新しい取り組み=「取り組まないこと」

D4938F7D-B6E6-49B5-885F-E009B11719D9手術をしないで、このまま自分の身体の声、自然の力の任せると決めた後に、ふっとやってきた新境地があります。

いのちの手綱を私自身の手でしっかり握り直し、自分のいのちを信頼して生きていく決断をしたことで、お腹の底から想像をはるかに超えた力が湧いてきて、生きることや人生、失敗が怖いものでなくなったことは、以前書きました。

その後、ふとやってきた、姿勢や生き方の新境地は

能動的に  «受動的» であること」。

自分から動かない、取り組まない、頑張らない、必死にならない、取りに行かない、仕掛けない、計らわない、繕わない。

意識的になるのは、自分に自分の感受性のままで「在る」ことを許して、感受性センサーでがにっこり微笑むものを選択していくことだけ(今回の私の手術をしないという選択もきっとその一つだったように思います。)

すると自分から積極的に能動的に「動き回って」いた時よりも、物事がスムーズに、そして必要な速さでやってくることに驚いています。

コツコツ型で、努力、頑張る、克己などの姿勢こそが人生を「切り拓く」と信じていた私には、まさに新境地です。

やってきたことは、ありのまま受け入れて、出来ることを手抜きしないでalohaで取り組む。結果は、失敗も成功も含めてall OK。私も、誰もかれも、不完全なままで完璧だから。まあ、こんなシンプルなことだったなんて!

今まであんなに人生が恐ろしく、不安に満ちた曖昧な場所で、一生懸命泳がないと沈んでしまうプールに思えていたのが嘘のようです。力を抜きさえすればこんなに楽に浮くことができるなんて。そして、辿り着くべきところに辿り着くという、絶対の信頼もあります。

さまざまな本に書いてあり、古今東西きっと繰り返し言葉を変えて伝えられてきたであろう、一つの人間の在り方の真理なのだと思いますが、ようやくそのことが体感として分かるようになってきました。

もちろん、元の思考パターンも残っているので、そこはかなり意識的になる必要はありますが、コツをつかんだ気がするので、きっと、大丈夫。

先日ステキなご夫妻からご紹介いただいた『人生を喜びから生きる』という本を読みました。

臨死体験をして宇宙の真理を体感し、生還して3日で全ての末期ガンが治ってしまい医療関係者を驚愕に陥れた、インド人の女性の奇跡のような素晴らしい手記です。

私の大好きな『奇跡の脳』の著者で脳科学者のジル=ボルト=テイラー博士も、脳溢血を起こして左脳の機能がストップしてしまった時に感じた「全てとの一体感」を美しい言葉で語っていて、彼女自身の回復こそが一つの奇跡です。

絶え間なく続く思考や分析、情動とそれに伴う行動への信号がストップした時に起こる、人体という小宇宙、魂の入れ物に起こる奇跡。

いのちの流れが、元の流れに戻り、バランスして調和に戻っていく鍵はそこにあるのかもしれません。

新しく取り入れたいこと、取り組みたいことは

「取り組まないこと」。

今日も一日、感受性を、いのちを信頼して、計らわないで生きてみようと思います。

28年ぶりの再会

母校の文化祭に行ってきました。

西荻窪にある女子校の母校は、私たちが在学していた頃(かれこれ27、8年前(笑))とはすっかり面変わりしIMG_0281、赤煉瓦のおしゃれな建物になっています。

1つだけ当時の校舎が残っているだけの、もう母校という面影のない母校ですが、テニスコートとホールだけは当時のままでした。

姪と母と一緒にその場所に立ち、賑やかに華やかに催し物をしている後輩たちをみているうちに、不思議なことが起こりました。

当時の私のエネルギーが、私の中に笑顔で入ってきたのです。

当時私は「クラスで候補を必ず一人出さなくてはいけない」の例のノリで候補者に祭り上げられ、個性派ぞろいの他の候補者の中で一番無難だったこともあり、期せずして生徒会長になってしまいました(せっかく陸上部に入って楽しくやっていたのに)。

当時の母校の歴代生徒会長は皆学業もトップレベルのスーパースター。眉目秀麗で弁も立つ華やかな人達でした。

いやはや、こりゃあ、大変なことになってしまったなと、当選を聞いたトイレの中で頭を抱えて、がっくりと肩を落としたのを覚えています(笑)。

そこからは見様見真似、七転八倒、仲間たちと1年間とにかく走りました。

尾崎豊が流行っていた頃で、自由 v.s 校則 の図式がまだ残る中、生徒と先生たちの(喧嘩腰含む)座談会をしたり、当時掟破りだった後夜祭を男子OKで解禁したり、伝統だった生徒会バンドをやめて先生たちに無理矢理バンドを組んでもらい歌ってもらうなどなど、今思い返すと、怖いもの知らずの1年間でした。

「やるべきことをきちんとやって、皆勤して、成績もきちんとしていますけど、何か?」尾崎豊とは違った路線でしたが、自分の目の前の社会である学校や、青春真っ盛りいつもエネルギーと不満を燻らせていた生徒の両者とがぷり四つに組んでいた(思い返すと顔から火が出そうですが)毎日でした。

「あの頃はなんでもできる気がしていたな。そして未来が全て手の中にあったのに」

と思わずつぶやく私に、母が隣でけたけたと笑いながら、追い討ちをかけるように一言。

「そうそう、答辞で『10年後、20年後の私たちを見ていてください』なんて強気なこと言っちゃってたわよー」けたけた。

むう…………(⌒-⌒; )  母よ。

 

そして、大きく深呼吸をした瞬間のことでした。

その頃の自分が、笑顔で私の肩を叩いて、振り向くと、私の中にすっと入ってきたのです。

大学に入ってからの失望の日々。

社会に出てからの現実との戦い。

子育ての現場の厳しさや働く女性たちの四苦八苦を見て、人を癒し、ケアすることに奔走する日々。

疲れ切り、傷つき、どこかで小利口になることを覚え、諦めの花の種を手に入れた自分の20数年間が、まるで靄が晴れるように消えて「あれ、私、今まで一体何をしてきたんだっけ?何に傷ついてきたんだっけ?」と、目が覚めたような不思議な感覚でした。

ノスタルジーが私に見させてくれた幻だったのかしら。

そんな風に思って眠りにつきましたが、一晩経っても、あの頃の私はしっかりと今の私の一部となって、ちゃんといました。

そして、私ににこにこと話しかけてきました。

IMG_0283「おはよう。私。目が覚めた?さあ、これで準備万端。一緒にまた飛ぶわよ。」

ちょっと、一呼吸置いて出てきたのは

「望むところ」

あの頃の私とタグを組み、シコリんという頼もしい指南役を抱えながら、雄々しく生きていけそうな気がします。