温活この頃

IMG_7148

前回に引き続き、身体と心、私自身を大切に、私といういのちがピカピカになる生き方、暮らし方のご紹介の第2弾は、【温活】。

特に【このところ実践していて身体がとても調子がいい、ご機嫌なもの】を書いてみたいと思います。

36.5度以上が免疫が働く程度な体温であること、そしてがん細胞は熱に弱いことから、温活が大切と言われます。

そもそも、癌になる人は冷え性の人が殆どで、私もその1人でした。子供の頃から氷のような手足をしていました。

ガンとわかってから今まで色々試し、一年目から毎日深部温度37℃、腋窩が36.5℃をキープしてます。

気楽に続けていることは

○週に2.3回程度の42〜3度温浴

熱めのお風呂に浸かり、深部温度が(舌下)38度以上になるまで入浴し、その後もバスローブや靴下で冷えないようにもう一汗。
体温が上がるのと、デトックスになるので、免疫力が上がります。
(続けて行くと、身体が温まりやすくなるので10分弱で深部が39℃以上に上がることも(笑)ガン細胞もそりゃあびっくり)

 

○冷やさない→冷えたら温める

最初の頃は、冷やさないよう、冷やさないように、かなり神経質になっていました。でも、生き物ですし、春夏秋冬のある日本、冷えることがあるのは当たり前♪と気づきました。
なので、朝の足湯、そして、帰宅後の足湯などで、冷えたら温めることを続けています。

食べ物も、あまり神経質にならず、アイスとかは食べませんが、夏場にナスや果物、生野菜を食べても、その後しっかり温めます。

 

湯たんぽ健康法

ソフト湯たんぽを、お腹→前腿→膝裏→腿裏→お尻→腎臓 の順番で温めるのを、寝る前に夏でもほぼ毎日。
病みつきの気持ちよさで、身体ぽっかぽかです。

○週に1回程度、温泉に行き炭酸泉で温まる

炭酸泉のじわーーーーっと温まる感覚がたまりません。お水を時々飲みながら中からポカポカ、スッキリデトックスの感覚が味わえます。

 

ハーブサウナ
家に婦人系ケアのためのハーブサウナがあるので、冬やクーラーで冷やしてしまった時に入ります。生姜やウコン系のハーブなので、これまたポカポカデトックス!!

というわけで、温活は、結構こまめに、できることから、気持ちよく、続けて来ています。

次回は 心の持ち方、考え方です(^ ^)