堰き止めていた 最後の石

本当に久しぶりの更新です。

ベストパートナーで、私の心の旅にいつも寄り添ってくれていたはなちゃんを見送り、はなちゃんの導きで 同じ保護犬のゆめちゃんとルークを家族に迎えての、この秋。

その間、これが自分だと思っていたものの崩壊、どん底、仏教への帰依、またまた爆発、などを繰り返しながらも、その都度身体は順調に回復していき、この夏に出た腫瘍マーカーの結果は、CEA以外は全部正常の範囲内で、しかも、下がっていました。

身体の、いのちの働きの不思議に本当に驚くばかりです。

11月には溜まっていた全てのエネルギーがついに大爆発。

家中のお皿を半分以上叫びながら割続けるという破壊行為と、この世の終わりかと思われるくらいの号泣…

そして、そのあと出てきたのは、小さな小さな可愛い小さな仔犬の姿をした私でした。

ずっと出てくるのを待っていた可愛い子。
従順で、賢そうで、遊びたがりで、とても繊細な可愛い白い犬の姿をしたセルフが、喜びながら、ちょっとはにかみながら尻尾を振って出てきました。

その犬に、私の法名でもある、チカイちゃんと名付けました。

そんなチカイちゃんと、自分の感情にその都度正直に、素直に気づく練習を毎日しています。

先日ご縁があって受けさせてもらった、マインドフルネスセラピー。
今ここの身体の声を、何一つ批判せず、じーーーーっと耳を傾けるセッションを体験しました。

シコリんの後ろ側、左の肩甲骨の後ろの違和感に、じっと手を当てていてもらって出て来たのは「「イヤダ」というのが怖い」という感覚。とても意外でした。

お得意だった善悪や正解不正解は置いておいて

やりたいかやりたくないか、は言えるようになった。

出来るか出来ないか、わかって来て、伝えられるようになった。

気持ちいいか、気持ちよくないかも、わかるようになってきた。

時には上手に断る術を覚えてきた。

でも

「イヤダ」はどうしても言いたくない。

「イヤダ」というと何か怖いことが起こる。

私が「イヤダ」ということで誰かが悲しい思いをする。

だから、私はイヤダを言わない。感じない。

そう決めた時の感覚を思い出しました。

それも多分、とてもとても小さい頃。
赤ちゃんのころか、お腹の中の頃に決めたような感覚が湧き上がってきて、とても言葉で表現できない不思議な感覚の中にいました。

フィールドクリエーターと呼ばれるセラピストのガイドで、「イヤダ」「ヤダヤダ」「イヤだった」「だってイヤなんだもん」を繰り返し、繰り返し口にしました。
イヤダ!イヤだよ!ヤダヤダ!ヤダー!!
二人で交互に「イヤダ」を繰り返して、繰り返し、最後は泣きながら大笑い。

そうか
理由もなく、根拠もない
「イヤダ」が
どうしても言えなかったんだ。

全部そのまま言う必要がなくても、今更イヤだったと誰かに告げる必要はなくても、その都度「イヤダと体が言っているんだな」と気付いてあげて、「ヤダヤダー」と一人でひとしきり言うことをしてあげたって良かったんだ。

そんな人として当たり前のことが、わたしには本当に難しくて、怖くて、出来ずにきたことだったのです。

そう言えば、お皿のカケラの前で号泣していた時も、もうイヤだーと何回も叫んでいたような記憶があります。(そのくらい発狂してしまったのです)

いのちが元気になる道を 堰き止めていた、おそらく最後の岩は

「イヤダ」を言えずに来たこころ。

「イヤダ」を感じずにしてきた心の働き。

チカイちゃん的には「クーン」と一生懸命足踏みして、悲しげに首を振っている感じでしょうか。

道理で
保育士をしてた時の同僚や、道端のお母さんたちが子供達に言うことを聞かせようと「イヤダとか言わないの!」と言う言葉を聞く度に、呼吸が出来なくなったわけです。

「イヤダイヤダ」の絵本を嬉しそうに、子供達を脅かしながら読む先生たちが恐ろしく見えたはずです。

でも、頭が「でもさあ、ヤダって言ったって結局やるんだから、言っても無駄だし、感じない方が楽だよ」と冷めた声を囁いて来ます。

やっと芽生えたこの感覚。やっとどかせそうな石の正体。
これから少しの間、自分の「イヤダ」と向き合ってあげようと思います。