることと思います。

意外と波乱万丈な人生を200%のエネルギーで無骨なほど真剣に生きていた私は、その一つ一つの選択に際して、身体を壊したり心を病んだりするまで、とことん悩みながら、涙が枯れるまで泣きながら、もう一つの道を行く自分と手を振って今の道を歩んできました。

ですから、もう一つの、選ばなかった道を選べなかった自分を責め、そしてそちらを選んだ自分をどこかで深く羨んでいるところがあったことに、先日ある神職をされている方と話していて気づきました。

そんな私のうじうじして執念深い(笑)性格は、きっとパラレルワールドにいる私にも同じように残っていて、あの選択をしてしまった私は、あの時あちらに曲がった私は、と同じように今の私を羨んでいるような気がしたのです。

「あの時、あの選択をした私と、あの選択をせずにあのまま行った私の、どちらも認めます。そして、お互いに送りあっているプラスではない想いを癒し、代わりに温かい励ましを送ります」と言葉にして、あちらにいる私に「こっちもほら、こんな風にやってるよ。そっちの私のことも、応援してるよ」そんな風に笑顔で手を振るイメージをすると、身体の深い深いところにある滞ったところが解れて、軽く、暖かくなるのを感じます。

そして、その時の分岐点に立っている私に「どちらの選択も、 また 佳し なんだよ。大丈夫、そんなに泣かないで大丈夫よ」と言ってあげると、涙でぐちゃぐちゃな顔をしている私も、ほっとした顔で涙を拭くのが見えるような気がするのです。IMG_0096

そんなイメージをしながら、一つ、また一つと、自分を癒し、生命力を堰き止めているものを取り除く作業をしている私を、はなちゃんが隣で睫毛の奥の優しい瞳で見守ってくれています。

 

 

炭水化物よ しばし さらば

38503a70-230e-4500-997e-0acd45d0cb3f
ケトン食  充分幸せ ホトトギス( ^ω^ )

 

前略  炭水化物様

私がどれだけあなたを好きで、私がどれだけあなたに依存していたか…親しい人達は知っています。

食事療法を始める前は、焼きそば、ラーメン、お好み焼き、肉まん、おにぎり、パンケーキ、丼ぶりもの、白玉、すいとん、パスタ…そのどれかが主食で、副食もそのどれかでしたね。

お好み焼きを主食に、ラーメンを副食に啜るひと時は幸せでございました。

食事療法を始めてからも、全粒粉と玄米を使ってあの手この手、パンケーキからパスタ、餃子の皮まで手作りして、あなたとのご縁を繋いで参りました。

そして、しばし涙涙のお別れ(「え、代わりに魚が食べられるなら、てへへ」と思わずワクワクしたことは内緒にして)…

4日めを迎える今日、あなたなしでも大丈夫な自分に、驚くやら、安心するやら。

大豆系の豆類をいただく際、また、たまに蕎麦をいただく際に、あなたとちらりとお会いすることは出来ますが、シコリんが作業の邪魔にならない程度に小さくなるまでは、少しの間あなたなしでもやっていけそうです。

またお会いできる頃には、きっとあなたともいいバランスでまたお付き合いできる気がして、今から楽しみです。

愛しの炭水化物様。

また会える日まで

いまはこれまで…(`_´)ゞ

 

 

忘れるくらい × 忘れないように

朝起きて

今日も乳がんであることを忘れてしまうくらい「生きよう」 と思う。

でも、今日が最後の日でも後悔しないように、大切に alohaに生きることは、忘れないようにしよう と思う。

その二つのバランスをとりながら生きている今日この頃。

脳の回路を、生き方を、デザインし直している乳がん2年目の秋です。