感受性に寄り添えなかった話

IMG_0295先週、先々週と、2年半ぶりに医療機関に行って、血液検査やCTなどの検査結果を聞いてきたりしていました。

父の友人でありその病院の大型出資者である方の紹介だったこと、また私をみて「自然療法に傾倒している、とても気難しい人らしい」と踏んだであろうお医者様は、本当に懇切丁寧に言葉を選びながら、穏やかに一回40分以上かけて説明をしてくれました。(日本のお医者様ではとってもレアなこと!)

そして、その丁寧な説明の趣旨をシンプルに要約すると

「食事療法は意味がやってもありません。医療機関以外が出している自然療法の情報は信用してはいけません。勇気を出して切りましょう。」

でした。

最後は頭を下げて「どうか勇気を出して生きる選択をしてほしい、手術を受けてほしい」とお願いする先生に、私も「ご丁寧にありがとうございました」と頭を下げて帰ってきましたが、その後じわじわと弱っていき、ついには自律神経を病んでしまいました。

ここが私のトロいところで、「その場」で自分の感情を把握したりはっきり感じるのが苦手です。強いショックを受けるとまず固まってしまいます。

まして、これまで医療機関でとても嫌な思いをしてきたので、今回もきっと私のバイヤス、私のレイヤーのせいで冷静な判断ができないかもしれないからと、出来るだけ感情を抑えて赴いただけに、その日は普通に帰ってこれたものの、じわーーーーっと後から傷が広がり、今週は自立神経のバランスを崩してしまいました。

日本のお医者様にしてはびっくりするほど腰を低くされた姿勢で、言葉を丁寧に選んで話をして下さったことには心から感謝なのですが、言っている内容は私の2年半の全否定と私を勇気がないために医療的処置を受けられない人というレッテル、医学以外を信頼するなと言うメッセージ、そして、身体を全体としてみるのではなく部分として捉えた上でリスクは切除してしまえばいい、というメッセージ。

IMG_0291
それに私の感受性は過緊張して、そして、深く傷ついていたんだなとようやく気づきました。

ごめんね、気がつくのが遅くて。

ごめんね、護ってあげられなくて。

自分の身体、感受性になんども謝って、お風呂に入ってガチガチの身体を緩めて、はなと寄り添って眠って、ようやく人心地つきました。

きっと、お医者様はお医者様で、例え私の身体観の話、おいのちさんの話をしても、チンプンカンプンで、何を言っているのかわからない人だとおっしゃることでしょう。

こればかりは立場や見地、経験や、感受性、全てが違う世界に生きているので仕方のないこと。お医者様は彼の立場でできることを精一杯の誠意でしてくれていました。

だからこそ、全く噛み合わない、ちょっと悲しく可笑しい、コミカルな時間だったなと今は思えます。

問題は、私がその場で、または少なくとも帰ってから、がちがちになってしまった身体と感受性にもっと寄り添わなくてはいけないのに、どこか混乱したまま仕事に戻り、頭で考えたまま日常を送り、しっかり立ち止まってケアをしなかったこと。

少し人よりも繊細な感受性を持って生まれたのは仕方のないことなのだから、柔らかい新芽をつけた花のように、柔らかい真っ直ぐな瞳の赤ちゃんのように、世話をして、気をつけてあげなくてはいけません。そしてその感受性を生かした生き方、選択ををしていかなくてはいけません。

IMG_0296細胞検査をするのか、手術を受けるのか受けないかを考えるは、その次の段階でよかったのに。

本当にごめんね。

もう一人にしないからね。

この週末は身体を緩めて、滋養を与えて、ゆったりと過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

愛の保存庫は無限大

IMG_0191お互いになくてはならないバディとなった はなちゃん が来て、もう少しで3ヶ月です。

はなちゃんの フンフン(お散歩行きたいな♩)に目覚め、1日3回から4回のお散歩、サロンでの仕事の時はマッサージベッドの横でのお昼寝姿に癒され、はなちゃんのいびきと共に1日が終わります。至福の毎日です♪

そんな はなちゃんと、実家の前にある武蔵国分寺公園の新緑の中を散歩しました。昨年の3月3日に旅立った仲良しメイちゃんが亡くなった日から、辛すぎで足を踏み入れられなかった公園です。

私の大好きな木漏れ日を穏やかに眺めながら はなちゃんとお散歩していると、メイと同じパピヨンが向こうから歩いて来ました。一瞬メイと歩いている私が幻のように浮かび、消えて行きました。あ、メイ!気づくと後から後から涙が溢れて来ます。

そして、そんな私を優しく見ている はなちゃんを見つめ返しながら、一度心の中に愛するもののために作った心の部屋は、永遠にそこにあることに気付きます。

メイの部屋、先先代のチムニーの部屋、初めて愛したチャッピーの部屋。犬だけではなくもちろん人も、その人と過ごした時間や思い出、大切に思う気持ちはずっとずっと、その部屋、その場所にあります。そしてその場所は私の中に永久不滅に存在していて、いつでも鮮やかに五感で味わうことが出来る、魔法の保存庫。私が旅立つ日が来ても、この部屋に保存された愛のエネルギーはどこかの宇宙に漂っているのでしょうか。IMG_0190

データのように圧縮されることもなく、メモリーがパンクすることもなく、色鮮やかなまま、光だけを増してそこにずっとあり、容量は無制限。いつでもアクセス可能で再生可能です。

時々、この感受性の強さが辛いこともあるけれど、これは私の宝物なんだなと思える今日この頃です。

 

健康になるための 食 選び方、食べ方エトセトラ

img_4628このところ、同病の方、もしくはそのご家族ご友人に、食べ物や食べ方、選び方のコツを聞かれることが増えて来ました。

しつこく綴って来ましたが(笑)、一人一人の体質、体癖、季節、女性であれば生理の周期、その日のストレス度などなど、ものすごく有機的で複雑系の世界なので、これ!と言う正攻法がないと言うことだけが、この一年半で分かったことです。

けれど、その中で一つだけ共通すること、これだけは万人に言える、と言うことがあるように思います。

それは、自分の身体の声を聴く感受性を高めること が鍵であり、アンテナであり、羅針盤であると言うことです。

乳児保育の世界、解剖学者の三木成夫先生の生命曼荼羅にハマり、畑にハマり、ロミロミセラピストであり、野口整体を勉強してきたけれど、本当にまだまだまだまだ、聴けていないと実感しますが、それでも昨年より今年、昨日より今日、少しずつ聴けるようになってきている気がします。

幾つかの基準、チェック項目を挙げるとしたら…こんな感じです。

○何を食べたらいいか、何を選ぶか

→食材を目の前に置いて、調理法を具体的にイメージして、お腹に聞いてみた時に、お腹が鳴ればgood!もしくは、胃のあたりがホワーッと開く感じがして「please come in♪」な感じならokサインです。デパ地下などで練習すると、その感覚がとても良くわかります。

くれぐれも、脳や口に聴いてはなりませぬ。大抵嘘をつきます( ˘ω˘ )

○食べるタイミング

お腹に聴いてぐーと言わない時は、食べるタイミングではないと判断します。万が一タイミングを逃して、食べられなくなった時は、ああ!また空腹で免疫上がっちゃったなーと、痩我慢でも口にします(笑)。タイミングでもないのに食べてしまった時は、ヒンズースクワットします(笑)

○食べる時

よく噛んで食べなくては、とか、血糖値が急上昇しない食べ方を、などとあまり考えず、ああ、また美肌で健康になっちゃうなぁとかブツブツニヤニヤしながら美味しくいただきます。

舌全体で甘く感じられるもの、食べた後お腹の底から温かく感じて力が湧いてくるように感じられるものと、そうでないものがありますので、その違いを観察します。

本人にしか分からないものですが、必ず分かると思います。

○食べて終わってimg_4075

食べ終わって30分以内くらいでどんどん胃が軽くなっていくもの、そして腹持ちの悪く、次にまたちゃんとお腹が空くものを選べたらグッチョイス!お腹に従えた頭を褒めてあげます。

○何回食べるか

私は基本は1日2食ですが、お腹が空いてから食べることを心がけてますのでマチマチです。

生きものだもの、みつを( ˘ω˘ )的な…。

○食べる量

八分目を毎回保てればベストですが、満腹感を味わいたい私には過酷な苦行なので、1日の中で帳尻を合わせます。寝る前に空腹であれば、今日は大成功!

空腹のまま寝る幸せと身体の軽さを味わいながら眠り、朝便意で起きられると、超ご機嫌な身体で1日が始まります。

○その他

日々の中で、肌のハリ、髪の毛の質と力、経血の質と量、爪や歯ぐきの色、目の色、脈拍、体温などを自然に観察して、?と思ったら微調整していきます。

身体は本当に本当にお利口さまで、死も生も孕んだ、絶対に間違いのないハイパーコンピューターです。

その身体とのコミュニケーションツールでもある食を通じて、自分自身のおいのちさんとの繋がりを取り戻していく旅を続けている感覚です^_^

一朝一夕には身につかない感覚ですが、それが、病気ができるまで頑張ってくれた自分の身体と自分に差出せるaloha(優しさ、調和に向かう気持ち、明るさ、謙虚さ、辛抱強さ)なのかもしれない、そう思って今日も取り組んでいます。

ご参考になりましたら、幸いでございます(o^^o)今日はこれにて

 

 

img_4318私の感受性を見守り、育んでくれたたくさんの人の中に、私の大好きな叔母がいます。

表面はおとなしいのに、内面はやんちゃに空想の翼をいつも羽ばたかせ、汚れのない純粋な心で動物と子どもを心から愛して、自分の心に正直に生きるお手本になった叔母。

私達姪や甥の子どもの頃、私達の幸せな笑顔の写真を撮り貯めて「このキラキラした時間が永遠に続きますように」と心からの願いを込めてアルバムに書き綴り、その成長、成人、結婚、そして、次の世代の子育てまで見守り、愛情細やかに面倒を見てくれる叔母。

私達姪や甥は、漫画、アニメ、ぬいぐるみ遊び、おままごと、映画、海、遊園地、花火、お祭り、旅行…人生の楽しみを、この感受性豊かで愛情豊かな叔母に教えてもらいました。

女神で言うと、永遠の独身の叔母であり炉の女神、物静かに火を絶やさず瞑想の中に生きる女神 ヘスティア そのものである叔母。

そんな叔母が今、愛するものとの別れの深い悲しみの中にいます。

喜びも悲しみも、人の何十倍もの感度でそのセンサーを震わせて感じる叔母の心が、どうか癒されますように…

どうか、その涙を流し切った後にまた笑顔に戻りますように…

何を見ても、心から祈ります。