母への応援歌

母が原因不明の体の痛みで起き上がれなくなり、介助のため実家に戻って一ヶ月が経ちました。

西洋医学的な診断名は、リューマチ性筋痛症。原因はよく分かっていない、高齢の女性に多い症状ですが、寝返りが打てず、朝は四肢の痛みがひどく、日常動作ができません。

ステロイドを投与すれば治ると言うデータもありますが、ステロイドは副作用ももちろんあり、父の知り合いの奥様は重度の副作用で入院して退院のめどが立たないまま弱っていらっしゃるとか。

自然派の母は葛藤しています。

私自身、乳がんと分ってから数々の医者からどんなに「このまま自然療法などしたら死ぬよ」と言われても、身体の声を聴いて自然療法でやって来ただけに、私の発言力や影響力は大きいため、なるべく、母の気持ちに寄り添うべく 声を小さく、小さく、を心がけています。

長引く夜中の介助や、自分のケアになかなか手が回らない状況に、周囲の心配はやはり私の身体のこと。

共倒れするのではないか、せっかく良くなった私の数値が上がるのではないか。

そんな周りの心配を受けて、私のためにステロイドを飲もうかと悩んでいる母を前に、様々に思いを巡らせて落ち着かない心持ちの日々でした。

そして、そんな私の心に すっと 静かに 寄り添ってくれる言葉が綴られた本に、久しぶりに再会し、再読しました。

篠田桃紅さんの「一〇三歳になってわかったこと」(幻冬社)。

103歳まで現代美術家として現役でしごとをして来られた篠田さんの文章は、以前読んでいた頃とは比較にならないほど、透明に、なんの違和感もなく、今の私の心に何よりも沁みました。

ふと目にとまったのは

「自由と言う熟語は、自らに由ると書きますが、私は自らに由って生きていると実感しています。

自らに由っていますから、孤独で寂しいということはありません。むしろ、気楽で自由です」

という言葉。

そうか、私は 母に 自らに由って生きて欲しいのか。

おきゃんで好奇心旺盛なひとでしたが、昭和10年代生まれの女性だけに、最終的な決断はほとんど父のため、子供たちのため、周りのためでした。

恐ろしいほどの努力と根性で、海外での子育て、孫育て、ボランティアと走り抜いて来た母。

そんな母だけに、自分の身体のこと、いのちのことについては、どうしても 自らに由って、自分だけのために決めて欲しいのです。

その力を、応援したいのです。

それがステロイドであっても、自然療法であっても、どちらでもいい。

自らに由る決断をしてくれれば、それでいい。

それをサポートする以上に大切なことは、今の私にはないのです。

それが、シコリんが教えてくれるalohaな生き方なのです。

そう分かったら、心が驚くほど落ち着いて、水を打ったように鎮りました。

2年前に天国に旅立ったりんりんにしてあげられなかったこと。
いのちのスイッチを自ら押すこと。

今、母に、その力の後押しができたらいいなと思っています。IMG_9009