新人類?的 人生観?

img_5571今の時代は、新しい人類の時代を迎えていると言えるそうです。

自然の摂理の中では生まれることがなかった命が、遺伝子工学や様々な科学の力でこの世に生まれることができる…それは、生物の長い歴史の中でおそらく初めてで、私達が考えている以上にもの凄いことなのだといいます。

遺伝子工学ほどの大きなことではないけれど、私も、なんども辛い流産を繰り返して、それでももう1人産みたいと願ってくれた母に、お医者さんが流産止めとして処方した黄体ホルモンのおかげで(世界では多くが使用禁止になっているけれど、日本では当時はそれが最先端でした)、ようやくこの世に生を受けました。

そのことを昨年母に聞いて、心がとても落ち着きました。母はそのせいで私が病弱で乳がんになるきっかけにつながってしまったのではないかと思い患っていたようですが、私の反応は「なかったはずの生、なかったはずの人生を体験してるってことだな、これはすごいことかも(o^^o)。私も謂わば、新しい人類なんだ」でした(笑)。

と、同時に「スーパー原点」に立てた気がしました。

多くの人は、もの心ついたらいつの間にか生まれていて、その生を自分のものとして、当然の権利のように感じて生きているのがデフォルトだと思います。

だからこそ、病気になったりするとその当然の権利が奪われたように感じて怒りや悲しみが湧いて来たりします。また、自分自身や人生に、生きていること以上の大いなる期待をかけては失望してを繰り返し、常に常に走り続けることになるのかもしれません。

でも、科学の力を借りて、生まれるはずがなかったところを生まれてきて、この世を体験しに来てる…と思ったら、それ以上の期待がなくなり本当に気楽になります。

そのまんまの私で世の中を面白がって体験出来る私でさえあれば、おいのちさんも大満足!

シコリんこと乳がんも、仏様からお預かりして生まれた体験学習プログラムの一つ。それがベストタイミングで始動しただけ…そう思っています。

生命倫理、科学の力を借りて生まれるいのちの行く先やその賛否を論じることは私には到底できないけれど、少なくとも私は、その当時のお医者さんの処方も科学の力も、その中で私が生まれたこともまた、仏様の大きな計らいの一つだなと感じています。

その生の中で、何を為すか、ではなくて、逆に気負わず、力まず、計らわずどれだけ大きな安心の中で生きるか。そして、ほんの少しの欲(私の大好きなオハナの口癖で、達観気味の私への素敵な提案です)を楽しみながら生きたら、大合格、な気がします。

今日も、そんな1日が始まりました^_^

 

 

 

出雲国にて

img_5485

昨年から今年の頭にかけて「期待をしないと言う贈り物」があることを知りました。「ありのままをそのまま愛する」と言う無条件の愛と、それの持つ力を体験することができました。

すると、今まで私がこの人のあり方はいいな、一緒にいると力が湧くな、と密かに思っていた人たちは、そんな愛情の示し方を知っている人だと気づきました。(今回出雲国にご招待してくれたohanaのまきさんは、まさにそんな素敵な人^ ^)

そして、このさりげない、けれど、宇宙で最もパワフルな愛情をそっと差し出している慎ましやかな人たちが、あちこちにいることに気づくようになりました。

誰かの期待に応えなくては…

役に立つ人間にならなくては…

前に進まなくては…

何かを生み出さなくては…

そんな自分自身への期待からも自由になることができました。

すると、子どもの頃から絶えず感じていた焦燥感や急き立てられる感覚から解放されて、心が静かになり、ぽかんと空いていると思っていた心の穴が幻だったことに気づきました。

「代償」と呼ばれる、その穴を埋めるための様々な計らいから自由になって周りを眺めて見ると、そこには、ぽかんと晴れた空(くう)しかありませんでした。

ぽかんと晴れた空には、いのちの泉が湧いていました。

いのちの泉に身を置けるようになった毎日は、喜びも悲しみも、全てがキラキラ形を変える万華鏡のようです。img_5522

44年かかったけれど、こんな風景に出会えて良かったなぁ…(๑˃̵ᴗ˂̵)

シコリんを含めた全てのご縁に、ありがとうございました、そして、こんな万華鏡の眼鏡を持って、これから出会う全てのご縁を喜びながら生きていけますように…昨日からご縁あって訪れている出雲国の、出雲大社様に手を合わせて来ました。

 

懐かしい 永遠の 満月

今日の満月は、また格別に満ちていて優しい感じです。

私の星座、蟹座の満月だからでしょうか、とても身近に、懐かしく感じます。

私のこれからの人生には、大きな目標や目指すべきゴール、あるべき姿になろうとすることも、コントロールしようとすることも、頑張ることも…もう必要ないことが、深いところで腑に落ちてから迎えた初めての満月。

img_5315
今日おいでになった お地蔵さん

力まず、計らわず、そのまんまの私で、シコリんのことも、あるがまま。仏性の中に生きていることに安心して、目の前に置かれたご縁に、精一杯のalohaで向き合うことだけでいい。

満月を見ているとそのことが、細胞ひとつひとつまで、エネルギーの一粒一粒にまで浸透していって、とても満ちた感覚です。

もちろん、月と同じサイクルを繰り返す女性でありまして、これからも満ち欠けを繰り返すのですが、今日の、この日の、この満月の夜は、永遠にどこかの記憶に残る気がします。

お月さま えらいな

櫛のようになったり

鏡のようになったり

はるなつあきふゆ

日本中を照らす

昔、たくさんの子供達に歌って寝かせた子守唄を歌いながら、しばし、静かに月を眺めています。