愛すること を 再び フロム先生に教わりました

保育士をしていた20代の頃に読んで、わかったような気持ちになっていた著名な心理学者に、エーリッヒ=フロムがいます。

フロイト、ユング、エリクソン、ウィニコット、マズロー…さまざまな心理学者の著作を自分なりに読んで、その時は、それぞれにそうかそうかと納得したり、開眼したつもりになっていたりしましたが、今回ご縁あって久しぶりに出会ったフロムさんにはカウンターパンチ、パラダイムシフト、オセロをひっくり返されたような驚きをもらいました。

フロムの名著『愛するということ』を解説している鈴木晶さんの解説に、こうありました。

「フロムは、愛を与えることは自分の生命を与えることだと述べています。

ここで言っている生命とは「命」のことではなく、「自分のなかに息づいているもの」のことです。

相手に対して「自分の喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなど、自分の中に息づいているもののあらゆる表現を与える」ことが愛だとフロムは言うのです。」

愛すること 与えること は 物心ついた時から自分の中でずっとテーマでした。

 

幼少期の海外で、貧富の差や不平等、差別などを目の当たりにしたことも、その傾向に拍車をかけました。

その後の保育や子育て支援、体のケアの仕事を始め、家族、パートナーとの関係においても、そのテーマにはずっと向き合い続け、自分は偽善者なのか、マゾヒスティックな愛情なのか、たんなるナルシシズムなのか、犠牲者コンプレックスなのか、と何度も何度も、数え切れないくらい検証して、突き詰めた時代もありました。

夢中になってしまい、自分自身の心身の健康を後回しにしてしまう癖はもはや鍛え抜かれた筋肉反射のようなもので、シコリんを授かって人生を生き直しても、やり方を変えようとしても、どんなに理性でコントロールしようとしても、その部分を変えるのは不可能なことに最近気づいて、ションボリと膝を抱えて横になっていじけていました(笑)

 

けれど、この一文は、カウンターパンチでした。何度も何度も、スローモーションで観たいくらいの衝撃の瞬間でした。

そうだったのかー((エコー)かー、かー、かー…)

命やエネルギーを、文字通り 母の乳のように与えるのではなく

自分の喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなど、自分の中に息づいているものあらゆる表現を 与えるのか。

なんたる衝撃。20年前に読んでいたのに(笑)!

何に対しても全力で、手抜きが出来ず、夢中になってやってしまう性分は変えられなくても

愛すること、与えることの 内容を「命」「生命エネルギー」から「息づいているもの」にシフトすることはできるかもしれない。

そうすれば、この絶え間ない全身疲労感、気虚、血虚、腎虚感もきっともう少し和らいで、爽やかで、バランスの取れた日がもう少し増えていくかもしれない(笑)。

希望が湧いてきました。

ありのまま 全くの自然でいることと 全力で愛し与えようとしてしまうところの 中間の、 いい按配 が見つかりそうな予感がしてきました。

110C7EEC-773B-4B98-A0D5-40F10536D852

 

 

 

 

「変わらない願い→実現済み」=「新しい願い→やっぱり実現♪」

IMG_8343
はなも つぼみと一緒に寝正月

晦日から元日にかけて、バタンと心身がダウンしていたため、あまり出かけず家にいました。

その間、この10年ほど前からの手帳やメモ、新年の抱負などを読み返していました。

驚いたのは、10年前から、文言や言い回しは進化しているものの、望みや願いが同じであること(笑)!

そのほとんどが、内面の成長や世界平和、自然と人間の共存について何かできる人間になれるように願ったり、誓いを立てたりしているもので、思い返すと、小学生の頃から全く変わっていないことを実感。IMG_8344

良いのか悪いのか…(^_^;)。うーむ。

そして、もう一つ驚いたのは、世界や社会の動きは別としても、個人的なことに関してはほとんどが叶って達成されていること!

中には20代後半に書いていたこんな文言や…

「いのちの神秘を体験し、一人いのち研究所/ラボを立ち上げる」

(確かに、この2年と9カ月は、いのちの1人ラボだった…(・・;))

 

また、乳がんとわかる10年以上前に書いた、こんな文言も。
これには、心底びっくりしました。

↓↓↓

「もしもわたしが、家族や多くの人が怯え恐れているガンになったら、上手に向き合って、ガンが怖くないことを家族や友人に伝える」

いやはや…

本当に、全てが、自分が心底願った通りになることを実感し、驚いた新年でした。
(それにしても、ここまで身体を張って実現せんでも…と、自分の泥臭さに驚き呆れます(^_^;))

世の中ではこれを「引き寄せの法則」と呼んだりするのでしょうが、いずれにしても、自分が心の奥底で願ったことは、忘れた頃にきちんと、100%実現するということを身をもって実感しました。

 

最後に一つ驚いたのは、自分自身の経済的な安定や社会での成功などが全く書かれていないこと!(笑)(@_@)

清貧こそ美しいと信じ込んでいた少女時代のままの私に愕然(笑)。

理想100%の、もののけ姫のようなエネルギーで書き綴られたメモ達に、愛しさと苦笑が込み上げてきて、そんなアルテミスような自分をぎゅーっと抱きしめました。

幼くも、純粋で、一直線で、愚直だった今迄の人生。その人生に、優しく幕を下ろして、次のステージに向かう時を迎えています。

ガンになってわかったことの1つは、いのちのことだけではなく、多くの人にとって、病気をした時の悩みの一つは経済面です。

わたしは治療しない選択をしたので、治療費の代わりに食事療法や仕事を減らしての養生に入りました。
その間、独身バツイチでセラピストのわたしを、経済的に支えてくれたのは70を過ぎてもなおボランティアや仕事を続けている精力的な、幾つになっても大木のような父。

ありがたくて、涙が出ます。

そんな父の脛をかじり倒さないためにも、転移がなく、乳がんとの共存の仕方を覚えたからには、今年そのメモ達に書き加えるのは、理想だけではなく、もう一つの大切な車輪、経済的な自立です。

理想がないと死んでしまう人間なので、世界の子供達の教育、自然と人間の共生、人間による自然破壊や殺処分を減らす活動など、支援したい活動は多数。

となると、自立プラスαで経済的なゆとりや、豊かさも、この先の私の人生にはmustです♪

かと言って、生れつき体力がなく、丁寧に暮らさないとシコリンがまた張り切り出す体で、かつ元々ガツガツできない、ビジネスライクになれない人間であることも確か。

ここは、知恵を使いながら、宇宙の智慧と流れに身を委ねきってやっていくしかなさそうです。

そんなわたしには、過去10年間のメモに書いてあったことがほとんど叶ってきたことは、何よりの励ましになりました!

お金をしっかり稼いで、それから精神的ゆとりや豊かさを…という普通の、世間的な流れとは真逆の流れを生きている私ですが(笑)、2018年からは大きく変化していけそうな予感がしています。

2018年も、引き続き、シコリんとつぼみ(と はな)の旅におつきあいくださいませ。

よろしくお願いいたします。

A6AD811E-89F3-4338-ADA3-BD22754ACFA3
What a wonderful world !