alohaな歩調に

もう一度 何度でも

心を静かに 静かに

alohaにかえろう。

 

akahai アカハイ

自分にも 大切な人にも

穏やかな優しさで

lokahiロカヒ

心の調和点を探しながら

oluoluオルオル

明るい方向に思いを向けて

haa haa ハアハア

原点に戻って

今あるものに感謝して

ahonui アホヌイ

ありのままの自分を

許して受け入れて…

 

alohaな深呼吸を

繰り返すうちに

ここ数週間の

ふわふわした足がようやく地面について

力んでいた眉間と身体が緩んで

ざわざわした心が凪いで

生命力が満ちてくるのを感じました。

 

ここに戻って初めて

 

見過ごしてしまうような

でもとても大切なことや、

深いところにしまっている

大切な人の大切な想いや気持ち、

純粋な気持ちから自分ができることが

見えてくるのだなぁと改めて実感します。

 

師も走る 師走だけれど

心を落ち着けて

alohaな歩調に戻って

大切なものだけを手にして

新しい年まで歩いて行けそうです。

IMG_8120

タイに行って来ました

IMG_8024
タイに行って来ました。

と言うより、タイの空港からの投稿です。

 

今回は、私が7年前からしてきた産後のお母さんのためのハーブを使ったケア、ユーファイのインストラクターになるための短期研修のためタイに来ました。

IMG_7981

 

7年ぶりのバンコクは、あちこちがすっかりモダンな街に様変わりしていましたが、私の滞在したスッキサンは、下町の雰囲気が残る地区でした。

 

IMG_8091

千と千尋の世界のような、アジア特有の雑多な喧騒の中で、私の中の生きる力がどんどん蘇っていきました。

IMG_8092

 

研修はチェンライのオーガニックのハーブ農園体験、ブルーテンプルでの瞑想、本場の大ベテランのニン先生による技術確認とスキルアップ講習など、本当に充実していました。

 

一番心配だった食事も、そこここにベジタリアンメニューがありました。

IMG_8031.JPG

気温は33度!でも乾季なので、カラッとしていて風が気持ちのいい7日間でした。

 

2年半前に乳がんと診断された時は、こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。

 

乳がんがあっても、私は生きていて、様々なことを感じて、そして、明日があります。

IMG_8025

 

 

 

 

 

 

私を生かしてくれている全てにありがとう。

私に繋がる全てにありがとう。

生きていて幸せ。

ここにいられて幸せ。

 

幸せな涙と感動の涙がじわっと浮かぶシーンにあふれた、素敵な素敵なタイ滞在となりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

大丈夫列車

「大丈夫列車に乗ってるんだから、大丈夫。
今も、ご縁のあるみんなで同じ車内に乗り合わせながら、
大丈夫路線を走ってるんだよ。
行き先は、どこをどう通っても 大丈夫駅。

だからね、この瞬間も、全部、大丈夫なんだよ」

 

先週友人と話しているときにぽろっと出た言葉。

大丈夫列車、という表現がコミカルだったためか、私の話し方が可笑しかったのか、友人は大笑い。
不安について話し合っていたので、その雰囲気が笑いに変わりました。

 

以来「大丈夫列車」

マイブームです(笑)。

 

世の中は怖いところで、悲しいことや苦しいことがたくさん。

不安要素に満ちた海で、泳ぎ続けないと死んでしまう修行の場。

30代の前半まではそんな世界を生きていた気がします。

 

激動の30代半ばから42歳までの旅。

42歳でシコリンという大きなギフトをもらい、ようやく見えてきた、新しい風景、新しい感覚。そして、どこかで知っていたような、懐かしい感覚。

 

それは、誰もが、大きな大きな、「大丈夫列車」に乗っているということ。

車内で様々なドラマや感情、気づきや学びを体験しながら、でも大枠では、全員が大丈夫列車に乗っていて、例え路線変更したとしてもそこも大丈夫路線。

万が一脱線しても、自動的に大丈夫駅に向かう、柔軟性の極めて高い(ある意味行き先は変わらないので柔軟と言えるかわからないけれど(笑))大丈夫列車。

車内でのドラマや出来事がどんなに騒々しく、ドラマチックで、さまざまな波乱があろうとも、列車は呑気に大丈夫駅に向かって悠々と走っています。銀河鉄道999のように、見えない宇宙の路線の上を、ちょっと呑気にゆったりと。

だから
今も、この瞬間も

私も、あなたも、大丈夫。

ゆったり呼吸をして、車窓を楽しむのも一興であります。