ホッとする話

最近、乳がんになった要因を再びいろいろな角度から検証する機会がありました。

今のところ言われているのは、

○食生活の欧米化IMG_0197

○経口、経皮の添加物(農薬、抗生物質、ホルモン剤、保存料や着色料など)

○飲酒

○出産経験の有無や回数

○遺伝

○冷えや瘀血

○ストレスによる自律神経の乱れ

○肥満 または 痩せすぎ

○副腎疲労体質をはじめとする個体の体質

○ジオパシックストレス

などなどです。

出産経験に関しては、ある資料によると、戦前の女性の平均的な月経の回数は50回前後とも!初潮が来て少しするとお嫁入りして子供を産み、栄養状態の良くない中での授乳により、月経が再開するのは乳離れした2歳過ぎ。そして、再開したらまた次の妊娠と産み続けます。そこに平均寿命の短さが加わり、生涯50回程度の月経となり、エストロゲンホルモンによって受ける影響が今とは比べものにならなかったと考えられています。(ちなみに11歳から月経があり、出産経験がなく、毎月正確に来ていた私の場合は400回を超えています。。。ひょーーー、びっくり!)

IMG_0195また、アルコールに関しては、女性の方が肝臓が小さく、アルコールによる身体へのダメージは男性の2倍以上とも言われます。乳がんと飲酒の相関関係は「お酒に含まれているエタノールが分解されてできるアセトアルデヒドがもつ発がん性、アセトアルデヒドによるDNA合成・修復に必要とされている葉酸の破壊、また、アルコールによる乳がんリスク要因である女性ホルモンなどへ影響」が挙げられるとされています。(国立がんセンター調べ)http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/373.html

男女雇用機会均等法に象徴される女性の「社会進出」の過渡期に当たる私たちの世代は、女性も社会の中で男性と同じように昼夜のリズムや月のリズムも関係なく動き続け、仕事に趣味に旅行に勤しみ、お酒もグルメも欧米スタイルのファッションを謳歌してきたバブル世代を見て育ち、バブルが崩壊したその後もその生き方を無意識に踏襲して来た気がします。IMG_0193

私もその一人で、社会における自己実現を追いかけ、昼夜を問わずに働き、遊び、海外を飛び回り、ファッションを楽しみ、ダイビングに勤しみ、お酒を浴びるほど楽しみ、グルメが大好きな20代30代を送ってきました。

それが自分の中の自然に、どんな影響を与えているかも全く考えずに…

そして、こうして乳がんを授かって上記のリスクを冷静にまじまじと見つめていると、妙な安心感を覚えるのが不思議です。

以前整体の師匠が「こういう生き方をしていたらこうなるよね、という身体の働き(各種症状やゆがみ)に出逢うと、身体の裡には自然が残っているのだと思って安心する気持ちもどこかで生じる」と言っていましたが、私も同じことを今自分の乳がんに感じます。

男女が全く同じことをする権利を主張し、その地位を獲得するという快挙を体を張って成し遂げてくれた諸先輩たち。そして、その生き方を楽しみのレベルまで昇華してきたバブル世代の先輩たち。バブルが崩壊し、諸先輩たちの生き様に「?」を感じて育った私たちは、気づけば様々な心身の不調や病気に囲まれています。

生理不順、不妊症、乳ガン、子宮ガン、子宮筋腫、子宮内膜症、ホルモン異常による鬱などなど…特に婦人系は大きな悲鳴を挙げているように感じます。

全てを手に入れ、笑顔でニコニコ働いて、家庭でも綺麗でいて子どもともゆったり仲良し、週末は公園で遊び、空き時間にヨガをして、時に飲み会に行って、心も身体も元気いっぱい!

そんなイメージはマスコミの作ったプロパガンダだと気づき始めた女性たちも多いのではないでしょうか。

そんな矛盾の中に、これだけ婦人系の不調が蔓延しているところに、これから21世紀を生きていく後輩たちへのメッセージが隠されていると言えるのかもしれません。IMG_0196

ビバ♪ 私の「自然の理」がきちんと流れている身体。

その自然の理をその流れに戻すこと、そして、真に豊かな女性としての生き方を模索していくこと。

そんな宿題を改めてもらったような気がしている三年目です。