自立志向から 自由になった話

IMG_0660人は「自立する」ことを志向しなくてはならない…

長い長い間、そう思って生きてきました。

女性であっても一人の人間として自分の足でしっかり立って、自分の考えをきちんと持って、自分らしく、自分の人生を全うする。

 

「精神的自立と経済的自立の両輪の確立を目指すのが21世紀の女性」。「女性の権利、人間が生来持っている権利を擁護、行使してこそ…」そう習ったのは、フェミニズム教育に力を入れていた女子高に通っていた頃。

茨木のり子さんの「倚りかからず」の詩に痺れ、打たれた20代。

そこから、自立の道、自己の確立を模索して、模索して、模索して…

時には自分の足で立てているかのような妄想を生き

時には「自分」という幻の深い底なし沼のある霧の森で迷子になって彷徨い

自立できない自分の原因を四六時中分析し、心理学を読み漁り、欠点を探し

変えるべきところがあるはずだとあちこちをほじくり回し、果てしなく飽くなき自己批判を繰り返し

くたびれ果て、答えが見つからない無力感に打ちのめされ…

 

けれど

ようやく

ここに来て

その幻から解放され

自分と言う幻想そのものから

自由になりつつあります。

 

自分というものは、インディペンデントではなく、様々なご縁や様々な要素の集合体で、時事刻々と変化しながら、たまたま、今、ここに、存在しているもの。

その世界の中には、自立や自己と言うものは成り立ちません。
主張するべき権利も、達成すべき、実現すべき何かも、存在しません。

そのことに気づいて、自立や自己と言うものを探すのをやめた時の、平安と安心の気持ちは、とても言葉で言い表わすことが出来ません。

私も含め、誰もが、ご縁で成り立ち、ご縁で生かされて、ご縁に導かれて、そこ ここ に いる。

この、シコリんこと 乳がんさえ ご縁の賜物で、ご縁様(笑)。

そう思うと、世の中は、自力ではなく、他力と、他力の中に生かされている人々のほんの些細な努力で、善悪を越えた完全な万華鏡として存在し、形にならない 確かなもので 満たされている。

45年間生きて来て、こんなに 平安な気持ちになったのは初めてです。

もう、自分探しをしなくていい
もう特別な何かをしようとしなくていい
自分らしさを探さなくていい

自分と言うご縁さまを
おいのちさんが生かしてくれている間
大切に 自然に 流れるまま

迷惑をかけあい、許容しあいながら
普通に ただ 今を 生きていい。

しばらくは、この平安をそのまま感じてみたいと思います。