1年間の総括

私をよく知る人間は、きっと、出たー!総括!(笑)と笑っていることと思いますが、大事なんですよ、総括(=ー=)b

ということで、乳がんとわかってからの1年間を振り返ってみたいと思います♪何かの参考にしていただければ幸いです。

4月3日 立川にあるブレストクリニックで5センチを超える乳がんと診断。細胞診をするまでもありません、立派な進行性の乳がんです、すぐに大学病院で抗がん剤治療を始めてくださいと言われる。クリニックを出るときに直感で食養生と体質改善、生き方改善に取り組みながら自然治癒を目指すと決める。

4月中 方針を決めるため情報収集。とりあえずゲルソン療法と星野式の本がピンと来たので、乳製品と牛肉、精製した砂糖食品をやめて、無塩食と毎食の人参ジュースを始める。時々ファスティングをして、体重をギリギリまで落として肝臓に目覚めてもらう。47キロから40キロに体重を落とした結果、危機を感じた体が体温を上げる。体を温め抗ガン作用があるという漢方を飲み始める。病院にはいかずに定期的に野口整体の指導を受ける。

5月 引き続き無塩食と毎食の人参ジュース。精製食品と乳製品は相変わらず避けて、できるだけ無農薬の野菜中心、炭水化物は豆、雑穀米やキヌア、ライ麦パン、たんぱく質は鶏肉、魚、有精卵を1週間に1度くらいとる。このころは1日3食。自宅での温熱療法(ハーブボールとハーブサウナで汗をかく、琵琶温灸、お灸、お風呂などで体を温める)に取り組む。夏までに塩分過多の身体を一度リセットしようと思い、ほぼ無塩を続ける。マンモグラフィーでぎゅうぎゅうされてからずっと乳腺が腫れていたので、新たに刺激しないように大豆などを避ける。

6月 消化に取られるエネルギーを減らし胃腸を休ませた方がいいことに気づいて、夜は20時までに食べ終わり昼まで固形物を入れないことに。朝はにんじんジュースだけにして、1日2食に移行。マンモグラフィーで大きくなり 腫れていた乳がんの痛みが収まってきたのはこの頃。お腹がすいて仕方ない時は、プルーンやナッツ、自分でつくった雑穀クッキーなどをかじる。

7月 汗をたくさんかくようになってきたので、無塩から適塩に戻す。ふらふらだった体に力が戻り、味にもとても敏感になり、適塩で十分美味しく感じられるようになる。漢方を減らし始める。胃腸が少し強くなってきたので、玄米を取り入れ始める。時々プチ断食。

8月 夏は38キロ台に。周囲から心配されるも、体温は37度をキープ、体の中が軽くなる、また蚊に刺されなくなる、肌がきれいになってきている、生理が順調にきている、などの兆候からこのまま行けると本人は確信。乳がんはすっかり硬くなって落ち着き払う。このころから手や腕、顔がカロチン過多で黄色くなってくる。もう十分かなという感じがしてきたので漢方をやめる。

9月〜12月 減塩の野菜料理にハマり始めて、料理研究家と化す。旬のものがやけに食べたくなり、美味しく美味しくいただく。にんじんジュースは自然と1日1回に減る。秋口に三朝温泉や近くの陶板浴にいったりして冷えないようにする。腎臓をよく温める。三宿夢治療院の温熱療法を週に1回受け始める。このころは動物性を体がほとんど欲しなくなり、時々桜エビやジャコを少しとるくらい。その代わり納豆などの大豆製品を体が欲するようになったので、大豆食品や豆乳解禁。そのせいかぱさついていた髪に艶が戻り、体重減少が底をつく。自宅でできる血液検査を始める。腫瘍マーカーCEAは28(正常値は5以下)。石垣島でなぜかとても気に入った、ユーグレナのサプリを飲み始める。

1月 ほぼ野菜生活だが体重が増え始める。汗も臭い汗が出せるようになり、体質が変わったことを実感する。食事は相変わらず1日2食、乳製品・牛肉ぬき、野菜中心、炭水化物は玄米、自家製全粒粉パン、キヌア、全粒分パスタなどをローテーションしながら、美味しく食べ続ける。相変わらず体温は37度キープ。水のちびちびのみで身体が例年になく潤っているのを感じる。

2月 節分前にプチ断食5日間。また胃腸がすっきり軽くなる。食べ方は相変わらず野菜ラブで美味しくいただく。豆乳チャイにハマり、1日1回解禁。毎年冬に見られた胃腸の不調や精神的なアップダウンがなく、風邪ひとつひかず、健康に過ごす。

3月 体重は43キロから44キロに。腫瘍マーカーは21に減少!板橋の小豆沢クリニックにて免疫の血液検査を受ける。Tリンパ球がとても少ないので、もっと増やしていくこと、そのための食事などのアドバイスをもらう。(この免疫力の低さは愛犬を見送ったばかりだったせいもある気がします(涙))

要約しますと・・・

食事

多飲多食→アルコールをやめて適量食 アルコール抜きでも生きられるなんて♪

高塩分食大好き→無塩(塩抜き)→適塩でこんなに美味しいなんて♪

炭水化物白物パン大好き→雑穀や玄米、全粒粉、豆ものがこんなに美味とは♪

乳製品・牛肉・豚肉大好き→しばしさらば・・・日本の民に戻ります

野菜嫌い→あんなに嫌っていた自分に「ばかばか」と言いたいくらい野菜大好き

タンパク質→大豆と小魚類、時々有精卵、月に1回くらい鶏肉で十分幸せ♪

何より、自分のために、自分の身体が欲するものを、身体が喜ぶ食材で、美味しくありがたく楽しく調理し続ける生活の中で、いのちの循環、エネルギーの流れを実感しながら自分がとても満たされていったことが大きかった気がします。

*身体のケア

冷えを取ることをメインに。冷やさない、冷えたら温める、かくべき時に汗をかいてかいたらしっかり拭く。

野口整体の指導で体質・生き方改善。

温熱治療を週に1回うけてリラックス。

42℃温浴でHSPオン!

いわゆるウォーキングではなく、近所を歩く、気持ちのいい日は散歩する。

睡眠は基本は11時には寝るようにするが、時には夜更かしも楽しむ。

*メンタル

がん患者ではなく、Alohaな女性としての生き方を学んでいる女神修行と捉える

シコリんと仲良くして、メッセージに耳を傾ける

いつか必ずいのちが終わることを一度すっきり覚悟する

死なないためではなく自分を生きるために生きる、面白く生きると宣言する

感情を抑圧しない 泣きたい時には泣く 嫌なことは失礼のない範囲で嫌という

相手の都合を聞くだけではなく自分がこうしたいうという気持ちも時には伝える

などなど。

つまるところ、乳がんを治しているのではなく、乳がんを通していのちの仕組みや不思議、その底力を学び、生き方をどう変えていいか教えてもらう・・・そんな1年だった気がします。

シコリんは現在触診で 3から4センチ。生理前には乳腺が腫れるので痛むこともあるけれど全体として縮小傾向。身体は今までの人生の中で一番快調で元気。桜がまた見られてとても幸せ(^^)

2年目はもう少し積極的に免疫をあげて、生き方をもっともっと楽になるように変えていきたいと、計画を練り練りしています。

年度末総括の次はやはり次年度の方針(笑)。次回は次年度の方針です。

今年はもう少し方針をシンプルに、科学的かつ直感的に取り組んでみたいと思っています。

三朝温泉 その後レポート

aillis20151007122607三朝温泉湯治旅からはや2日経ちました。

今日は、三宿にある温熱療法と鍼灸を組み合わせた治療を受けられる「みしゅく夢治療院」での温熱療法の日。先生も三朝温泉の効果を楽しみにしていてくれました。

「みしゅく夢治療院」は基本は不妊治療を専門にしていますが、他の症状にももちろん対応してくれています。

山梨の温熱療法の先生からのご紹介でご縁をいただいたのですが、なんとスタッフの先生の1人が、昔カフェスローで一緒に気功を習っていた素敵な美人さんの友人♪こんな偶然があるんですね。

院長先生は聡明で明るくとても素敵な方で、化学療法を受けずに食事療法と温熱療法で体質を地道に変えていきたい私の方針に熱心に耳を傾けてくれ、理解してくれました。そして、とても自然体で応援してくれています。(おまけに先生も美人!)

細胞のプラス・マイナスの電荷の乱れを整え、細胞一つ一つの電子の回転を正常にしていくという特別な機械を使い、手作業でじっくり温めてもらいます。
私の場合は臀部から背中、ふくらはぎ、お腹を温めてもらうプログラムで治療してもらっています。深さ17センチまで届くという機械でじっくり内臓にアプローチしていきます。17センチだとつぼみさんは薄いから貫通しちゃってるかもねと笑われつつの極上の1時間。受けている間中内臓がゴロゴロゴロゴロ華やかです。そして最後は鍼治療でしめくくりです。

温熱の機械は、詰まっている経絡や内臓の場所に来ると、ときどきピリピリ熱く感じます。(実際に肌に触ると熱くないのに。)今回疲れていたのは、長距離移動で頑張った臀部(笑)…あ、熱い、臀部のどこもかしこも…(>_<)

もっともだ、よく頑張ったよね、臀部さん。だって行きは12時間、帰りもバスや待ち時間を含めて8時間座りっぱなしだったもんね。お肉が落ちて骨でゴツゴツになったロークッション状態で、長距離移動に耐えてくれた臀部さんに感謝です(^^;;

そして、肝心の冷えや内臓は…とても改善してました*\(^o^)/*!!

特に免疫力にも関係がある脾系がとてもとても改善したとのこと、そして、冷えもかなり無くなってきていたのは、自分でもとても実感しました!

何より肌艶がすごく良くなったと言っていただき(父親にも言われました(≧∇≦))、行った甲斐、豆とカボチャだけでデトックスを頑張った甲斐があった(T ^ T)、うれし〜!とテンション上がりまくりでした(笑)。

今日は元気になった身体で何を食べようかしら(やはり、これ(笑))。軽くなった下半身で軽い足取りでお買い物です。

ちなみに、東京に帰った日は地元の自然食の草分け「でめてる」で、次の日は都内に行ったためチャヤマクロビ新宿で、ごはんを食べました。

プロは本当にうまく、綺麗に作っていて、感動ものです!

でも♩やはり一番幸せなのは、台所で野菜と向き合い、語りかけ(本当にやっている姿をohanaに目撃された(笑))て、野菜と呼吸を合わせて作ったぼあぼあメニュー。aillis201510191825396

何せ帰ったその日に咲耶姫パンを仕込み、自家製ドレッシングを作り、ディップを作り…どれだけ料理したいん(・・;)?と自分で突っ込みを入れてしまいましたが(笑)、とにかく作ること自体、お野菜と台所で一緒にいること自体が楽しいし、元気になるのです♪(ある種の病気だと、整体の師匠に呼ばわれています(u.u;))

IMG_1413こんなメニューを食べながら、また東京の暮らしが始まりました(o^^o)

今週からは、なんのかのと逃げ回り避けまくっていたウオーキングをついに始める予定…(;^_^A。

ま、まずは形から、とシューズやブルゾンを買い、不退転の??決意で自分を追い込んでいます(汗)。こちらはまた報告させていただきます。

ありがとう、三朝温泉。
ありがとう、サポートしてくれたohanaの皆様。
そして、ありがとう、身体。また今日から一緒にがんばろうね♩

So far So good 此処までのところ、すこぶる順調なり♪

FullSizeRender (78)暑さ寒さも彼岸までのはずですが、今年も残暑のないまま秋に入りましたね。

ここから深まっていく秋、そう、冷えの季節の到来です。お彼岸を機に私も身体の方針を少し大きく方向変換するタイミングを迎えました。

シコリんが進行性の大きな乳がんと分かって、食べ物をはじめ生活全般を大きく変えてから五ヶ月が経とうとしています。

野口整体の師匠の指導を指針にやってきたここまでのセオリーは、身体をぎりぎりの状態に持っていき、肝や脾臓にショックを与えて目覚めさせ、最大限にその力を発揮できる方向に身体を持っていくことでした。

そのためにファスティング(断食)で8キロ体重と脂肪をまず落とし、塩、油、肉、精製食品などを極力控えて 「最小限から最大に吸収できる身体」 を作っていくという方向でやってきました。(ついでに血液もさらさら、腸内をきれいにしていく→美肌も一挙両得で目指してきました♪目指せシミゼロ。来春には・・・))。

自宅での食事療法のほかに、ハーブサウナやハーブボウルを使ったセルフ温熱をする、血液を綺麗にする漢方を飲む、仕事を今までの半分に減らす、人参ジュースや大量の野菜でカリウム値や酵素を増やす、そして、何より考え方や生きかたをsimple and gorgeous なものにしていく、ということを心がけてきました。

自称美食家で誰よりも食べることが大好きだった私には、特に食事面FullSizeRender (76)ではなかなかハードでドラスティックな五ヶ月でしたが、先日整体の師匠からようやく、「身体をよくここまで変えてきたね、変わるもんだなあ。ここからは肝機能を高めるところにフォーカスする指導に変えます、次の段階に進もう」 とのコメントをいただけました!塩も、増やしていいよ、とのこと♪ウ、ウレシー(≫.≪)。

普段お世辞を言ったりしない、静かなのに宇宙で一番厳しい師匠の言葉だけに、泣けました。(つぼみさんには、一番きつい厳しいコースを歩いてもらってるからね、との若干気になるコメントも。誰がいつ、そんなコースをリクエストしましたっけ?師匠(@.@))

山梨でお世話になっている温熱の治療院での細胞波動検査の結果も、乳がんの反応は出ているけれど、全身はとてもがんばっている状態でした。

ここからは少しストイックな過し方から、食事も過し方も身体をぽかぽか温める方向に方向変換。身体も心も、この決定に大きく、全身で agree♪と叫んでます(笑)。

がん友のりんりんの言葉を借りると、竹取の翁ならぬ、冷え取り姫モード全開だー! また大好きな情報リサーチに火が付き(笑)、様々な情報を身体と相談しながら精査した結果、この秋冬に取り組むことに決めたのは下記です。

○ラドン温泉であっため食っちゃ寝の5日間一人合宿FullSizeRender (73)

○朝生姜、80度生姜レシピで美味しく温め食生活

○42度入浴法でヒートショックプロテイン全開に

○湯たんぽでほっこり温め

○治療院での極楽温熱療法

○自分でできる気功を朝、そして歩きながら

○鍼灸師の友人に教えてもらったツボにセルフ温灸

などです。

現在のところ、体重39キロ、体温36.8度~37度、ニンジンジュースでちょっと手や顔が黄色いけど黄疸などはなし、お通じほぼ快調、シコリんは増えずに現状維持、そして、なにより、今までにないくらいすっきり元気です(駅の階段を息がきれずに快調に上りきれることが一つの目安です)♪

ここまで、山ほどあったはずの言いたいことを飲み込んで、私のやり方を尊重してくれ、私がストイックになりすぎるときだけアドバイスをくれ、サポートしてくれてきたOhanaに本当に本当に感謝です。心から、ありがとう。

秋のお彼岸を起点に、春のお彼岸まで、また体質改善、Enjoyしてまいります。

心からaloha mahalo