三木成夫先生 お久しぶりです。そして、はじめまして。

あの世に行ったら絶対に受けたい授業が3つあります。

それは、神話学者で知の巨人ジョゼフ=キャンベル先生の授業。魂の教育者 林竹二先生の授業。そして、解剖学者にして生命哲学者である 三木成夫先生の授業です。

私が彼らのしごとに打たれ、その深淵さを理解したいと彷徨い始めた20代前半には、残念ながら全員向こう側へ渡ってしまわれていましたが、私の人生を変えたこの3人の巨人の講義を、私もあちら側は行った暁きには100年くらい聴き惚れたいと宇宙にリクエストしています。

特にこのところは、三木成夫先生の生命論に再び打たれています。

歴史の教師を目指していた大学在学中にたまたま出会った三木成夫先生の著作。その生命観、先生が観て感じ取っていた宇宙の調べと律動に、すっかり打たれて酔っ払いになってしまった私は、その調べにただただついて行きたくて、進路を歴史の教師から乳児と触れ合える保育士へと迷いなく進路変更して、周囲を驚かせました。IMG_6524.JPG

乳児保育の世界にどっぷり浸かった10年間。その後ロミロミと言うボディワークを通して述べ2000人近い女性達、妊産婦さんの身体に触れて来た10年間。

途中で出産に立ち会い、その誕生まで付き添わせてもらう体験もしました。

そして、ここ数年は、乳がんを通して自分自身の身体と向き合い、私の身体と心に鳴り響く不協和音をどうしたら調和した調べに出来るかに、じっとフォーカスして来ました。

そして、今、再び 三木成夫先生のしごとに、本当の意味で出逢いました。

ああ、そうだったのか。そうなのか。

ページをめくっては、先生の言わんとしていること、先生の視線の先にあるもの、聴いているいのちの律動を、自分のイメージや体験に重ね、共鳴し、味わい、また読み返し…

ミヒャエル=エンデの名著「モモ」で、モモがマエストロ=ホラの導きで時間の殿堂に赴き、宇宙の調べを聴きながら、次々に咲き誇り散っていくいのちの花の美しさにため息をつくシーンのように、三木先生の指し示してくれる世界に、言葉もなく佇んでいます。

先生の一言一言がに細胞一つ一つが共鳴する感覚です。

同じ頃に乳がんと分かり、以来手に手を取り合って来て、昨年の夏、星に還っていったりんりん。

亡くなるひと月前に「ねー様、いのちのスイッチをオンにしたいのに、みつからないよ」とメールを貰い、返す言葉が見つからなかったのが昨日のようですが、野口整体にも親しみ、いのちのなんたるかを最後まで知りたがっていたりんりんは、きっともう向こうで一足早く三木先生の講義と生命の音を聴いているかもしれません。

これから先、ちょっと三木成夫先生の話が続くかとしもしれませんが、どうぞお付き合い下さいませ。