Himself he cooksなるつぼみ キッチン

0763C225-4F39-4530-B8A0-75B3ED8BE3C4Himself he cooks.
それは2年以上前に観た、インドの黄金寺院の無料食堂の壮大なドキュメンタリー映画で出会った 言葉であり、世界観です。

検査結果がとても良かったことを受けてこれからの食事をどうするかを考える中で、また食のことを考えさせられる出来事が重なったので、改めて自分にとって食、料理、食べること、いただくことってなんだろうと考えています。

そして、冷蔵庫に2年前に貼ったHimself he cooks.という言葉と世界観を、改めて想っています。

日本名で《聖者たちの食卓》と題されたドキュメンタリー映画は、一日に何万人と訪れる人々にお腹いっぱい食べてもらうために、一日10万食を用意する無料食堂の一日を追ったもので、何百人のボランティアの人々、それを統括するマネージャーが一丸となって、運ぶ、刻む、丸める、焼く、煮る、盛る、清掃する、洗う、洗う、洗う…そして、訪れた人々は階級を越えて老若男女が隣り合い、食す、食す、食す。

それは、もう、ハリウッドのアクション映画などを軽く越えた、ど迫力のドキュメンタリーで、全ての概念を覆されるものでした(笑)。

その入り口にかけられている言葉が Himself he cooks.

神である植物を 神として料理し 神である人々に供する。そして、神としていただく。

なんて、アメージングな世界観とその実践!
衝撃的でした。

以来、ずっとその概念が頭を離れず、そうか、そうなのか、と呟きながら毎食毎食を 植物という神を、自分という神が 自分という神のために料理して、神としていただく…そんなイメージで2年間狭い台所で作り続けて来ました。373A52B3-31D6-4682-9F12-AC58EFE11909

だから、人に食べ物をお出しする時も、Himself he cooks.

作っている時も、みんなが食べいる姿を観ている時も、自分が命の循環のパイプになっているような、とても妙なる気持ちになります。

そして、それは、食べ物だけにとどまらない概念なんだなと思います。

例えば、わたしの仕事である ハーブを使った産後ケアのユーファイ。

タイの山奥のオーガニックの畑で作られたハーブ(神)を 神として 神である産後のお母さんを マッサージします。そして、お母さんも神としてゆったりとそれを享受しています。その横で、生まれたてピカピカの神である赤ちゃんが寝息をたてています…そんなしあわせな 時空を越えた空間が出来上がっているのです。

生活の全てがそんな循環であることを意識できれば、それはとてもスピリチュアルな生き方なのかもしれませんが、そこまでは聖人ではないのでなかなかできません。

7B292E38-7E8D-44CA-8B09-07B465E3B516でも、してあげる人としてもらう人、差し出す人と受け取る人 という二項を超えた概念で 食事を作り、仕事をすることは、わたしの心身をとても健康に保ち、高めてくれることは確かです。

Himself he cooks. で今日もユーファイに向かいます。

 

2018年もよろしくお願いいたします

2018年が始まり、はや7日。

七草がゆの日を迎えています。

おかげさまで、今年も元気に迎えることができ、ありがたく七草がゆを啜っています。

昔はこのシンプルな美味しさ、奥深さが分からない 味覚をしていたなぁとしみじみ思います。

お塩と出汁で作ったシンプルな七草がゆを、昆布と椎茸の煮しめをお供に、今日は白米でいただきます。

年末は心身ともに深海に沈んでいましたが、年が明けてからの心身の穏やかさ、静けさ、そして、静かなのにどこか賑やかで華やいでいる感じを味わっています。

乳がんとわかってからセーブしていたロミロミや整体を解禁にしまして、12月はおかげさまで満員御礼の毎日だったので、食べるものや食べ方がぞんざいになってしまいました(・・;)

それが30、31日に深海(というよりもう、海溝!)に沈んだ原因だなと反省しています。

相変わらずオンかオフしかないところ、そして全力、全開以外のやり方がわからない人間なのだということを改めて実感。

(もう少しスマートにできたらなぁと、ないものねだり(笑)。でも、そんな自分も受け入れないとですね)

自分のために手をかけたマクロビ御節と、七草がゆで、身体がみずみずしく生き返っていくのを実感した年の初めでした^ ^

今年もいのちあるもの・めぐみを、丁寧に、感謝して作り、味わっていただいていこうと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

そして、オン オフしかないのなら、オフの日をきちんと作りながら、バランスをとっていい一年にしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします(๑˃̵ᴗ˂̵)

D6678FC2-5EAB-416F-8D3D-BB6DC19BAD12

大丈夫列車

「大丈夫列車に乗ってるんだから、大丈夫。
今も、ご縁のあるみんなで同じ車内に乗り合わせながら、
大丈夫路線を走ってるんだよ。
行き先は、どこをどう通っても 大丈夫駅。

だからね、この瞬間も、全部、大丈夫なんだよ」

 

先週友人と話しているときにぽろっと出た言葉。

大丈夫列車、という表現がコミカルだったためか、私の話し方が可笑しかったのか、友人は大笑い。
不安について話し合っていたので、その雰囲気が笑いに変わりました。

 

以来「大丈夫列車」

マイブームです(笑)。

 

世の中は怖いところで、悲しいことや苦しいことがたくさん。

不安要素に満ちた海で、泳ぎ続けないと死んでしまう修行の場。

30代の前半まではそんな世界を生きていた気がします。

 

激動の30代半ばから42歳までの旅。

42歳でシコリンという大きなギフトをもらい、ようやく見えてきた、新しい風景、新しい感覚。そして、どこかで知っていたような、懐かしい感覚。

 

それは、誰もが、大きな大きな、「大丈夫列車」に乗っているということ。

車内で様々なドラマや感情、気づきや学びを体験しながら、でも大枠では、全員が大丈夫列車に乗っていて、例え路線変更したとしてもそこも大丈夫路線。

万が一脱線しても、自動的に大丈夫駅に向かう、柔軟性の極めて高い(ある意味行き先は変わらないので柔軟と言えるかわからないけれど(笑))大丈夫列車。

車内でのドラマや出来事がどんなに騒々しく、ドラマチックで、さまざまな波乱があろうとも、列車は呑気に大丈夫駅に向かって悠々と走っています。銀河鉄道999のように、見えない宇宙の路線の上を、ちょっと呑気にゆったりと。

だから
今も、この瞬間も

私も、あなたも、大丈夫。

ゆったり呼吸をして、車窓を楽しむのも一興であります。

 

 

ありがとう おやすみなさい また明日

IMG_7590いのちの不思議に触れる喜びを体験した1日。

たくさんの人たちの笑顔が見られた1日。

この道で良かったんだなと確認できるような 嬉しい出逢いと 対話。

 

1日の終わりには

イベントのお土産の美味しい野菜寿司とお味噌汁。

暖かいお風呂と心地よい部屋。

はなちゃんのスヤスヤの寝息。

綺麗な綺麗な三日月。

大好きなソフトジャズを流しながら

目を瞑って気持ち良く活元していたら

生きてるのが嬉しくて嬉しくて

笑いがこみ上げてきました。

私を生かしてくれる全てに
ありがとう。

私につながる全てに ありがとう。

おやすみなさい。

また明日。

IMG_7588.JPG

 

久しぶりの 食生活紹介

3A32B45C-BDFE-4ECB-B7A2-C3C932653D0E

さて(おもむろに)

今日からまた始まる私のいのち元気元気生活ですが、

【このところ実践していて身体がとても調子がいい、ご機嫌なもの】

【この先取り入れてみたらもっと体が喜びそうなこと】

を書いてみたいと思います。

なんといっても医食同源なのと、私が食べること、そして野菜料理が大好きなので、食がどうしてもメインになるため、まず食から^ ^。

【このところ実践していて身体がとても調子がいい、ご機嫌なもの】

このところの食生活はとても安定してきていて、こんな風にしています。

…………………………………..

□朝一番でうがいした後、お白湯コップ1杯を、2、3口ずつすする

□朝 豆乳×手作り甘酒スプーン1×青汁×季節の果物×オリゴ糖ほんの少し をミキサーしたものを1杯

※これがびっくりするほど美味しく、身体も喜ぶんですわ。

□昼夜兼用で1食、もしくはお腹の状態次第で昼と夜に軽めに1食ずつ。

※18時前にはできるだけ食べ終わります。それ以降になってしまったら、思い切って抜くか、豆乳ミルクティにナッツをかじっておしまいにします。その時の朝の楽なこと!!

□旬のお野菜を人工調味料を使わずに美味しく調理したものがメインディッシュで9割。

□手作り麹生活、育菌生活

※すっかりハマっていて、手前味噌、ひしおを 火を止めた後に足すのがブーム。吉祥寺にある老舗のSOYBEANFARM はお手本です。

□炭水化物は10%以下くらい

※それ以上食べると眠くなってソファで寝てしまうくらいだるくなるし、朝起きるのがしんどいので、それくらいが今のつぼみには適量。

あんなに炭水化物帝王だったのに、人は変われるのだなあと我ながらびっくり。

□お茶は 枇杷茶、ラフマ茶、よもぎ茶、三年番茶などをローテーションして。

※大好きな紅茶も時々いただきます。

□その時々で身体が食べたい!と思うものを。

※それが一番体には必要だったりするのですが、今は海藻を身体がご所望。ワカメとアオサをもしゃもしゃ食べています。夏はローストパプリカ、昨年の今頃は里芋だった気がします。

□週末1日だけは友人と外食を楽しむ

※その時は、サラダを中心にして、腫瘍を小さくするという牡蠣フライを食べたり、白味魚を美味しくいただいたりします。今はどこに行っても(丼屋さん以外ならおそらく)ライス抜きで頼んでも変な顔をされないのがありがたいです。

□あんなに食べたかった小麦粉お菓子、おやつはほとんどなし

※先日試しに外食したときパンケーキを注文してみましたが、身体がギョギョギョーっとなって、ギュルギュルーーっとなって…(笑)。そしてあまり美味しく感じなかったので、「そうか、目は食べたいけど、身体はもう要らないんだねー」と実感しました。

………………………….

食生活で一番変わってきたこと、最大のポイントは

☆☆☆お腹が空いているタイミングで食べることと 腹八分目以下☆☆☆

あの大食らいだった私ですが、これがようやくできるようになってきました(涙)。
これが何よりの成果です。いやー、ここまで来るのが長かった(笑)。

「いつも、すこーし小腹が空いている状態の心地よさ♪」

これに慣れると、お腹がいっぱいだとまさに消化管が閉塞して窒息しているように感じます。

逆に、腹八分目以下だと風通し(実際は通っていないのかもしれないけど)が良くなったような感じで、なんとも清々しいのです。

これがこの2年半の食生活改善の大成果です。

精神的に満たされてきたことと、2年半かけてマイクロバイオータ、いわゆる腸内細菌叢がそんなバランスになってきたことの2点が鍵だと感じます。

おそらく同年代の平均よりも半分以下の量とカロリーのこの食生活ですが、朝のお通じは驚くほどてんこ盛りです^^;

腸内細菌たちが元気に活動なさってご昇天されたものたちが朝一番で出てまいります。これが腸内細菌が元気であること、そして健康であることの一つのバロメーターとのこと。

結構、朝、感動します、こほん∩^ω^∩

体温深部37度、腋窩36.7 度。身長162センチ42キロ。髪、爪ツヤツヤ、化学物質以外のアレルギーなし、タンゴを4時間踊れる体力あり。上々です。

 

【この先取り入れた身体が喜びそうなもの 身体がご所望のもの】

□冬野菜の自家製漬け物三昧(糠は苦手なので甘酒とひしおで漬けてみよう)

□モロッコ料理
※中東料理は実はスパイスと塩味、レモンたっぷりの無水シンプル料理が多くてヘルシーです。日本の旬の野菜を使い、そこにひしおとか味噌を隠し味にいれたら、オリジナルモロッコベジ料理になるのでは、とニヤニヤ。

□時々 お肉
※サナダ虫を飼い続けて有名な研究者の先生の説では、善玉菌だけでなく、悪玉菌もある程度いることが身体のバランス、マイクロバイオータが充実して私たちを元気にしてくれるとか。そのために、お肉もほんの少し、時々いただく方がいいそうです。たしかに悪玉コレステロールが異常に低い私。善だけではだめで、全部含めて愛してあげなくてはいけないのですねー(笑)。

そんなこんなな食生活ですが、ポイントはやはり、いいなと思ったら三ヶ月から半年、身体に聴きながら続けて、その状態でマイクロバイオータ、腸内細菌叢のバランスが育つまで根気強く待つことかと思います。
完全に体質を変えるにはやはり2、3年はかかるのだなと思いました。

あとはもう少し、生まれつき弱めの腎臓を強くして、血虚の体質を改善していけたらなと思っていて、そこは試行錯誤中です。

食生活以外のこと、続きはまた次回、おつきあいくださいませ。

 

 

 

28年ぶりの再会

母校の文化祭に行ってきました。

西荻窪にある女子校の母校は、私たちが在学していた頃(かれこれ27、8年前(笑))とはすっかり面変わりしIMG_0281、赤煉瓦のおしゃれな建物になっています。

1つだけ当時の校舎が残っているだけの、もう母校という面影のない母校ですが、テニスコートとホールだけは当時のままでした。

姪と母と一緒にその場所に立ち、賑やかに華やかに催し物をしている後輩たちをみているうちに、不思議なことが起こりました。

当時の私のエネルギーが、私の中に笑顔で入ってきたのです。

当時私は「クラスで候補を必ず一人出さなくてはいけない」の例のノリで候補者に祭り上げられ、個性派ぞろいの他の候補者の中で一番無難だったこともあり、期せずして生徒会長になってしまいました(せっかく陸上部に入って楽しくやっていたのに)。

当時の母校の歴代生徒会長は皆学業もトップレベルのスーパースター。眉目秀麗で弁も立つ華やかな人達でした。

いやはや、こりゃあ、大変なことになってしまったなと、当選を聞いたトイレの中で頭を抱えて、がっくりと肩を落としたのを覚えています(笑)。

そこからは見様見真似、七転八倒、仲間たちと1年間とにかく走りました。

尾崎豊が流行っていた頃で、自由 v.s 校則 の図式がまだ残る中、生徒と先生たちの(喧嘩腰含む)座談会をしたり、当時掟破りだった後夜祭を男子OKで解禁したり、伝統だった生徒会バンドをやめて先生たちに無理矢理バンドを組んでもらい歌ってもらうなどなど、今思い返すと、怖いもの知らずの1年間でした。

「やるべきことをきちんとやって、皆勤して、成績もきちんとしていますけど、何か?」尾崎豊とは違った路線でしたが、自分の目の前の社会である学校や、青春真っ盛りいつもエネルギーと不満を燻らせていた生徒の両者とがぷり四つに組んでいた(思い返すと顔から火が出そうですが)毎日でした。

「あの頃はなんでもできる気がしていたな。そして未来が全て手の中にあったのに」

と思わずつぶやく私に、母が隣でけたけたと笑いながら、追い討ちをかけるように一言。

「そうそう、答辞で『10年後、20年後の私たちを見ていてください』なんて強気なこと言っちゃってたわよー」けたけた。

むう…………(⌒-⌒; )  母よ。

 

そして、大きく深呼吸をした瞬間のことでした。

その頃の自分が、笑顔で私の肩を叩いて、振り向くと、私の中にすっと入ってきたのです。

大学に入ってからの失望の日々。

社会に出てからの現実との戦い。

子育ての現場の厳しさや働く女性たちの四苦八苦を見て、人を癒し、ケアすることに奔走する日々。

疲れ切り、傷つき、どこかで小利口になることを覚え、諦めの花の種を手に入れた自分の20数年間が、まるで靄が晴れるように消えて「あれ、私、今まで一体何をしてきたんだっけ?何に傷ついてきたんだっけ?」と、目が覚めたような不思議な感覚でした。

ノスタルジーが私に見させてくれた幻だったのかしら。

そんな風に思って眠りにつきましたが、一晩経っても、あの頃の私はしっかりと今の私の一部となって、ちゃんといました。

そして、私ににこにこと話しかけてきました。

IMG_0283「おはよう。私。目が覚めた?さあ、これで準備万端。一緒にまた飛ぶわよ。」

ちょっと、一呼吸置いて出てきたのは

「望むところ」

あの頃の私とタグを組み、シコリんという頼もしい指南役を抱えながら、雄々しく生きていけそうな気がします。

 

 

 

新年やめまして おめでとう

新年あけましておめでとうございます。
みなさま素敵な年末年始をお過ごしでしょうか。

私は新年早々やめました(๑˃̵ᴗ˂̵)!
いきなり新年早々、「やめました」宣言から始まりまして失礼します(笑)。

何をやめるかと言えば、(まあ、色々あるのですが、ブツブツ)12月頭から続けて来た炭水化物オフの食生活です。

心の底から一度決めたら、頑固にやり通す性格の私ですが…今回は 再び方向変換、実験中止、ギブアップ、言い方はなんでもいいのですが 、とにかく新年をもちまして炭水化物をやめるのをやめました(笑)。

img_5246
主食はアボカド

炭水化物オフ、ケトン食は、主食となる炭水化物を極力抜いて、タンパク質や良質な脂質や低糖質の野菜を摂ることで、余分な脂肪を燃焼する、免疫力をあげる、ガンへの糖質の供給を断つ、内臓疲労をとる、血糖値の上下を穏やかにする、など様々な効能があると言われていて、注目されている食事です。

私は免疫力が元々弱いのと、腎臓や副腎が弱いので、それを高めるために始めてみました。

私の場合はほぼベジタリアンの身体になっていてお肉はもう必要ないので(食べたいとあまり思わないし消化できない)、葉野菜と豆メインで魚を少しいただく数週間でした。

確かに…
炭水化物抜きでも食欲は満たされることが分かりました♪
あまりお腹も空かなくなり、どんどん胃が慎ましくなりました♪
血糖値が上がらないため、精神的アップダウンの高低差が一時期驚くほど穏やかになりました♪
シコリんも、少しだけ小さくなりました♪

これ以上減る脂肪はどこにもないので(笑)、43キロのままキープされ、逆に背筋が強化されました♪

img_5251
ケトン食も美味しく

でも…
なんたる喜び薄き、感動薄き日々だったことよ〜!!( ;∀;)

そして、お通じがヤギのようになっていきました( ;∀;)(←これが一番こたえました!)

体温も下がり、挙げ句年末は何かに逆切れ…( ;∀;)お皿が犠牲になりました。

一般的に、炭水化物を抜いていくと、セロトニンをはじめとする脳内ホルモンの分泌に影響するため、穏やかになる反面喜びホルモンが出にくいと言われていましたが、本当にそうなるとは思わなんだ(笑)。ヒデキ感激ならぬヒデキびっくり!(分かるあなたは同年代)

残念ながら私には向いていなかったと言うことなのだと思います。
野口整体で言うところの、上下一種型の私は、大の空想好き、頭脳作業大好き、理想主義、感動するために生きてます!人間で、それが私の個性なのですが、炭水化物オフの結果、空想の翼は折れ、頭脳作業は進まず、なんと私の人生のエンジンである「感動」まで薄くなり…

これじゃあ、私じゃないではありませんか!(ロボトミー状態だよ、ホトトギス(泣))

よしんば、この生活を何年も続けて、シコリんこと乳がんが小さくなる可能性があるとして、その時まで私は私として幸せに過ごせるのかしら。

誰が何年生きられるかなど、誰にも分からないこの世で、明日もしかしたら目覚めないかもしれないのに、私でいられないままの毎日の中である日ポックリ死んだら、後悔しない?…わけないじゃありませんか!

空想の翼も折れたまま、頭脳作業も中止、感動も薄いままで生きることは、私にとってはもちろんのこと、私のおいのちさんの本意ではないなぁとしみじみ実感しました。
(これを、まさに上下一種型と呼ぶのでしよう)

と言うことで☆

下手に免疫力をあげようだの、元気はつらつになろうだの、体質を改善しようだの、結果シコリんがなくなればいいだの…そんな欲とは、さようなら!することにしました\(^o^)/

img_5266つぼみがつぼみらしい個性と感受性のまま生きて、いただいた天寿を全うすること。

それだけを目指せばいいのだと、改めて気づかせて貰いました。

それに気づかせてくれた炭水化物オフダイエットよ、ありがとう。

と言うことで再び
○基本は以前の玄米菜食1日2食(炭水化物はそのうちの一食)に戻して
○今とても興味がある二十四節気に合わせた食材と料理法を取り入れて
○相変わらず好きなアーユルヴェーダの料理やスパイス料理研究を楽しみながら
○再び体の声だけを聞いて
○時には羽目も外して人生を謳歌しながら

ビバ!私に合ったオリジナルのつぼみ食堂!(笑)でやって参ります。

本年もよろしくお願いいたします☆

みなさまに
たくさんの素敵な出来事とご縁がある一年になりますように…

早くもケトン体が

img_5178玄米や小麦粉などの主食を減らしての5日目、早くも2キロ落ちました(笑)。

ケトン体が出はじめたのが分かります。

なぜわかるかって?

それは、小さい時に常用していた抗生物質を排泄したくて、断食やファスティングを30代前半から何度も繰り返してきたので(むしろ好き(笑))、肝臓と脾臓が緊急自体と判断して腫れて来る感覚、そこから今ある脂肪などを燃やし始める感覚を何回も体験しているからです。

ちょっとした吐き気、お小水の甘酸っぱい匂いも合図の一つ。(月のものの最中にファスティングをすると、経血も甘酸っぱい感じになります。これは女性ならではの気づきかも)

多くの人はここで危険を感じてやめてしまうのだけど、この感覚が実はスタートの合図です。

よくふらふらになる、頭が働かず生活に支障が…と言うけれど、私はかえって頭が冴えてきて、身軽に動け、体温も上がります。

私の場合はダイエット目的ではないのだけど、ケトン体が出始めたことで、シコリんこと乳がんへの糖質の供給も途絶え始めたサインなので、やはりウレシイ(^o^)

ココナッツオイルを使うことで、ますます脂肪の燃焼をあげるので、大好きなココナッツオイルやアーユルヴェーダの食べ方が活きてきます。img_5179

ケトン体をなるべく早く代謝するためには、運動と汗をかくこと。と言うわけで歩いてお買い物に行き、帰ってきたらセサミオイルを塗ってハーブサウナでひと汗。

ぜいたくな 「セルフアーユルヴェーダくらし」です(๑˃̵ᴗ˂̵)

炭水化物よ しばし さらば

38503a70-230e-4500-997e-0acd45d0cb3f
ケトン食  充分幸せ ホトトギス( ^ω^ )

 

前略  炭水化物様

私がどれだけあなたを好きで、私がどれだけあなたに依存していたか…親しい人達は知っています。

食事療法を始める前は、焼きそば、ラーメン、お好み焼き、肉まん、おにぎり、パンケーキ、丼ぶりもの、白玉、すいとん、パスタ…そのどれかが主食で、副食もそのどれかでしたね。

お好み焼きを主食に、ラーメンを副食に啜るひと時は幸せでございました。

食事療法を始めてからも、全粒粉と玄米を使ってあの手この手、パンケーキからパスタ、餃子の皮まで手作りして、あなたとのご縁を繋いで参りました。

そして、しばし涙涙のお別れ(「え、代わりに魚が食べられるなら、てへへ」と思わずワクワクしたことは内緒にして)…

4日めを迎える今日、あなたなしでも大丈夫な自分に、驚くやら、安心するやら。

大豆系の豆類をいただく際、また、たまに蕎麦をいただく際に、あなたとちらりとお会いすることは出来ますが、シコリんが作業の邪魔にならない程度に小さくなるまでは、少しの間あなたなしでもやっていけそうです。

またお会いできる頃には、きっとあなたともいいバランスでまたお付き合いできる気がして、今から楽しみです。

愛しの炭水化物様。

また会える日まで

いまはこれまで…(`_´)ゞ

 

 

食事 少し変えてみます。ワクワクです(*^_^*)

食事法を変えてみようと思います。

一年半続けてきた玄米菜食から、野菜中心&魚・鶏肉も適量取り入れた炭水化物お休み食に切り換えてみようと思います(*^_^*)。

玄米菜食で体内は本当に綺麗になってきました。

いつも吹き出物が出ていた肌は全く吹き出物が出なくなり、快便過ぎるほど快便(笑)。

昔からの胃痛や胃もたれもなくなり、体内環境は着実に良くなって来たなぁと実感しています。

これからは、免疫力アップ、おいのちさんニコニコ元気路線を、また感覚を頼りにのんびり歩いて参ります(o^^o)

オーガニックの野菜たっぷりでメインは野菜。白身や青身の火を通したお魚と無添加の鶏肉を時々加えたメニューで一日一食と軽食。

軽食は大好きなリンゴ、もしくは野菜スープ。

今はあまり食欲がないので、一日一食で実は充分です。

小麦粉(全粒粉)と玄米は、少しおやすみ(_ _).。o○

今迄以上に豆を取り入れていくため、豆の料理本を眺めてニヤニヤしています。

また経過をご報告します☆