病気も個性

先日、友人と話していた中でふと口をついてでて来てた言葉。

「病気も、1つの個性だから」

自分の口をついてでた言葉なのに、ハッとしました(笑)。

そうか、病気というものも 個性の一つなんだ。

たとえそれが、ガンというものだったとしても。

例えば私の場合で言えば

DNA、もともとの体質、乳がんができるに至るまでの暮らし方、食べ物や食べ方、考え方、ストレスの対処の仕方…

全てが私の個性であり、その発露としての病気と捉えると病気も個性と言えます。

乳がん単体を受容して愛を送るのではなくて

乳がんを生み出した個性を持っている私そのものを、ありのまま全受容し、愛する、愛しく思えばいいんだ。

そんな自分の人生の今までも、今も、これからも、全受容すればいいんだ。

そう決めたら、身体の芯から余分な力がまた一つ抜けた気がします。

乳がんになった生き方を分析し、そこから改善点を見つけようとしてきたこの2年半から、まったく違うステージにふわりと舞い上がった気がして、嬉しい今日この頃です。IMG_7439