母と しばし 役割交代♪

IMG_8851先週から、母の介助のため、実家に はなを連れて里帰りしています。

考古学になる と宣言して大学に行き、相談もなくいきなり保育士になった娘。

理想の保育や子育てを追求して、転職を繰り返す娘。

自分に向いているのは保育園での保育ではなく、個人のサポートだといきなりマッサージの道に入った娘。

相変わらず相談もなく、離婚したのでごめんなさい、これからもよろしくと 或る日突然一人で決めて 出戻った娘。

ハワイ、沖縄、千葉と放浪する娘。

そして、三年前も、突然 乳がんと分かったから家を出て 一人で養生する と告げる娘。

そんな娘に目を白黒させながらも、常識の塊のような父を説得し、応援し続けてくれた母が、私の検査結果が分かって安心したかのように、起き上がれなくなりました。

診断名は、脊椎管狭窄症。

海外での子育て、弱視の子のためのこんを詰めたボランティア、暴れん坊の娘の気苦労…過労と疲労が祟り、電動ベットの上で痛みと挌闘しながら横になっています。

折しも血液検査の結果も良く、私とシコリんの旅が一段落しようと言う時の、母の不調。

私って、どこまでラッキーなんだろう!と思いました。

神様、仏様、宇宙は、ちゃんと 私に 感謝のエネルギーを母に返すチャンスをくれたんだなと思います。

脳や内臓は問題なし。

ならば、またあのハッスルおばさんの母が思うように動ける日まで、伴走つかまつりまする♪

歩けるようになったら、二人で久高島にお礼参りに行くんだからね。

合言葉は、ごめんね、ではなく、ありがとうに。

お互い、釈徹宗さんの提唱されている「お世話され上手」を目指そうと決めました。

もうしばらく母に伴走しながら、ゆっくり、ゆっくり春を迎えます。