豆乳ヨーグルト で 快調快腸

image3月に、免疫力の血液検査を受けました。結果は、免疫力年齢が60歳近くと出ました。白血球、主にリンパ球が足りないと。

そこで、乳酸菌のサプリを勧められました。こういうの、飲まない限りなかなか免疫力は上がりませんよ。あと、肉をよく食べて、身体に強すぎるから玄米なんかやめて白米をたくさん食べなさい…云々。

カーン!ゴングがなりました(笑)。

足りぬなら、育ててみせよう、ホトトギス

いい塩梅に炊いてみせよう、ホトトギス

様々な情報を調べて、自分の身体と相談し、継続できるもので、美味しく取り組めるものを探しました。

その結果、豆乳ヨーグルトにたどり着きました。(玄米の炊き方はまた後ほど)

豆乳ヨーグルトの作り方は本当にいたって簡単!

菌を買うか普通のヨーグルトをスプーンで大さじ1、そして無調整豆乳を用意します。image

容器に菌か、ヨーグルト大さじ1を入れ、40度に温めた豆乳を入れて、そのまま4時間から6時間放置したら出来上がり(*^^*)!

もし、オーブンに発酵機能があれば、40度50分発酵して、そのまま4時間から6時間放置して出来上がり(*^^*)!

image次からは、そのヨーグルトを豆乳に足して同じ要領で作るだけです。牛乳で作ったものとは違う、さっぱり感のある、まろやかなヨーグルトです。

私のお気に入りは、そこに手作りしたジャムと、ohanaにいただいた手作り酵素を足して、掻き回していただきます☆

始めてからとっても快調快腸です。

是非、お試し下さい(o^^o)

ぼちぼちお料理教室

image
がんがあっても、がんがあるからこそ♪美味しく、幸せに、自分にalohaを注ぐ食べ物を作りたい…そんな気持ちから始めたぼあぼあ料理ラボも(笑)かれこれ一年になります。

(tsubomi0791で食べ物紹介だけのInstagram始めました(*^^*))

何を食べていいかわからない混乱。正解を誰も知らない不安。自炊なので生活範囲が狭まること。巷にあふれかえるレストラン、スーパー、コンビニなどと一気にご縁がなくなる生活。

きっとこんな気持ちはみんなも同じだろうな、がんのある人はもちろん、食事を用意するご家族も大変だろうなあ。何か私にできることがあればいいなあ。美味しく出来た時、一緒においすい〜とフィーバーしたいなあ(笑)☆

そんな気持ちから、いつしか、ぼあぼあ料理をみんなで勉強していく会、食べる会、それぞれのぼあぼあ料理を見つけるためのヒントをシェアする場や機会が作れたら…自然にそんな風に思うようになりました。

そんな願いが宇宙に通じたのか、お料理教室のリクエストをいただいたりすることが増えました。

先日は我が家で素敵なOhana Iさん母娘のパン焼き&ベジ料理教室。真剣にパン作りに取り組む六年生のSちゃんのいい表情が印象的でした(o^^o)

昨日は群馬の女神Mちゃんの家でのお料理教室。身体を大きく壊している家族がいるわけではない彼女に伝えたいのは、お料理が決して大変なものでないこと。下ごしらえをうまく利用すれば驚くほどバリエーション豊かで自分好みの、美味しい野菜料理が食べられること。

IHに慣れていない私はちょっとオタオタしてしまうシーンは多々ありましたが(笑)、夜に帰ってきた旦那さまも息子のYちゃんも、美味しい!と笑顔になってくれました。

image
ベジミートソースが今回のリクエストでした

何よりMちゃんが、え!これの作り置きでそんなにバリエーションが増えるの?え、炊飯器とかで楽して美味しく調理できるの?(≧∇≦)とウキウキ喜んでくれたことに私もウレシくなり、alohaいっぱいの時間になりました☆

IHでの火加減調整、オーブンを使わないパン焼きと言う新しい課題を貰い、またまた研究魂に火がついてしまいましたよー(笑)。また一人夜な夜なラボラボしなくちゃ♪

こんな風にポツポツと活動が広がっていったらいいなあと思います(o^^o)

キャベツ→白菜の煮物バージョン

imageキャベツのトマト煮、白菜でも作れますか、の声をいただいたので、白菜ならコレ!の煮込みバージョンです。もちろん楽々炊飯器調理シリーズで(o^^o)

 

【白菜と大豆の豆乳クリーム煮】

(材料 2〜3人分)

白菜 中半分

飴色玉葱 50g位

昆布 1切れ

ベジブロス(なければ水だけでも、または野菜コンソメを加えてもOK)

蒸し大豆 お好みの量

豆乳 70CC位 お好みで

塩胡椒

1.白菜は炊飯器に入る大きさにざくりと縦にきっておく。大豆は蒸し大豆にしておく(市販の水煮のものでもOK)。

image2.炊飯器に白菜、飴色玉葱(一度冷凍したものだと、低温調理になり味が染みるので尚旨旨です)、昆布をいれて、ベジブロスを白菜の頭が少し出るくらいまで入れてスイッチオン!!

3.炊き上がったら、白菜をトングなどでひっくり返して、豆乳、蒸し大豆、ほんのひとふりの塩胡椒をいれて、1時間位保温で出来上がり(o^^o)

*欲張って具や水分を入れすぎると吹き出しますので要注意!

*豆乳は先に入れると分離するので、保温の前に加えます。

簡単なのにびっくりするほど美味しいのですー(o^^o)

ほんの少しガーリックパウダーをふったり、チリペパーやお好みで豆板醤を乗せてもまた抜群です。麺やパスタ、御飯をいれると立派な御飯になります♪

ベジタリアンのたんぱく源、大豆をたっぷり美味しく食べられる一品。お試しください。

やみつきアボカドデザート

またまたおもむろに(笑)

モロッコ料理教室で習ったものを、つぼみ流にアレンジしたものを先日のぼあぼあカフェでお出ししたところ、大好評(*^^*)。レシピのリクエストがあったので、こちらもレシピ入りです。

ビタミンたっぷりのアボカドに、食養生にも女性の美容にも欠かせないビタミンCのレモン、「1日一つのリンゴで病気知らず」のリンゴ、食物繊維と鉄分補給のプルーン…最強です!

image【アボカドとリンゴのデザート】

材料(2〜3人)

アボカド1

リンゴ1

レモン 半分

アガペシロップ(ハチミツでOK) 小さじ1

カルダモン ひとふり

クローブ ひとふり

塩 ほんのほんのひとつまみ

1.アボカド、リンゴを大きめの賽の目にカットして、プルーンは干しぶどうくらいの大きさに切り、ボウルに入れる。

image2.レモンを絞り入れ、カルダモン、クローブをひとふり、塩をほんのほんのほんのひとつまみ入れて、お好みの感じになるまでぐるぐるっとかき混ぜて出来上がり!

レモンが酸化を防いでくれるので、多めに作って冷蔵庫にいれておくと、鮮やかな緑のままの美味しいデザートに!

豆乳を少し混ぜるとサラダ風になり、葉野菜にも合います。

お試しください(*^^*)

 

ご馳走&常備食 キャベツのトマト煮

おもむろに(笑)うちの常備食の一つ、キャベツのトマト煮のレシピです。炊飯器調理で簡単過ぎるので、レシピ入りさせるのもなあとためらっていたのですが、レシピのリクエストをいただいたので載せさせていただきます(*^o^*) 。簡単で、美味くて、すみませんレシピです。

image

【キャベツのトマト煮】

材料(3〜4人分)

キャベツ 大 半分

トマト 中 2個(トマト缶でもOK)

飴色玉葱 50gくらい(なければ玉葱中2個)

ニンニク ひとかけ

ベジブロス(なければ水とローリエ)

コリアンダー 大さじ 2

塩コショウ 少々

お好みで レンズ豆

オリーブオイル

*お好みでセロリやパプリカを入れてもコクが出て美味しいです

1.キャベツは、ざく切りに三等分しておく。トマトはフードプロセッサーでジュース状にするか、細かめのざく切りに、ニンニクはスライスしておく。飴色玉葱がない場合は玉葱をスライスしておく。

 

2.飴色玉葱がない場合は、先に玉葱を炊飯器に入れて少しだけオリーブオイルを加えて早だきにして調理しておく。

3.飴色玉葱の上に、ジュース状にしたトマト(か、ざく切りトマト)、ニンニク、コリアンダー、オリーブオイル大さじ1、レンズ豆、キャベツの順に入れて、ベジブロス(なければ水とローリエ)をキャベツがかぶるかかぶらないか位注ぎ、塩をほんのひとつまみ入れて、普通の炊飯コースでスイッチオン!!image

4.炊き上がったら塩コショウで味を整えて、保温のまま一晩おくと、とろけるようなキャベツのうま煮の出来上がり☆

そのまま食べても超ウマウマ(o^^o)

私は多めに作って冷凍しておきます。少しリンゴ酢とアガペシロップを足してパスタソースにしたり、煮詰めてケークサレに入れたり、カレー粉を足して蒸した季節野菜の上にかければそのままベジタブルカレーにと、重宝この上ない代物です(*^^*)

お試しくださいませ♪

野菜だけで幸せミートソース

小さい頃からミートソースが大好き!日光に行こうが、イタリアンレストランに行こうが、注文するのは、ミートソース\(^o^)/の子供でした。
母のミートソースが絶品なこともあり、ラザニアにしてよし、パンに乗せてよしのミートソースは人生のお供。食事療法をしていても譲れません!(笑)

試行錯誤の末、大満足なベジのためのミートソースを作り常備しています。

image

 

【野菜だけで幸せミートソース】

材料(10食分)
A
玉ねぎ 中2個
人参 大1本
セロリ 中2本
トマト 中2個(トマト缶でもOK)
ニンニク ひとかけ
生姜 ひとかけ

B
乾燥シイタケ 大6個
乾燥シメジまたはマイタケ 50g
乾燥大豆ミートミンチ 100g

*大豆ミートの代わりにレンコンや高野豆腐のミンチでも歯応えが出ます

C
ローリエ 1枚
赤ワイン 大さじ 3杯
ナツメグ 大さじ4
黒酢 小さじ1
塩 ひとつまみ
コショウ お好み
アガペシロップ 大さじ3
(お好みの甘味料でOK)

ベジブロス 2カップ
オリーブオイル 大さじ3

(下ごしらえ)
1.Aを全てみじん切りにします。トマトはフードプロセッサーまたはミキサーでペーストにします(ペーストにすると皮ごと優しくいただけます)。

image2.Bの乾燥キノコ類とベジミートは、かぶるくらいのお湯で一緒に戻し、フードプロセッサーなどでみじん切りしておきます。戻した汁は出汁になるのでとっておきます。

(作り方)
image1.大きなフライパンやお鍋にベジブロスを50g位入れて、Aを上から順番に炒め煮していきます。それぞれ透き通ってきたら次を入れる感じで。

 

2.1.にトマトペースト、ニンニク、ショウガを入れたら、ベジブロスの残りとオリーブオイル、ローリエを加えて、蓋をして弱火で煮込みます。

image3.全体的に柔らかくなったら、刻んだBと戻した汁を加え、蓋をしてさらに弱火で煮込みます。

 

 

image4.全体的にとろみが出てきて茶色っぽくなってきたらCを加えて、さらに少し煮込みます。途中煮詰まってきたらベジブロスを足します。

 

5.(ひと工夫&コツ♪)炊飯器に移して保温スイッチをぽん!一晩(8時間位)保温します。炊飯器に保温をお願いすると、一定の温度を保ち続けてくれるので、AGEのもと焦げを気にせず調理でき、驚くほど旨味が引き出されます。

私は全粒粉のパスタにかけて、ウマウマいただくのがお気に入り。

imageパスタにはもちろん、玄米タコライスにしたり、チリを足してナチョス風にしたり、蒸し野菜にかけて豆乳クリームを乗せてラザニア風にしたり。

小分け冷凍しておくと、いつでも手軽に美味しく使えます。

お試しください(o^^o)

野口整体と私 4 〜体癖を超える

image
クマさんの体癖は      多分左右

整体の考え方で、体癖というものがあります。

体癖とはその人の生まれもった身体の使い方の癖やそれに伴う傾向のことで、私は「上下型一種」が強くて、理想主義者で空想好き、頭にばかりエネルギーが集まります。体型も上を見て背伸びをする傾向に見合うヒョローんと上に細長い傾向があります。

女性らしさの特徴でもある左右型は、感情の揺れが特徴になります。丸みを帯びた体型で、歩くときも左右に揺れながらあるきます。胃袋と関係も深いので食べることが大好き、自分の感情や好き嫌いを基準に行動できます。

他に、勝とう負けまいが基準で勝負事に強くてここ一番と言う時に力が発揮できる捻れ型、合理性を重んじて行動しながら前に前に進む前後型などなど、11種類の体癖があります。

体癖はそのままその人らしさ。その体癖を活かす生き方をすることが、その人の本来持ついのちの勢いを活かして生きること、と考えます。

体癖を無理に変えたり、バランスを整えたりすることは、整体の目的ではありません。そこには癒しや治療と言う観念や概念はありません。

では、なんのために整体するのか。

それは私の拙い理解だと

人生の中で起こる何かをきっかけに、または、過剰に使いすぎにより、体癖の傾向がその人らしさを通り越して過剰・過敏になったり、ついにはくたびれ果てて鈍りになってしまっている時…

その人に合わない作業、生き方をする中で臨時の草臥れや異常が起きたり、気が欠けたり、鬱滞したりしてその人らしさを発揮できない時…

季節の変化や異常で身体に臨時の異常が出ている時…

そんな時に、整体指導を受けたり、または身体の裡から自然に沸き起こる運動=活元運動でその鈍りや異常を自分で整え、うまく経過することが整体の目的です。

imageつまり、自分を変えたり、バランスを取るためのものではないと言うのが野口先生の作られた整体の考え方です。そもそもそんな必要はないからです。

私の師事している師匠は、さらにそこにこう付け加えます。

「自分の体癖を超える」

体癖・自分の個性を、変えるのでもバランスするのでも活かして生きるのでもなく、体癖を超越した新しいところにいきなさい、そこから見える新しい風景に生き生きと遊びなさいよ、と。

なんとエキサイティングで、チャレンジで、ワクワクする無理難題!!(笑)

自分を超える
その先へいく

「既存のセオリーでやってたら、ここまで大きくした固い固いシコリんはビクとも動かないよ、つぼみさん同様頑固なんだから。人が考えたこともないこと、アッ、その手があったか!こんな自分がいたなんて!そんな、超えたところに行きなさいよ。ファイトクラブせよ」(………(u_u)ちぇ。師匠、言いたい放題ですな)

上下型の頭を刺激する師匠の巧みなご指導にうまく乗せられ、いえいえ、乗せさせていただき(笑)、今日も自分の体癖を超えるってなんぞやー、なんぞやー、なんぞやー(ソクラテスちっくに)の模索が続いております。

豆が美味い!大豆入りカボチャパイ

image

相変わらず豆生活にはまっています。と言うよりむしろ、♪豆太(あ、あなたか(笑))なしでは〜生きていけぬ〜の「六本木心中」ならぬ、「豆心中」状態です(T ^ T)。冷蔵庫にストックがないと、携帯の充電がない時と同じくらいドキドキして焦燥感に駆られます(笑)。

これだけ毎日豆生活だと、豆の煮方も、豆によってまた下ごしらえの時間によってバリエーションが出てきました。

基本は一晩以上浸水して(柔らかくする&消化阻害物質を外すため)、食べやすい硬さまでお鍋や土鍋でコトコト煮るのですが、それ以外の方法もTPOで使い分けしてます。

多少硬さを残したい黒豆は、一晩浸水した後、熱湯を入れた魔法瓶に3時間入れておく魔法瓶煮もオススメ。煮崩れなしの優れもの!煮上がってからフライパンで軽くお好みの甘味で数分煮るだけで味がしみていきます。

大豆は丸一日浸水した後、蒸し器で20分から30分蒸す蒸し大豆に。茹でたのとはまた違う、ぷりぷりの食感で感動ものです!image

ひよこ豆や煮崩れてホクホク感を味わいたい豆は、一晩浸水した後炊飯器で炊いてホクホクホク。餡子にする小豆は、お急ぎモードで二度炊飯して、フライパンに甘味料を煮立てたところに加えて数分煮込むと、完璧にツヤツヤの美味しい餡子になります。

レンズ豆は、軽く洗って、そのまま具材と煮込むと、食感が残ったまま美味しく食べられます。

豆嫌いだった私がなんでこんなことにーーーf^_^;とびっくりしますが、もう離れられません(笑)。

image煮豆のイメージが強い豆料理は、実は本当にバリエーションが豊かな素材で、そのままサラダに入れてよし、潰してハンバーグやコロッケにしてもよし、スパゲティに入れてよし、ピクルスにしてよし、餃子の具に、かき揚げに…豆さえあればお肉もお魚も要らないくらい満足度の高い素材です!

そんな豆のレシピの一つ、大豆入りカボチャパイのご紹介です。

image

[大豆入りカボチャパイ]20センチのパイ型プラス試食用分

☆フィリング

◯カボチャ

飴色玉ねぎ

◯蒸し大豆

◯カボチャの種

◯オリーブオイル

◯お好みでシナモン、クミン、ナツメグ、コリアンダーパウダー、ホワイトペパー、天然塩など

☆パイ生地

◯大豆粉、そば粉、ひえ粉、ココナツフラワー、小麦粉全粒粉など、身体に合う粉をブレンドしてトータルで120g

◯好みの植物油 (私は香りがない製菓用ごま油) 大さじ3

◯水 大さじ5くらい (様子を見ながら足す)

◯天然塩 ほんの一つまみ

*小麦粉、大豆粉は膨らみやすい。大豆粉は少し香りが強いが熱を加えると気にならなくなる。ココナツフラワーも膨らみやすく、香りもいいけれど水分を吸う。そば粉やひえ粉は膨らまないけれど、しっとり感が出る。サクサク感を出したかったら、片栗粉を足す。

1.オーブンを180度に予熱しておく。

image2.カボチャは皮をむき一口大にして、竹串が通るくらいまで蒸すか煮て、マッシャーやハンディブレンダーでつぶす。お好みでシナモンやクミン、天然塩を加える。

3.飴色玉ねぎと蒸し大豆を少量のオリーブオイルで軽く炒め、お好みでスパイスや天然塩を少しで加えて粗熱をとる。ナツメグやコリアンダーパウダー、コショウを少量加える。

image4.☆パイ生地の材料を、フードプロセッサーで混ぜる。ぽろぽろだけど、ぎゅっと握ると形になるくらいの固さに水や油を足して調整する。

5.型にパイ生地を押し付けるようにして形を作る。指先やスプーンをうまく使って、粘土遊びの要領で。

image6.パイ生地の上に、3.を乗せ、2.のカボチャをさらに乗せてカバーする。お好みで種を飾る。

7.オーブンで25分から30分焼く。

カボチャのクリーミー感と大豆の歯応え、玉ねぎの甘みがたまらないおかずパイです。

お試しください(*^^*)

 

 

 

作り置きシリーズ2 飴色玉葱

image作り置きシリーズ第二弾、これがなくては始まらない、飴色玉葱(*^o^*)

お料理好きならたまらない、でもその炒め時間や手間暇に躊躇する飴色玉葱は、コクと甘みを出すのに欠かせない黄金のピューレです。特に、食養をしていて人口調味料抜き、減塩で素材の味で美味しく、gorgeousに作るのには、なくてはならない相棒。

そんな飴色玉葱が実は炊飯器でできることを知ってからはそりゃあもう有頂天♪の毎日です。

image
パイの中にも

 

 

スープのコクだし、手作りカレー、野菜シチュー、パイの中に入れたり、無水鍋料理にと、これまた万能選手です!

そうでなくても、下ごしらえや手間暇がかかる食養で、炊飯器INで簡単に本格的な飴色玉葱ができるのは本当に本当にありがたいことです(T ^ T)

というわけで、早速作り方です。といっても簡単過ぎてレシピとも言えないくらいですが(笑)(=^x^=)

材料

玉葱 4つ位まで

オリーブオイル 小さじ半分

image1.玉葱はお好みの形(薄切りでもみじん切りでも)に切る。

2.オリーブオイルを全体に薄く揉み込む。

3.そのまま炊飯器にいれて、普通炊きでスイッチオン♪

image4.炊き上がったら、時々かき混ぜながら1時間位保温。玉葱が飴色になり、油が出てきたら(ここがミソ)完了!

飴色玉葱の出来上がり(*^◯^*)

image冷まして冷蔵で3日位、冷凍て1カ月位持ちます。小分けにして冷凍しておけば、何かの時にパパッと本格的な料理ができて、本当に重宝です。

スープのコクにも
スープのコクにも

今はクリスマスシーズンで、お鍋のシーズン。様々な煮込み料理やパイなどに大活躍間違いなしです。

お試しください♪

 

 

 

目指すはsimple➕gorgeous・luxuryで

FullSizeRender-18シコリんが必要のない体をつくるために、という大義名分のもと、食事制限をしていても最高に美味しいものを食べたい一心で始めたぼあぼあ料理。

イベント出店に引き続き、デリの注文andランチの注文をいただきました♪

お客様は、北海道に住んでいる天才クリエーターのさくみ姫。日本中の美味しいものを食べていて、美味しいものを知っている舌を持っている姫には、どんなぼあぼあ料理がいいかしら。

2週間かけてにやにやしながらプランを練りました♪。中でも少し考え込んだのは、普段は普通に食べているという人たちの集まるパーティーに持参するというデリ。自然食やマクロビ、オーガニック料理の味と、普段食にそこまでの意識を向ける必要がなく、普通においしくなんでも食べている人たちの間には、最初は(なのか恒常的に、なのか)大きなギャップがあります。

体が喜ぶ、美容にいいという言葉は、女性には耳触りよく響くキーワードですが、多くの自然食やオーガニックのお店が次々に開店しては数年で閉店するのを見るとわかる通り、素材そのものの味を引き出しつつ味覚的に満足させる工夫の難しさやコスパの問題に加え、その付加価値や良さを頭で理解してもなかなかそのギャップを埋めがたいのが人間の舌の性でございます。

さらに食に関することは、ライフスタイルそのもの、つまり日々何をチョイスするかといったその人の選択に繋がるデリケートな分野だけに、今までと違う形の食の提案は、使う言葉も、味そのものも、慎重に考えてalohaのこもった受け取りやすいものにすることが、多くの人に門戸を開くためには必要だと日々感じます。

FullSizeRender-14そんな中で考えたメニューは下記の通り♪

ランチ

⚪︎季節の温野菜 モロッコ風

⚪︎大豆ミートのタジン鍋 イチジク・デーツ風味

FullSizeRender-15⚪︎ぼあぼあパン

⚪︎アボカドのシャーベット ヒエカスタード添え

持ち帰りデリ

⚪︎クルミ入りのマクロビガトーショコラFullSizeRender-13

⚪︎飴色玉葱とイチジクのパンプキンパイ(パイ生地はそば粉と全粒粉)

さくみ姫のお腹と舌は、とても満足してくれたようでした(^^)!最善を尽くしたので、デリの皆さんの反応は皆さんにお任せ♪

目の前で抱腹、悶絶しながらこれ何が入っているの?!と聞いてくれると、オタク魂に火がついてしまい、あのね!あのね!聞きたいですか??むふむふ・・・と止まりません(笑)

FullSizeRender-17.jpg一番嬉しかったのは、「味に層ができてる!音楽みたい!」といって、黙って何度も何度も味を確かめながら食べてくれたこと。こんなに嬉しいことってありません(≧▽≦)!

自然食やオーガニック料理は、素材そのものが美味しいものを選んでいることが多いので、味付けがシンプルでもおいしく「素のまま」の味を楽しむのが基本だと多くの人は考えます。そして、その味を美味しく味わえる舌が、繊細でニュートラルで良いとよく言われます。

でも、でも…なのです。

ここからは全くの私個人の好みの話なのですが、私が料理に仕事に、そして人生に、それを加えることでもっと味わいを深くするためのスパイスは、ほんの少しだけれども欠かせないスパイス・・・luxury感とgorgeous感=色気なのです。

FullSizeRender-16.jpg

全き白が、清浄で美しく、ピュアであることに誰も異存はなく、そこは楽園で天国のエネルギーなのかもしれないのだけれど、私は地球に肉体をもって五感を楽しむために生まれてきた気がします。

自分の個性が全く別の個性と出会い、時に違和感を覚えながらも、融合し合いエネルギーを交歓するからこそ、そこに生まれるまか不思議な面白さや新しさを、白も黒もまぜこぜにしたマーブル感を、濃厚さを増した豊かな奥行きを、しっかり皿まで味わいたいと思うのです(*^^*)。

遊びとユーモア、ちょいワル感(笑)、ちょっとズレた、ファジーさが生む、微量な毒気も含んだ、驚きと発見…クセになるなにか。

そこに、luxury感やgorgeous感が生まれる気がするのです。

そのところを追求したいからこそ、病気があっても(病気があるからこそ?!かも。なにせ一食一食が一期一会でがんす(。-_-。))こんなに日夜ぼあぼあ料理研究に励んでいることを知ってかしらずか、さくみ姫が言い当ててくれたのでした。

ここからしばらく、ぼあぼあ料理を食べに来てくれる人たちが続きます。またメニュー開発に明け暮れる美味しい毎日(=^x^=)。

simple&gorgeousが、つぼみとシコリんが目指すぼあぼあ料理&ライフスタイルです。