バランス感→脱力→リラックスマイル♡

IMG_6309
みんなと同じで みんないい 

わたくしというものが

他の全ての人以下でも それ以上でもないこと。

他の全ての人と同じくらい

特別なものでもなく

同時に びっくるするくらい稀有な存在だということ。

その 絶妙なバランス感の上にいると

こんなに大きな 安心感と安定感を 生きられるんだなあ。

身体の深いところから どんどん脱力して

寒い冬に温かいお風呂に入って

暖かいミルクティーを飲んだ時のように

IMG_6310
ほっ

ほわーっと、はあーーっとリラックス。

とても簡単なことなのに

本当の意味で気づくのに

45年もかかってしまった。

でも

気づけたことで

もっとシンプルに

もっと日常をゴージャスに味わいながら

生きられそうです。

ありがとう、シコリん。今日も、mahalo♡

 

 

返却期限

IMG_0169.JPG

両親が本好きだったのと5歳違いの姉がいたため、生まれた時からたくさん本があった影響か、本が大好きな子でした。

幼稚園から中学校まで海外にいたので本屋さんが近くになかったので、教科書を新年度に貰うと、あ、新しい読み物が来た!とその日のうちに読んでしまうのが恒例なくらいでした。

伝記、童話、動物記、歴史、図鑑ものなどの家にある本を繰り返し繰り返し読んでついに飽きた頃、図書館という存在に気付きました。宝物の館をみつけた気持ちでした。

けれど、図書館とは仲良くお付き合いできませんでした。

なぜなら、返却期間中に返却するのが私にはとてもとても難しかったからです。何度も何度も読み返したい。もう少し長く、あそこをもう少し深く…気づくと必ず期限の2週間を過ぎていて、図書室から電話がかかって来たり、担任の先生から怒られたり。そうこうしている間に、怖い司書のお姉さんのブラックリストに載ってしまい、貸してもらえないようになってしまった苦い過去があります。(何故か期間を延長するという作業も必ず忘れてしまうのでした)

そんなつぼみの過去を知って知らずか、オハナのoさんが先日言いました。

「図書館で借りた本は、返さなきゃいけないでしょ。だから、乳がん、やはり治さなきゃだめですよ」

子供の頃からどこか厭世的で、感受性が過敏のHSPの傾向が強いため生きることそのものがとても疲れる私は、気をぬくと「このままシコリんと共生して、おいのちさんが決めた分だけ生きればいいや」と達観とも前のめり感ゼロとも言える境地に、ほっこり&まったりと座ってしまうところがあります。

そんな私ともとても似たところがある(私以上かも!)物静かなOさんに「お預かりした本(乳がん)からのメッセージ、もうもらったでしょ。だったら、返さないとね」と言われるとなんだか妙な説得力があり、また図書館の例えも苦い過去と合間って、しっくり来ました。

もうおさげの小学生ではないので、シコリんこと乳がんからのメッセージを読み終わったらきちんと返却期間までにお返ししなくてはいけませんね。IMG_0168

いのちは自分のものではなく、仏様からお預かりしているもの。そして、そこに乳がんというメッセンジャーまで特別オプションでお預かりした今回の人生です。

そのメッセージには、おいのちさんに生かされている人生を、「ただ安楽椅子に座って全うする」だけではなく、おいのちさんに纏っている私という個性や感受性のアンテナをしっかり立てて、人生をALOHAの花で満たして生きるように、小さな喜びをフルに見つけて生きていくようにと、書いてある気がします。

そして、きっと小学校の時の図書館司書のお姉さんよりも厳しい宇宙の図書館司書様から催促が来ないうちにお返ししよう。

そんな風に思うことができた、もうすく乳がん3年目の春です。

 

大切なこと を 再び

我が家に、新しいパートナー犬でサロンの看板娘で、img_5849 生き菩薩(笑)のおっとり はなちゃんがやって来て6日目が終わろうとしています。

保育士の頃は0歳児1歳児クラスの担任が多かったので、まるで慣らし保育だなぁと思いながら、はなちゃんとの6日間を過ごしました。

分離不安でいっぱい(まして、一度捨てられて保健所で死を待つ時間を過ごしているだけに)のはなちゃんの存在そのものを、全肯定でぎゅーっと抱きしめ続ける→少しずつ自分から探索するまで待つ→探索したら戻って来られるようにそばで見守る。

失敗しても怒らず、出来たことを褒めて励ます。

少しずつ、少しずつ。img_5855

今日あたりから、はなちゃんも安心して大丈夫なんだ、と私を信頼して来てくれたのが伝わって来ます。

私自身に関して言うと…この6日間、シコリんこと乳がんのことを思い出したのは、多分トータルで2時間もないかもしれません(๑˃̵ᴗ˂̵)

自分ではそこまで自分の乳がんや自分のことにばかりフォーカスしないようにしてきたつもりだったのですが、こうやって自分以外のケアを必要としている存在に、自分がしてあげられることを探して一生懸命無心に行っている時間を過ごしてみると、如何に自分がこの20ヶ月近く、自分のことしか見えていなかったかが分かります。

そんな私を、暖かく見守って来てくれた全てのOHANAに本当に心からありがとう。

そんな大切なこと、ALOHAをもう一度思い出させたくれたはなちゃん、本当にありがとう。

つぼみのメニューは 相変わらずベジタリアンメニューで1日2回。

はなちゃんのダイエットメニューは、シニア用のドックフードを少しに、つぼみのベジタリアンメニューのネギ類抜き、味付けなしで、1日2回。

おやつは2人ともリンゴと豆乳ミルクティー。

なんともいいバディ(相棒)ではありませんか!(笑)

明日からまた一つずつ、お互いのペースを大切にしながら、喜びにフォーカスしてやっていこうね、はなちゃん(^ ^)

春の足音が聞こえて来ています。

 

 

 

褌をゆるめていこう

もう一度

褌をゆるめて

眉間をゆるめて

おいのちさんと同じ顔(^_^)をして

歩いていこう。

シコリんのことも

生きることも

夢も

全部全部…

褌をゆるめて

眉間をゆるめて

一つ戻って やり直そう*

 

ほーら

幸運が ニコニコとドアをノックしに

やってきました。

幸せになりたいリクエスト

image幸せになりたいです!

初めて本気で宇宙に願いました(笑)。

え?初めて?は?当たり前じゃん?ですよね(^^;;

物心ついた時から、願ってきたことは、戦争や武器が世界からなくなりますように、動物が人間都合だけでなく幸せに暮らせますように、全ての子ども達が教育を受けられますように…の、ちょっと変わった子でした。なぜ、と聞かれても、ずっとそうだったので、説明できません(笑)。

周りからも、スピリチュアルが好きな人々からも、自己啓発好き、仏教系みんなから、え、それって変だよ、順番が逆だよ、まず自分の幸せでしょう?と散々言われてきました。

頭では納得して、勧められて言葉に出したり、アファメーションを書いたりしてきました。

けれど、本当に心からそう願ったことはなかった気がします。

気やスピリチュアルな見方では、左胸の乳がんになる人は自分を後回しにする傾向があると言われたりします。それが全ての原因ではないにしても、なるほどねーとしみじみしたりします(u_u)

先日、大好きなohana、私と価値観が真逆なのに仲良しのNちゃんとの会話の中で、「つぼみちゃん、生きるのに目的も理由もいらないんだよ。今も息をしてるし、朝目覚めても生きてるじゃん?なかなか人って死ねないんだから、どうせ生きてる、生きちゃうなら幸せになろうと思うじゃん、そんなノリでいいんだよ(o^^o)☆」とすこぶる軽快に言われて、なぜか、今回妙に腑に落ちました(笑)image

幸せになりたいです、と宇宙に心からリクエスト☆

きっと、やることも、志向することも、活動も変わらないのだろうけど、そう心から思えた事で、根本の何かが変わる気がします(*^^*)