おいのちさんの 物語

昨年のある夏の日に、私の手にふわりと降りて来た物語。私と、シコリんと、いのちの物語です。

同じ病気の人やそのご家族、娘さんのいるお父さんやお母さん、いのちの現場にいる人の心に、おいのちさんの優しい声が届きますように…(^人^)

………………

おいのちさん

おいのちさんはお母さんのお腹の中にいる時から、もしかしたら、そのきっとずっと前から 女の子と一緒にいました。

おいのちさんは 女の子のお乳に吸い付く力 寝返りする力、はいはいする力 立つ力を助け ひとつひとつ真っ赤な顔をして
がんばる女の子をニコニコ見ていました。

ある日女の子は「わたし」にであいました。

いたずらをして怒られたり、手に取りたいものを見つけたり、だれかのよろこぶ顔や 悲しむ顔を見るたびに「わたし」はどんどん成長していきました。

「わたし」は冒険好きでちょっぴり欲張り。
時々臆病で、うまくいかないとすぐにしょげたり泣いたり。
でもうまくいくと手を叩いて大喜び。そんな「わたし」の成長をおいのちさんはいつもニコニコみていました。

ある日「わたし」は、とてもとても大きくふくらみました。

だれかにぴかぴかのバッチをもらったり、バッテン印をもらったりするたびに、お友達や他のひとと比べるたびに、新しい世界や人々にであうたびに、カエルのお腹のように、ぐんぐん大きくなっていきました。
もう少し大きくなり、少し女の子らしくおすましになってくる頃には、「わたし」のいきおいは絶好調!冒険や失敗、男の子たちとのけんかや女の子との遊びを通して、「わたし」は世界に船出していきました。

そして
「わたし」は恋をしました。ふくらむ一方、大きくなる一方だった「わたし」は、時にしぼんだり、硬くなったり、ふんわか柔らかくなったり、生き物のように形や色を変えました。
そんな「わたし」を おいのちさんは目を細めながら 満足そうにニコニコとみつめていました。

そんな「わたし」にも、人生はさまざまな波を用意していました。大小の波に翻弄され、時に傷つき、苦しみの中で ある日「わたし」はふとしたことから「あきらめ」という花の種を手に入れました。

この種は、悲しみやさみしさ、「わたし」の思いとおりにならないことにであうたびに、「わたし」と「おいのちさん」の間に、静かにひたひたと広がり、気づかぬうちに一面に花を咲かせていきました。

とうとう、おいのちさんと「わたし」はすっかり覆いつくされてしまいました。

おいのちさんは「わたし」に一生懸命呼びかけました。

「ここですよ」「ここにいますよ」

けれど「あきらめ」の花にうもれてしまった「わたし」の耳に、その静かで穏やかな声はとどきません。

「わたし」が口を開こうとしても花が口に中に入ってきて、声がでません。
最後の力をふりしぼって女の子は叫びました。「おいのちさん、たすけて」。

おいのちさんは考えました。

生まれる前からずっとずっと見守ってきた女の子。愛くるしい赤ちゃんの時からずっと一緒にいた女の子と手をつなぐにはどうしたらいいのでしょう。
おいのちさんは ののさまにお願いしました。

すると、ある晩、おいのちさんの願いにこたえて、ののさまは「わたし」のハートの上に おいのちさんの声の入ったしゃぼんだまの粒をそっとおさめました。

「わたし」がその粒に気づいて触れるたびに、しゃぼんだまがはじけておいのちさんの声がきこえる ののさま特製のしゃぼんだまです。

「わたし」が一つ一つ、しゃぼんだまに優しく触れると「ここですよ」「ここですよ」とおいのちさんの声が聞こえました。その声を一生懸命辿って「わたし」が歩みを進めていくと、不思議なことに次々に花たちが消えていきました。
まるで誰かが優しい手でふれているかのように、静かに、一つ、また一つ、花たちは消えていったのです。

ついに、おいのちさんと「わたし」は広い野原で であうことができました。

「おいのちさん はじめまして。ようやく出会えました」

ぽろぽろ涙をながす「わたし」を、おいのちさんも心からほっとした笑顔でにこにこみつめています。

ふたりが手をとりあって 周りを見渡すと たくさんのおいのちさんたちが
まるで銀河の天の川ように そこここに あちこちに 光り輝いているのが見えました。

これからも、おいのちさんと「わたし」はずっといっしょ。
今までより もっと寄り添って 次も その次も 星のかなたまで旅をしながら・・・。

♩新しい春が来た 希望の春だ(ラジオ体操風に)

IMG_0177この4月で、乳がんだと診断されてから丸2年になります。
化学治療なしで食事療法と生き方を改善することをメインに手探りで取り組んできた2年間でした。

その総括はまたそのうちやることにしまして(やはりやるんだ、という声がきこえてきそうですが(笑))、この春は、大きく何かが変わりつつあります。そして、次のステージへの大きな一歩を踏み出しつつあります♩

その頼もしいお供、三種の神器は、
1.シコリんこと乳がんの新しい名前「神経肥大」(笑)
2.内向型人間(HSPとほぼ同義)の私の取扱説明書「内向型を強みにする」(マーティ.o.レイニー 著 パンローリング株式会社)
3.絶対の信頼感と無条件の愛で結ばれたバディはなちゃん

です。

名前やレッテルの持つ力は本当に恐ろしいもので、昨日まで普通に過ごしていた人が「あなたは癌です」や「あなたは鬱病です」と言われた途端に、まるで昨日と別人になったかのような気がしてしまいます。
そして、そのお札はコールタールのようにべっとりと張り付き、片時も離れることはないことは同じような境遇を体験した人は誰もが実感していると思います。
私ももちろん例外ではなく、自分自身がガンであることに「こだわって囚われて」きた2年間でした。

そんな私を見兼ねてか、私の背骨や体の歪み、内臓の状態を観てくれているスーパートレーナーのBAL先生が言いました。
「つぼみさんの左胸のはね、言うなれば【神経肥大】自律神経の乱れのおばけになってしまったようなものなんだよ」。
IMG_0179♫キンコンカンコンキンコンカンコン

 

 

 

 

その言葉に、例のど自慢大会の鐘が高らかに鳴り響き、「先生、なんだかそれ微妙な名前(ㆀ˘・з・˘)」と言いながらも大笑い♩

その笑いとともに乳がんという「お札」がふわっと外れて、「神経肥大につき、自律神経修復中 」の札が新たにかかったのを感じたのでした。

それなら、やれること、やるべきことがたくさん見えてきます。どうやって自分のこの死後硬直のような緊張しきった心と身体を調整したらいいのかしらと、色々探していた矢先に天啓が(笑)!

アマゾン先生が、2.の「内向型を強みにする」の本を勧めてくれたのでした 。

人の何倍も刺激に対して感じやすいHighly Sensitive Person であることは20代後半から気づいていましたが、この本はベストタイミングで私の中に全てはいってきました。
IMG_6040この本は外からの刺激をエネルギーにして活動できる75%の外向型の人のことも、外からの刺激には疲弊してしまい内的思考や静けさや引きこもることからエネルギーを得る内向型の25%の人間のこともどちらも否定することなく、その違いを脳科学やホルモン代謝の観点も交えて説明している、言わば内向型人間がこの世の中で生きていくための「自分の取扱説明書」のような本です。

高校時代に、なるべき人がいなくてたまたま生徒会長になってしまった時は人生最大の試練でしたが、全校集会のスピーチの後は必ず胃痛や貧血で保健室で倒れていたことは保健の先生と私の秘密でしたので、多くの同級生は私のことを外向型だと思っていたことと思います。

卒業式の時に総代で、3カ年皆勤賞をもらう頃には、激ヤセして39キロを切り、生理も止まっていたことに気づいていたのは、もちろん私だけでした。

そんなことの連続が私の44年間の人生で、その結果がこの神経肥大だったのだと思うと…もういますぐそんなことはやめていいよ( ;  ; )、あったかい毛布で包んで、温かいハチミツレモンを作ってあげるから、いますぐ温かくして、心地よいパジャマを着て、お気に入りのぬいぐるみを一緒にお布団をかぶっておやすみなさい。

読み進めるにつれて、物分かりのいい賢人の大叔母さんにハグされて暖炉に当たっているような、なんとも言えない安心感と自己受容感を与えてくれたこの本は、これからは自分を外向型の人や社会に合わせるべく常に駆り立てることも、些細な刺激に疲労を感じずに物事に当たれない自分を責めることももう二度としなくていい、自分の感受性を守り育てることでこの世の中に貢献することはできるのだからと教えてくれ、私の人生に初めて本当の意味での希望を与えてくれました。

ご本人も内向型の女性である著者の数々の具体的な提案は、ありのままの私を肯定しながら上手に世話をして、花を咲かせる方法がたくさん書かれていて、これならできそう!と思うものばかり。IMG_0178

人生が修行の場から、喜びの場へ、幸せを見つける場へ、変わるような予感でいっぱいです。

そんなつぼみの新しい、そして、本当の意味での自発的なチャレンジ…レシーバーではなく、人生に私なりにアタックする…に取り組むのを、毎日側で見守っていてくれるのは、お互いを無条件で信頼し合ったバディのはなちゃん♡

なんという、希望に満ちた春を迎えられたことでしょう♩

そんな私の成長を、いつも見守ってくれているOhana達に心から感謝しながらこの物心ついて初めての「希望」に満ちた春を、胸いっぱい、心いっぱい、身体いっぱいに味わいたいと思います。