やはり 総括(笑)3年目の朝です

IMG_0180

2年前の今日、乳がんの検査を受けました。空が真っ青な、そして入道雲まで出ていた暖かい日でした。

国分寺のレディースクリニックで見てくれた先生がいますぐにここに行きなさいと紹介状書いてくれ、ブレストクリニックでその場で乳がんだという診断を受けてました。5センチで進行性、血管もできていて立派な癌です、と言われました。そして、痩せ型なこと、小さい頃から排毒が苦手だったことから、一晩一人で考えて自然療法で体質改善していくことを、直感で迷いなく選んだことは、繰り返し書いてきた通りです。

そして、今、2年前よりも身体全体が元気になってきている私がいます。10年くらいかけて徐々に育ってきたシコリんだったので進行が遅く、免疫を上げる時間をもらえたことが幸いしたのだと思っています。

肌のしみはとても薄くなり、あれほど辛かった朝起きるのが嘘のように楽です。身長は162センチの44キロ。歩いていて疲れない、そして、駅の階段を上り下りするのに息が切れないちょうどいい体重です。血液検査の結果は肝臓の数値も、腎臓の数値も以前よりよく、また免疫もかなり上がってきていました。

シコリ自体は、生理の周期に合わせて膨れたり小さくなったり。でも総じて大きくはなっておらず、シコリの部分の色があざの治りかけのような紫茶色に変わってきています。

このまま上手に共存しながら、心身の免疫を高めて幸せに生きているうちに、シコリんという天からのお預かりものをお返しできるかもしれないな、と感じ始めています。

漢方、ゲルソン療法、星野式、鍼灸、温熱療法、温泉療法(主に炭酸泉)、野口整体、プチ断食、三宿夢鍼灸院(半年通いました)、むらたガン療術院(半年通いました)…この2年間様々に試しましたが、効果を実感できたもの、自分に合っていると感じて続けてこられたことは下記です。

IMG_6035○玄米菜食中心の、オーガニックで化学調味料不使用の手作りの食事を1日1から2食。低GI、抗酸化作用のある食べ方、そしてドクダミ茶やびわ茶などの排毒のお茶を飲みます。夕飯から13時間くらい胃腸を休ませたいので、朝は豆乳ミルクティーとお腹が空いたらリンゴをかじります。(先日みつけたこの本の作者の辿り着いた食事とほぼ同じでした!万人に合う食事療法はないけれど、ベースの黄金律はありそうです)

そして、週に一度ちょっとだけ気を抜いてOhanaと同じものを食べる日を作ります。ちょっとくらい下痢をしても、そこは潔く出て言って良かった、と笑い流します。

○朝起きてすぐのお白湯

○週三回のタンゴ教室で身体も頭も気持ち良く動かし、仲間と笑う

○43度くらいのお風呂に15分、一汗かいたら出てバスローブでもう一汗。そして、寝る時は湯たんぽをお腹から前腿、後ろ腿、お尻、腎臓と温めて眠り、体温は出来る限り37度前後をキープ。

○一日に数回、強めの爪もみと、顎と鼻の下のツボ刺激(自律神経の調整)

IMG_0181○自己受容して、自分にストレスをあたえる思い込みや癖を手放す作業を進める

○自分の中の邪気を払うための祈りと瞑想

○最近始めた下半身のチューブ体操と腹式呼吸

○パーソナルトレーナーの先生による歪み直しのトレーニングとエネルギー調整(終わった後立位体前屈がマイナス30から0になります(笑))

○毎週の炭酸泉

○嫌なことや苦手なことには、アロハを込めつつもちゃんとNOを言う練習をして、自然にやりたいと思うことを優先する

○ベストバディはなちゃんと幸せなまったり時間を過ごす

です。

これじゃあ、健康にならない訳はありません(笑)。

今は、自分の内向型の性格をそのまんま受け入れて、上手にマネジメントしながら、仕事をしていけるように準備中です。こんなに穏やかで健やかで、爽やかな3年目の朝を迎えられるとは思っていませんでした。

IMG_0182経済面を始め様々にサポートしてくれている両親はじめ、私の決断を受け入れて、ずっとサポートしていくれている大切なOhanaに心からの感謝をしながら、今日1日を過ごしたいと思います。

心から ありがとう。

 

新年やめまして おめでとう

新年あけましておめでとうございます。
みなさま素敵な年末年始をお過ごしでしょうか。

私は新年早々やめました(๑˃̵ᴗ˂̵)!
いきなり新年早々、「やめました」宣言から始まりまして失礼します(笑)。

何をやめるかと言えば、(まあ、色々あるのですが、ブツブツ)12月頭から続けて来た炭水化物オフの食生活です。

心の底から一度決めたら、頑固にやり通す性格の私ですが…今回は 再び方向変換、実験中止、ギブアップ、言い方はなんでもいいのですが 、とにかく新年をもちまして炭水化物をやめるのをやめました(笑)。

img_5246
主食はアボカド

炭水化物オフ、ケトン食は、主食となる炭水化物を極力抜いて、タンパク質や良質な脂質や低糖質の野菜を摂ることで、余分な脂肪を燃焼する、免疫力をあげる、ガンへの糖質の供給を断つ、内臓疲労をとる、血糖値の上下を穏やかにする、など様々な効能があると言われていて、注目されている食事です。

私は免疫力が元々弱いのと、腎臓や副腎が弱いので、それを高めるために始めてみました。

私の場合はほぼベジタリアンの身体になっていてお肉はもう必要ないので(食べたいとあまり思わないし消化できない)、葉野菜と豆メインで魚を少しいただく数週間でした。

確かに…
炭水化物抜きでも食欲は満たされることが分かりました♪
あまりお腹も空かなくなり、どんどん胃が慎ましくなりました♪
血糖値が上がらないため、精神的アップダウンの高低差が一時期驚くほど穏やかになりました♪
シコリんも、少しだけ小さくなりました♪

これ以上減る脂肪はどこにもないので(笑)、43キロのままキープされ、逆に背筋が強化されました♪

img_5251
ケトン食も美味しく

でも…
なんたる喜び薄き、感動薄き日々だったことよ〜!!( ;∀;)

そして、お通じがヤギのようになっていきました( ;∀;)(←これが一番こたえました!)

体温も下がり、挙げ句年末は何かに逆切れ…( ;∀;)お皿が犠牲になりました。

一般的に、炭水化物を抜いていくと、セロトニンをはじめとする脳内ホルモンの分泌に影響するため、穏やかになる反面喜びホルモンが出にくいと言われていましたが、本当にそうなるとは思わなんだ(笑)。ヒデキ感激ならぬヒデキびっくり!(分かるあなたは同年代)

残念ながら私には向いていなかったと言うことなのだと思います。
野口整体で言うところの、上下一種型の私は、大の空想好き、頭脳作業大好き、理想主義、感動するために生きてます!人間で、それが私の個性なのですが、炭水化物オフの結果、空想の翼は折れ、頭脳作業は進まず、なんと私の人生のエンジンである「感動」まで薄くなり…

これじゃあ、私じゃないではありませんか!(ロボトミー状態だよ、ホトトギス(泣))

よしんば、この生活を何年も続けて、シコリんこと乳がんが小さくなる可能性があるとして、その時まで私は私として幸せに過ごせるのかしら。

誰が何年生きられるかなど、誰にも分からないこの世で、明日もしかしたら目覚めないかもしれないのに、私でいられないままの毎日の中である日ポックリ死んだら、後悔しない?…わけないじゃありませんか!

空想の翼も折れたまま、頭脳作業も中止、感動も薄いままで生きることは、私にとってはもちろんのこと、私のおいのちさんの本意ではないなぁとしみじみ実感しました。
(これを、まさに上下一種型と呼ぶのでしよう)

と言うことで☆

下手に免疫力をあげようだの、元気はつらつになろうだの、体質を改善しようだの、結果シコリんがなくなればいいだの…そんな欲とは、さようなら!することにしました\(^o^)/

img_5266つぼみがつぼみらしい個性と感受性のまま生きて、いただいた天寿を全うすること。

それだけを目指せばいいのだと、改めて気づかせて貰いました。

それに気づかせてくれた炭水化物オフダイエットよ、ありがとう。

と言うことで再び
○基本は以前の玄米菜食1日2食(炭水化物はそのうちの一食)に戻して
○今とても興味がある二十四節気に合わせた食材と料理法を取り入れて
○相変わらず好きなアーユルヴェーダの料理やスパイス料理研究を楽しみながら
○再び体の声だけを聞いて
○時には羽目も外して人生を謳歌しながら

ビバ!私に合ったオリジナルのつぼみ食堂!(笑)でやって参ります。

本年もよろしくお願いいたします☆

みなさまに
たくさんの素敵な出来事とご縁がある一年になりますように…

身体の精密センサー 匂いで選ぶ

img_4728シコリんこと乳がんとわかり食事療法を始めて一年半。

だいぶ失敗が減ってきて、身体に従って食べる食べ方が本当の意味でわかってきた気がします。

何を持って失敗と呼ぶか。それは、頭で食べてしまった時。そして、消化のプロセスが 快 ではない時。

何を持って良しとするか。それは身体に正直かつ忠実に食べられた時、消化のプロセスが 快 な時です。

以前は、かなり厳格に発芽玄米菜食&自然調味料での自宅自然食道場でした(笑)。

一日2食、昼ごはんは11時から12時の時の間、夜は18時から19時には食べ終わり、12時間あけて、がんに効くと言われる野菜を中心に、発芽玄米をせっせと食べて…と言う日常を心がけていました。

今も基本的には発芽玄米菜食には変わりないのだけど、身体が「今、これが食べたいよー」と言う声に忠実に食べていっても、その結果が身体にいい形で反映されることが多くなってきました。img_2077

例えば、がんに玄米はいいのかはたまた悪いのか、果物の果糖はどうなのか、糖質制限はいいのか悪いのか…と言った類の議論は数えきれず、それぞれ全く決着はついていないのだけど、このところはそんな理論やセオリーはそっちのけ。季節や体調によって、玄米がとても食べたくなったり、逆に全く要らなかったりと、身体が自動操縦で決めてくれるようになってきました。

じゃがいもやサツマイモなどの芋類は、昨年馬鹿の一つ覚えのように食べたくて食べたくて、だったのに今年は一気に胃腸からの人気ガタ落ち(笑)。それらの栄養素が満ち足りてる感じです。

豆類は定期的に猫にマタタビ状態で食べたくなるかと思えば、全く欲しないこともあります。

無性にウサギのように生野菜が欲しくなる時とimg_3990生臭くて見たくもない時。

そして、どうも、その基準は「匂い」のようだと気付き始めました。

元々鼻が効く方で微妙に鼻づまりながらも、保育士をしていた時分は子供の忘れ物の匂いを嗅いで、あ、これ誰々ちゃんのシャツと言い当てられると言う特技がありました。

食べ物も、このところはどうやらイメージではなく「匂い」で、その時身体に必要かどうかを決めているらしいのです。

実際の素材の匂いだけではなく、化学調味料を使わないこの一年半の間に鼻が覚えた「素材を手にした時のイメージに付属されてくるその素材そのものの匂い」にも反応しているようなのです。

それに従って食べると、胃もたれもなく、あまり時間に厳格に食べなくてもすんなり消化でき、力が湧き、排泄までがとてもスムーズになります。

例え稀に食べるのが深夜近くになってしまうことがあっても、身体の声にマッチしたものを食べると、本当にあっと言う間に消化していき、そのプロセスが 「快 」なのです。img_1659

お肉大好き、グルメなものも、B級も、なんでもそれなりに美味しい美味しいと食べていた大食漢の私でしたが、身体の声に従って食べられ、それが「快」になるまで、一年半かかりました。

この変化や感受性はどこまで続くのか、広がるのか、研ぎ澄まされるのか、一巡してなんでもまた美味しくいただけるようになるのか…楽しみです^_^

 

久々の 食べ物 食べ方考

imageベジタリアン食、ほぼ玄米菜食を実践して一年間と2カ月が経ちます。

乳がんの診断を受けてからの食事の変遷を軽く大雑把に振り返ると、ゲルソン療法2カ月、完全に塩抜きで人参ジュース、野菜生活→自然調味料に戻しての玄米菜食を1日3食→1日2食にして月に数回身体が欲した時にお魚やささみを少し…でいただいてきました。

感覚的には、昨年の秋冬まではとにかく人参ジュースが美味しくて、生野菜が食べたくて、1日2回から3回人参ジュースを飲み、生野菜を腹ペコ青虫のように食べて周囲を驚かせました。マクロビ的には生野菜を冬に食べるなんて!でしょうが、とにかく身体が欲していました。

年明けくらいからは食べる量そのものが落ち着き、1日1食から2食、今までの量の7割くらいで充分満足するようになり、生野菜や人参ジュースをあまり身体が欲しがらなくなりました。

何かがリセットされ、バランスが取れてきたのを感じました。また体重も減り止まり、逆に増え始めていきました。

そして同時に、身体が本当に食べたいものが分かるようになって来ました。その多くはやはり旬のもので、気がすむまで食べると自然と欲しくなくなるのでした。

そして、旬のもの以外の基準は、手に取った時に胃の入り口がふわっと開くような感覚がするもの。それが基準の全てでした。

この春から夏までの間は、玄米と納豆がとてもとても食べたくなり、玄米と納豆がいつも冷蔵庫と冷凍庫にストックしてありました。そして、鶏肉を月に数回ほんの少し食べるととても調子が上がりました。image

そして、夏には玄米よりも雑穀米と蕎麦が食べたくなり、玄米と雑穀米と蕎麦をローテーションしたりしていました。魚は月に数回、食べすぎない程度に口にすると元気がみなぎりました。(夏バテしてふらふらだった時にサービスエリアでいただいた鮎の塩焼きで生き返ったことが忘れられません!鮎さま、ありがとう)

そして、秋に入った今は、炭水化物や魚などをあまり欲しない身体になっています。リンゴとブルーベリー、レモンや柚子などの柑橘類と、ちょっと火を通した野菜・豆がパーフェクト!それ以外のものを食べるととてもだるくなり、頭が働かずやる気が起きないのです。

と、こんな風な身体の変化を見ると、西洋的な栄養学はもちろん、○○式食事法、××療法、△△主義、陰陽五行と言った様々な療法、考え方に「則った」食べ方に?が付きます。

研究者肌なので、ありとあらゆる情報を集め、吟味しましたが(笑)、それぞれの人がそれぞれの学説、主義主張を展開し、その何パーセントかは完全にビジネスの流れとリンクしていたりします。

そのどれもが正しいように思えますし、理論的には納得がいきます。

けれど、やはり、理論よりも、個々の身体が中心、身体の感覚が何より正解を知っているような気がします。理論は、きっとその感覚の後付け程度のものなのかもしれません。

私達が身体にできることは、理論に合わせて食べるのではなく、感覚を研ぎ澄ませていくこと、感覚を信じる心の筋トレ、そしてトライアンドエラーをしながらも、身体と脳と舌のコミュニケーションを密にしていくネットワーク作りなのかもしれません。

そんなことをつらつら思う、乳がん2年目の秋です。

断食明け=デトックスの仕上げ

imageプチ断食明けの食事は、これ!ハリラスープです。私はモロッコ料理やトルコ料理が大好きなのだけど、今回の断食明けはこのラマダン明けに食べると言うハリラスープ!と決めてました(笑)。

一般的に、断食明けは、赤ちゃんの離乳食のように、重湯、お粥、少しずつおかずを足して、お腹をいたわりながら、と言われますが、断食明けの食事にはもう一つ大切な意味があると、ある人に教えてもらいました。それは、デトックスの総仕上げ!!(笑)

しばしの休息して、ん?なんだかそろそろヤバイぞ?食べ物が入ってこないぞ、緊急事態に入ってきたのか?と肝臓達がスタンバイしたところで、デトックス作用の強いお野菜を一晩煮込んだものをいただきました。

そして…目論見通り、デト〜ックス!!(笑)WCに直行し、真っ黒な宿便が一気に排泄されました。身体って凄い*\(^o^)/*

断食明けの合図、昨夜半の肝臓と脾臓の腫れが昨夜夜半に出ました。マラソンで走り疲れたときに来る、あのキリキリ感です。実は、これを待っていました(*^^*)!(昨日の投稿の時点ではまだ出てませんでした)

肝臓さんと脾臓さんを追い詰めて、は!(◎_◎;)起きねば!!と目覚めて貰い、働きを良くすることが今回の断食のもう一つの狙いです。(このまましばらく続けるとケトン体がでて、と言うまた別の健康法になりますが、私は今回はここまで(o^^o))

image
冷凍しておいた飴色玉葱、重ね煮、トマトペースト、ひよこ豆にパプリカ、コリアンダー、昆布水、スパイス、塩を入れて炊飯器オン!一晩煮込んでトーロトロ♪(o^^o)

マゾなの?とよく言われますがf^_^;)(マゾではなく、せめて体育会系と言って欲しい(笑))内臓も、身体も、甘やかしたり労わりすぎるとすぐに怠け始めるので、起きて、働いてね、と時々揺り動かすことが必要のようです。

どんなに文明が発達しても、生命の仕組み、野生の仕組みは、どこかにシビアな部分を残しています。

そんな訳で、夕べ肝臓脾臓が目が覚めたところで、これは明日のハリラスープで一気に行けるぞー!そして、今日の天晴れな結果でございました(*^o^*)

次は夏の終わり頃またプチ断食です。

何はともあれ、成功して良かった(笑)。そして、また食べられてうれひーー(=^ェ^=)(笑)

安心美味しく優しい♪玄米の炊き方

image玄米菜食については、本当に本当に本当ーーーに、賛否両論含めて様々な説があり、ここではとてもとても書ききれないほどです。

この手の学説、研究、体験談、blogを読み漁っていると何が何だか分からなくなり、もうダメだ〜〜っ(@_@)と頭が飽和状態になります。

一つだけ言えるのは、健康には食生活のあり方が鍵を握っていることは確かだけれども、それはそれぞれの人の体質や刻々と変わるその時の体調や状態によるので、これだ!と言う食べ方や、万人に合うもの、ずっと何も考えずに続けていればいいものではないという事。これがまた、正解が欲しい現代人の脳にはなかなかストレスなことです。

その中でも、玄米に関してはまたまた様々な研究結果にそれぞれの個々人の体験談やら好き嫌いが入り、それはそれはすごい論争が繰り広げられているのでございます。

実はつぼみは玄米はとても苦手でした。食感も香りもいまひとつ美味しさが分からず、時には下痢してしまったり。また玄米菜食をしている人達の雰囲気がなんとなーく白米を食べている事を怒られているみたいで、こそこそと逃げ回っていました。(よく当時言われたのは玄米を食べて下痢する人は身体がなっていないからだとf^_^;))

ですので、乳がんとわかってからも、玄米は慎重に、少しずつ、少しずつ、身体の様子を見ながら、下痢しないか確認しながら、どうしたら美味しく安全に優しく食べられるか身体と相談しながら取り入れていきました。

一般的に、玄米は栄養素に優れていて、生命力に満ちたありがたい食べ物なのですが(白米は水につけても発芽しない、つまり生きていないのです。美味しいけど、ね(o^^o))、そのまま炊くと少し胃腸に強すぎる、他の栄養素を一緒に体外に排出してしまう事があるのが玉にきず。

けれども、炊き方を工夫すると驚くほど美味しく、柔らかく、安心して食べられる状態になり、香りもとても良くなります。

下記はつぼみ流の一つの炊き方ですが、美味しさと安心して食べられるのには自信あり(*^o^*)です♪

【玄米の美味しい安心の炊き方】

image1.玄米を水に浸けて発芽させます。だいたい5〜7時間程度。目安は、水にうっすら泡が立ってきて、濁って香りが強くなるちょっと手前で引き上げます。(生き物なので冬場は時間がかかり、夏場は早いです)

2.玄米の1.3倍位のお水をいれ、ほんの一つまみの塩をふって、優しくぐるぐると、なんとなーくお米が優しいご機嫌な表情になるまでかき混ぜます。

image3.時間がないときは炊飯器の玄米モードで炊いてもOK。私は土鍋に蓋をして、土鍋ごと圧力鍋に入れて炊きます。土鍋の半分位まで水を足して火にかけます。

4.圧力鍋がしゅんしゅんといい音を立て始めたら弱火にして40分。40分たったら火を止めて、自然に圧が抜けるまで待ちます。

image5.すると、ふっくら、優しくてもちもちの玄米が炊けて、かつ、なんと!土鍋で炊いた時に必ず出てしまうこびりつきやコゲがゼロ!なんです(*^o^*)

多めに炊いて、小分けにして冷蔵、冷凍しておくととても便利です。(温めなおすときは蒸し器にクッキングシートを引いて蒸すか、炊飯器を保温にして入れておくだけ!(*^o^*))

私は身体が玄米を食べたいなと感じた時に食べています。それ以外の主食としては自家製の全粒粉パンやキヌア、全粒粉うどんなどと組み合わせていて、玄米はその中の一人です(o^^o)

玄米が苦手という方は、週に一度か2度、もしimageくは、デトックスして体調を整えたい、という時にオススメです。

お試しください(*^o^*)

 

 

 

早くも 方針を一つ撤回(・_・;

新年度に立てた方針の中の、一つが早くも撤回です(笑)

基本的に普段は発芽玄米菜食なのですが、週末は1日普通食を楽しむ日を作ったところ…

普段、血糖値が緩やかに上がる食べ物、AGEが溜まらない調理法、出来るだけ無農薬野菜をいただいているためか、普段食をいただいた後の体調不良…低血糖によるプチ昏睡、肌荒れ、精神的なアップタウン、無気力、身体の冷えが凄い!のです。面白いくらい効果テキメンです(笑)。

あまりいいものばかり食べていると肝臓が怠ける、それしか食べられなくなると言われて、食べていいならそりゃあ大喜びです〜!と取り入れた1日普通食、1日プチ断食プログラムですが、こんなにトホホな結果になるならやはりいいものを毎日継続して食べさせてケロ、そう全身で思います(笑)。

ohanaが食べているものをほんの一口かじらせてもらう、で充分満足☆☆☆

ということで、やはり、つぼみ特性ぼあぼあ料理で毎日元気に参ります(*^o^*)