本当の心の声は

とても おこりんぼの人がいます。

情熱家で、信念が強く、真っ直ぐすぎる心の持ち主。

けれど、このまま血圧が上がって死んでしまうのでは?というくらい、些細なことで癇癪を起こします(笑)。しかも導火線が短いのです。

昨日も、おこりんぼがエスカレートして激情!

こうなるともう誰にも止められません。落語に出てくる熊公よろしく、周りも困惑、苦笑、せっかくの日曜の朝の爽やかさ台無しに、腹も立つし、とほほな気分。

けれど、その時ふと、その人の心の声が  聞こえました。

「こんなに努力してるのをどうか理解して欲しい」

「もう少し感謝してくれたらいいのに。そして、それを伝えてくれたらこんな風にならないのに」

そうか、そうか。

本心は、心の声は、そこなんだね。

ハッとしました。

往々にして、情熱家の人、努力家の人は、頼まれてもいないのに、先回りして、熱く、物事を怒涛の勢いで進めがち。

そして、どうだ!と周りを見渡すと、周りは感謝する気持ちはもちろんあるものの、あまりの勢いと独走ぶりに、呆れ顔をしていたり、戸惑っていたり、逃げ出そうとしたり。

そこで怒りを爆発させるので、またまた周りが引いていく…つまりは、空回りしてしまうのです。

激情して大声を出している、その心の声、本当に言いたいのは、こんなに頑張っていることへの理解と感謝。それだけ。

そう思って振り返ると、私にも、誰の心の中にも、頑張っていることへの理解や、したことへの感謝がないと悲しいし、落ち込む気持ちがあります。人間だから自然のこと。

激情家、努力家、情熱家の人は、その気持ちが、きっと私たちの36倍くらい強いんだろうなと思います。

欠点のない人はいないし、みんなそれぞれが、それぞれの感受性や個性を持ち寄っているのが人間社会。

あまりにその人の勢いが強くて、なだめるのに精一杯で、直接感謝を伝えていなかったなぁと気づきました。

人は変えられなくても、自分のアプローチを変えることはできます。

そして、非難や批判をするのは簡単だけど、それでは誰も幸せにならないし、自分の免疫も落ちそう(笑)

あなたの頑張り、一生懸命な気持ち、私なりにだけど理解しています、そして、ありがとう!

心から伝え続けてみようと思い、心が晴れ晴れした日曜日でした。

IMG_6949