麗しの令嬢

夢の世界に、現実の思考が反映しやすいなの私ですが、今朝はとてもリアルで不思議な夢を見ました。

私は由緒ある、美しい、大きな旧家に向かっています。日本とも西洋もともわからない場所で、おとぎ話に出てくるような古い、でもよく手入れされ磨き抜かれた家の中に案内されます。

私はプールから上がったばかりでゆったりしたバスローブを羽織ったままの姿であることに気づきますが、動揺せずそのまま歩いていきます。

その家の深窓の令嬢、見たものはほとんどいないと言う令嬢のコンパニオンを募集しているというので、私はその面接を受けに向かっているようです。

数々のコンパニオンがクビにされたり逃げ出したりしたと言うミステリアスな令嬢の周りには、意外にも心温かい素敵な乳母やドクター、そして、10人の妹弟達がいて、少し扱いが難しい、けれど彼らにとってはエレガントで気高く麗しい令嬢を、彼等は心から敬い愛しています。
そして、誰もが彼女を蝕んで弱らせていく原因不明の病から救いたいと願っています。

私の経歴、経験、性格や雰囲気、ウィットに富んでいるかなどを、恰幅の良い感じのいいドクターが面接しています。

うんうん、あなたなら、あるいは、いやきっと、令嬢が気に入るはず、そして対等な立場で令嬢の原因不明の病から救うことができるはずです、私たちはそのための協力は惜しまないしあなた自身の病気とのバランスも、全て考慮いたします、これから令嬢にお引き合わせします…

私と令嬢は、チェスのようなものをしながら、話をしています。鳶色の髪をした麗しい令嬢は、終始微笑みながら、駒を進め、チェックメイト!やはり彼女の方が何枚も上手です。
負けてしまったし、きっと失礼もあったことだろうから…と、恭しく頭を下げて立ち去ろうとする私に、令嬢はゆったり鷹揚に、誰もを魅了するような笑顔でこう言います。
「あなたとなら、とても楽しく過ごせそうです。ワガママ盛りの弟たちへの見事な対応も、奥から拝見しておりました。少し理知に富みすぎているところもありますがそれもあなたらしいわ。明日から是非いらしてください」

そこで目が覚めました。

この令嬢は、以前から繰り返し見てきた夢…物々しい堅固な塔の深い深い地下に閉じ込められていた令嬢を探しに行く夢…に出てきた令嬢です。

 

彼女はきっと私の中の大切な女性性であり、柔らかく気高い部分であり、尊敬に値するプレシャスな私自身。
そして、それは全ての人の中にあり、その手で大切にされ敬われるのを待っている、柔らかく気高いいのちの花です。

そんな麗しの令嬢から、この度頼もしいコンパニオンとして、正式に認められました☆

私のウットリ人生が始まりました(*^^*)

そんな私をおいのちさんがニコニコみつめています。

畑始めました♪

image
花だけだったベランダに

畑を借りました☆

藤野にある、藤野倶楽部と言う会員制の無農薬の畑の1区画ですが、この一年畑をしたくてウズウズしていたので、ヤッホーです(*^^*)!

私と畑との本格的な出会いはやはりハワイでした。小田まゆみさんの主催されていたジンジャーヒルでの女神修行は、楽園のような畑での超!肉体労働がメインでした。ツルハシを使っての開拓作業、巨大なトゲ付きススキ畑の悪夢のような草刈り、灼熱の日差しの中でのパイナップル移植作業、畑の道の整地…毎日毎日汗だらけで、日が暮れる頃には気持ちよく風が抜けるラナイで仲間達とグデグデになりながらのおしゃべりやマッサージ大会。絶景を見ながらの屋外ジャグジー。

image牛の草を食む音と虫の音だけを聞きながらのヨート(巨大テント)での就寝。目をさますと満天の星空。筋肉痛と肉体疲労で起きるのが死ぬほど辛かった早朝ヨガ。忘れられない、宝もののような時間でした。

そして、その後は沖縄でohanaの畑のお手伝い、千葉の畑の開墾と畑のお手伝いと、ボソボソと畑ライフを送ってきました。

パーマカルチャー的な考えを主体にした畑はどこも楽園で、お野菜の美味しさ、大地と繋がって生きる生き方の、言葉にできない心地よさを全身で体験させてもらいました。

image
育苗スペースが出現

けれど今思うと、それはいつも誰かの敷いた道のお手伝いで、主体的に自らの意志で大地と繋がろうと言うものではなかった気がします。もしかしたら、自然を大切にすると言うならまず畑でしょうと言う「スタイル」でやっていたところもあったのかもしれません。

このblogのタイトルはMalama Aina。大地を大切に大切に世話する と言う意味です。

乳がんになったということはどこかで食や生き方、女性としての在り方が自然から離れた不自然なものになっていたということ。そして同じように大地の女神も傷ついているのをとても深く感じた一年でした。

大地を大切に大切にするように身体という大自然を、身体を大切に大切にするように大地を、alohaを込めて世話し愛したい。そんな想いが自然に何度も何度も湧き上がってきました。

そんな私の想いを知ったohanaに、思い立った時にやってみなよ、やりながら考えればいいんだからと背中を押してもらい、どこまで体力がもつか分からないけれど思い切って畑を自分で借りることにしました☆image

ベランダに突如出現した育苗スペースには、大地に根をおろすのを待っている苗達の列。

そして今日は、私が借りた小さな小さな、でも私には充分なスペースを整地してきました。土地に足を踏み入れる前に、心の中で大地のグランドマザー、天のグランドファーザー、土地の神様にご挨拶。

どうぞ、この土地にタネを蒔き、野菜達を育てることをお許しください。そして、土の中に生きる微生物を始め生きとし生ける物達と共存しながら、この大地に生きる心とalohaが学べますように導いて下さい。この大地をaloha溢れる善いものにしてお返しします。

1区画に現れたちょっと変わった円形の畑に、スタッフの人たちも興味津々&ハラハラ心配顔(笑)。

でも、どうしてもどうしても、この形にしたかったのです。まゆみさんへの言葉で伝えきれない感謝を込めて。

しかし、主体的に自分の計画で畑を進めていくのは初めて!ワクワクの大実験です。今日は人参、ゴボウ、リーキ、ニラ、食べられる花や各種ハーブの種を蒔き、キャベツ、ブロッコリー、レタスなどなどを移植してきました。

Malama ainaガーデンの行く末、私の初のインディペンデントな実験の成果や如何に(*^^*)

ボチボチUPしてまいります☆