喜びの朝

嗚呼!ついに、ついに、憧れのこの日が来た。この新しい門の前に立つことが出来た(๑˃̵ᴗ˂̵)

そんな喜びでいっぱいの朝です。

それは、更年期が始まったと身体が教えてくれたこと(笑)
嗚呼、嬉しい!
嗚呼、なんて素敵!

思えば、私の自己内省の旅、自分の女性エネルギーとしての女神のエネルギーと向き合う旅のきっかけは、12歳の時から毎月毎月やってきた月経の波でした。

保育士をしていた20代半ばに、その波にとても意識的になりました。
昨日は「いいよ、いいよ、こぼしても。先生がちゃんと拭いてあげるからね」なんて、菩薩のような保育士だったかと思うと「なんでこんなにこぼして食べているんですか!!」と歯ぎしりしてしまう私とが交錯する月末…これは一体どういうこと??

母親としてではなく、プロの保育士として自らを客観視して子供たちの育ちの見守りをするとコミットしていた私には、当時それはとても興味を引くテーマで、もともと今は亡き三木成夫先生の生命論に深く共鳴していただけに、自分の月経そのものが私を自分自身へと、そして「命とはなんなのか」という私の中の終生のテーマへと導く定期水先案内人となりました。

IMG_0207現代の言葉で言うとPMS、ネイティブアメリカンで言うところのムーンサイクル、イナンナの冥界下り、そして、野口整体の創始者の野口晴哉のいうところの 「おんなである時期」の性の高低の波は、私の心身を翻弄し、乗りこなすのは至難の技!

時にハワイのビッグウェーブのような波は、腰が引けていたら命取りですらありました。

落とされるのではなく降りていくのだ、そう決めるまでは、毎月やってくるその闇は恐怖でもありました。
また、自分の中の闇に降りていく作業は、常に光を求めて生きて生きたい傾向の強い私には本当にしんどいものでした。

けれど、小田まゆみさんをはじめとする素晴しい女性たちとの出会いによって、女神のコンセプトやネイティブアメリカンのムーンサイクルの考えに比較的早くに導いてもらっていたため、この作業は女性の持つ真のいのちの力や賢さ、智慧に近づくための、避けては通れない通過儀礼だと自分に言い聞かせて、15年近く向き合ってくることとなったのでした。

そこへ、シコリんこと乳がんの降臨。

ますます、内なる女神との対話は、生命とはなんなのかという根源的な問いに向かって深く深く降りていくこととなりました。

時に打ちひしがれ、時に光のステージに躍り出て…の七転八倒のダンスの模様は、このblogにお恥ずかしながら綴ってきた通りです。

そして、この春、あれだけ毎月正確にやってきた月経の乱れと小停止、動機や息切れ、さらには先日から始まったホットフラッシュをもって、私の身体はムーンサイクルの最後の相に入ったよというウィンクを送ってくれました。

幸いなことに2年前から食事や生活の仕方、考え方、暮らし方を女性の身体にとっての「快」の方向に大きくベクトルを変えてきていたこともあってか、精神的な波はむしろ以前より穏やかで凪いでいます。

そして、女性ホルモンの波に翻弄される前の少女の時期にように、受信は私の感受性のアンテナのみ限定され、その精度は増してきています。IMG_0208

これからは、自分の月のサイクルを精神的に内包したまま、次世代の女性のサイクルを厳然と見守ることのできる「聖なる老女」の域に向かう扉の前に立つことができた気がして、嬉しくて小躍りしています(笑)。

達成感、安堵感、解放感、開放感…そして、次なる旅がはじまる静かな興奮でいっぱいです。

ありがとう、私のムーンサイクルと、その最後のステージの到来。
心から、喜びを持って、熱烈歓迎!です♪

閉経という、ムーンサイクルの最後の相をここから楽しんでいきたいと思います。

豊かな時間へ…

image今日から沖縄に行きます。

前回の母とのほっこり幸せ癒し旅で閃いたアイデアを沖縄で形に出来ないか、沖縄の友人達に知恵を借りに行く旅です。

私にとっての乳がんは、天からの預かりもの、授かりもの…前回の旅で、ふと、わかりました。

シコリンの存在は、神話や物語のヒロインが大人の女性になるために通らなくてはならない通過儀礼の旅の中で出会う、カエルや森の妖精、賢者や老女が授けてくれる様々な道具やマントや知恵に当たります。

理想主義者で完璧主義、自己抑制が強く自己犠牲的…。努力をして、前向きで、社会的な優等生を目指すこと以外を切り捨てて来た生き方。

父の娘(社会の要請や願いに応える性質)である無血の女神アテナは、勇者ペルセウス(アニムス、自分の中の男性性)を使って自分が葬った闇の部分とも言えるメデューサに対面させ、その打ち取った首に再び対面します。そしてメデューサの力を自分の盾にそれを再統合して、真の力を身につけます。

この一年半は、私自身が抑制して葬って来た生の感情や恐れ、不安、恐怖、自己憐憫、被害者意識、欲望、そして、逆説的ですが、ずっとしまっておいた柔らかな女性性とも向き合う時間でした。

時にそのあまりの生々しさに打ちのめされながら。時に自分の中の毒に全神経が麻痺しながら。時に孤独に引きこもりながら。時に自分の中に少女の頃からそのままタイムワープしたようなガラスのような繊細さに驚きつつ。

そして少しずつ、少しずつ、なかったことにして来た自分と対面し、向き合い、肯定し、もう一度その自分を再統合する旅を続けて来ました。

そんな旅の中で、シコリンこと乳がんは、私の中の深い深い森にかすかに響いている声に耳を傾ける耳となり、もう起き上がれないように思える時に叱咤激励する女神となり、希望が見えない闇の時間を照らす光るクリスタルとなり、自己抑制を解放する鍵となってくれた気がします。

また、優れた教師でもありました。

食べること(生きること)の意味と料理を教え、身体のケアの仕方を教え、いのちの泉のありかを教え、おいのちさんと私を隔てている壁の壊し方を教えてくれました。

そして気づけば、死ぬことも生きることも恐れなくなっている私、以前より柔らかいのに以前の何倍も強い私、繊細さや柔和さと剛毅さと大胆さがいい塩梅に共存している私、本当の意味の犠牲と献身を理解し始めた私がいます。

アテネとメデューサが統合したように、天上の女神イナンナと冥界の女神エレキシュガルの力が1つになったように。

これからやろうとしていること、食のこと、女神の勉強会のこと、産前産後ケアを多くの女性にシェアしていくこと…それに相応しい覚悟が出来ているかどうか、女神に愛された島沖縄でのスーパームーンで、自分とおいのちさんにもう一度問いかけて来たいと思います。

旅のお供には、世界で一番頼もしく、勇ましく、そして熱いハートを持つ、30年来の親友が来てくれます。

2人とも、それぞれに意義深い、そして、豊かな旅になりそうです。