春分の日まで もうちょっともうちょっと

IMG_5986

春は自律神経が乱れる季節。

寒暖の差の一番大きな季節で、1月くらいから頭部肩部と開いてきた身体が、いよいよ骨盤部を緩めていいのかな、と季節とせめぎあっている季節です。

そんな乱気流が、骨盤も鉄板のように固く、腎がもともと弱い私にはなかなか厳しい季節です。
めまい、吐き気、動悸息切れ、低血圧に、体温調整不能、不眠に悪夢、疲労感に絶望感!(笑)

春分の日の毎年の感想は「はあ、なんとか生き延びられた」(笑)。そのくらい心身ともに影響を受ける季節です。

昨年のこの時期に受けた免疫検査は、愛犬メイを看取ったばかりだったこともあり、60代くらいの免疫しかなく、とてもがっかりしたのを覚えています。今年もきっと低いんだろうなぁと感じます。

シコリんと一緒に生きていく人生を、女独り身でこの先も自立して生きていくことの限界を感じる日もあるし、仕事のこと、将来のこと、やり残している夢、行ってみたかった場所、落としてきてしまった何か…過去や未来を考え始めると、心拍数はいよいよ乱気流!(笑)

ネガティブなことを考え始めた時は、ふううううーーーっと大きな息を吐いて思考をストップ☆

自律神経を整えるツボを押しお灸をして、骨盤に焼き塩を乗せたり…
サウナで汗をかいて、ストレッチをしているようには見えないと定評のあるストレッチ(身体が硬すぎて)をしたり…
腹式呼吸を心がけたり、活元をしたり…
青竹踏みをしながら「100分で名著」をみたり…
ハーブティーに、暖かいスープ 小田原のOhanaのAさんがくれた指輪を身につけたり…
何よりはなちゃんとのスキンシップ♩
そして、メタ認知を働かせるべくこんな風にブログで吐き出させていただいたりもして(笑)。

ひとりきり努力した後は
やはりこれですね。

南無そのまんま
そのまんま

南無そのまんま
そのまんま

おいのちさんの力にお委ねして、力を抜いて

季節の変わり目に翻弄されてしまう私もまるごとOK。
じたばた努力してしまう私もまるごとOK。
顔色の悪いさえない、ぱっとしない私もまるごとOK。

免疫が低い時だってあるし高い時もある。
元気なときもあるし、思い切り低迷しているときもあるのがいのち。それも女性の魅力(?と思いたい)

仏様からお預かりした おいのちを 全うするために、ぼちぼち、ぼちぼち、なんとか、なんとか、あと10日、春分の日まで!(笑)

はなちゃんと 「サピエンス全史」を読みながら(はなは暢気に足元でいびきをかいているけど)花咲く季節を待ちたいと思います。

励ましのお便り、優しさ、労わり、エンパワー、大歓迎です(笑)

みなさまも、春分の日まで、どうぞご自愛くださいませ。

いのちに努力と解決志向は要らなかったんだなぁ(*´꒳`*)

IMG_4352.JPG黒木さん と言う友人がいます(実名でごめんなさい(笑)でも、どうしても書きたかった(笑))

絵描きさんで、子ども達に表現の楽しさを教えている表現者で、高千穂に惹かれて昨年引っ越した黒木さんに、久しぶりに会えました。

元々独自の、飄々とした空気感を持っている、なんともオリジナルな個性の友人なのですが、久しぶりにお会いした彼女は、ますます自然に、天然素材に戻っていて、都会のカフェなのに彼女が座っている場所だけ、コダマがちょこんと木の切り株に腰掛けている風情でした。

彼女のその佇まいそのものに、また一つ、砂場の棒倒しのように、砂がごっそり取り除かれました。棒を倒さないようにする通常の棒倒しと逆で、私のこだわりと言う棒が倒れるための棒倒しです。

そして、彼女の力の抜けたコダマのような佇まいから伝わってきたメッセージは、「いのちのことに、努力や解決志向は要らない」と言う根本的な、とても大切な、でも多くの人が忘れてしまっている根源的なこと。

世の中で生きて行くための見えないルール、特に経済活動を中心とする都会のルールの中では、解決志向、目的達成、デザイン思考、それに向けた努力と行動が尊ばれ、それが正しいあるべき在り方だと、日々全てのソースから囁かれます。

その努力する姿や何かを達成する姿に人々は感動し、自分を激励して達成感を味わい、脳内モルヒネの川で気持ちよく泳ぎ、また明日頑張るためのモチベーションをそこに見いだします。

それが美しい姿とされます。

もちろん、優等生気質で努力命の私もそのど真ん中狙い(笑)(笑)!!でした。

でも、一年半シコリんと向き合ってきて、努力し続けてきて、おいのちさんと出会ってもなお自力自力で頑張ってきて(笑)…

でもなかなか結果が追いつかないことに途方にくれてジタバタ&しょんぼりしている今日この頃の私に、彼女の存在感からのメッセージは、肩の力を抜かせる鮮烈かつ生きたメッセージとなりました。

日常を流れる時間、直線時間、男性脳、理性の脳が日々要求し続ける「解決志向」「努力」「成長」「学び」…私が高校生の時壁に貼っていた「克己」。

「緩める」とか、「手放す」「治ることを目指さない」とか、そんなレベルではなく、これらは、おいのちさんには、いのちの世界には 「要らなかった」んだなぁ…。

はぁ(*´꒳`*)

………………(*´꒳`*)。

今日はこれ以後、思考停止で過ごします☆