やはり 総括(笑)3年目の朝です

IMG_0180

2年前の今日、乳がんの検査を受けました。空が真っ青な、そして入道雲まで出ていた暖かい日でした。

国分寺のレディースクリニックで見てくれた先生がいますぐにここに行きなさいと紹介状書いてくれ、ブレストクリニックでその場で乳がんだという診断を受けてました。5センチで進行性、血管もできていて立派な癌です、と言われました。そして、痩せ型なこと、小さい頃から排毒が苦手だったことから、一晩一人で考えて自然療法で体質改善していくことを、直感で迷いなく選んだことは、繰り返し書いてきた通りです。

そして、今、2年前よりも身体全体が元気になってきている私がいます。10年くらいかけて徐々に育ってきたシコリんだったので進行が遅く、免疫を上げる時間をもらえたことが幸いしたのだと思っています。

肌のしみはとても薄くなり、あれほど辛かった朝起きるのが嘘のように楽です。身長は162センチの44キロ。歩いていて疲れない、そして、駅の階段を上り下りするのに息が切れないちょうどいい体重です。血液検査の結果は肝臓の数値も、腎臓の数値も以前よりよく、また免疫もかなり上がってきていました。

シコリ自体は、生理の周期に合わせて膨れたり小さくなったり。でも総じて大きくはなっておらず、シコリの部分の色があざの治りかけのような紫茶色に変わってきています。

このまま上手に共存しながら、心身の免疫を高めて幸せに生きているうちに、シコリんという天からのお預かりものをお返しできるかもしれないな、と感じ始めています。

漢方、ゲルソン療法、星野式、鍼灸、温熱療法、温泉療法(主に炭酸泉)、野口整体、プチ断食、三宿夢鍼灸院(半年通いました)、むらたガン療術院(半年通いました)…この2年間様々に試しましたが、効果を実感できたもの、自分に合っていると感じて続けてこられたことは下記です。

IMG_6035○玄米菜食中心の、オーガニックで化学調味料不使用の手作りの食事を1日1から2食。低GI、抗酸化作用のある食べ方、そしてドクダミ茶やびわ茶などの排毒のお茶を飲みます。夕飯から13時間くらい胃腸を休ませたいので、朝は豆乳ミルクティーとお腹が空いたらリンゴをかじります。(先日みつけたこの本の作者の辿り着いた食事とほぼ同じでした!万人に合う食事療法はないけれど、ベースの黄金律はありそうです)

そして、週に一度ちょっとだけ気を抜いてOhanaと同じものを食べる日を作ります。ちょっとくらい下痢をしても、そこは潔く出て言って良かった、と笑い流します。

○朝起きてすぐのお白湯

○週三回のタンゴ教室で身体も頭も気持ち良く動かし、仲間と笑う

○43度くらいのお風呂に15分、一汗かいたら出てバスローブでもう一汗。そして、寝る時は湯たんぽをお腹から前腿、後ろ腿、お尻、腎臓と温めて眠り、体温は出来る限り37度前後をキープ。

○一日に数回、強めの爪もみと、顎と鼻の下のツボ刺激(自律神経の調整)

IMG_0181○自己受容して、自分にストレスをあたえる思い込みや癖を手放す作業を進める

○自分の中の邪気を払うための祈りと瞑想

○最近始めた下半身のチューブ体操と腹式呼吸

○パーソナルトレーナーの先生による歪み直しのトレーニングとエネルギー調整(終わった後立位体前屈がマイナス30から0になります(笑))

○毎週の炭酸泉

○嫌なことや苦手なことには、アロハを込めつつもちゃんとNOを言う練習をして、自然にやりたいと思うことを優先する

○ベストバディはなちゃんと幸せなまったり時間を過ごす

です。

これじゃあ、健康にならない訳はありません(笑)。

今は、自分の内向型の性格をそのまんま受け入れて、上手にマネジメントしながら、仕事をしていけるように準備中です。こんなに穏やかで健やかで、爽やかな3年目の朝を迎えられるとは思っていませんでした。

IMG_0182経済面を始め様々にサポートしてくれている両親はじめ、私の決断を受け入れて、ずっとサポートしていくれている大切なOhanaに心からの感謝をしながら、今日1日を過ごしたいと思います。

心から ありがとう。