迷惑をかけ合いながら 許され合いながら

IMG_0175私が言われてフリーズしてしまい、動けなくなってしまう言葉の一つが「迷惑をかけないように」です。

以前、大好きな沖縄で、生命力溢れる沖縄の薬草を使って癌のある人も、そうでない人も、元気で生き生きと生きられる食のプロジェクトを興したい…と沖縄の知人や友人を頼りに出かけていったことは、以前ブログに書きました。

現地ではトントン拍子に進んだかに見えたプロジェクト。それは今は止まっています。

数秘術的に時期が良くなかったとか、方位学的にその時期は沖縄が最悪だったからとか、私が癌の人に向けた活動をするのはまだ心身に負担だからとか、そもそもビジネスに向いていないからこれで良かったんだよ、と多方面から励ましやアドバイスをもらいました。

でも私を固まらせたのは、実は知人の方からいただいたメールの中の「ご紹介した人に迷惑をなるべくかけないでください」というたったの一文に囚われた私の心だったのです。

沖縄でビジネスを始めるに当たってビジネスの大先輩として檄を飛ばしてくれた内容に含まれた、たったの一文だったのですが、私はそこに文字どおり囚われて氷の女王に息を吹きかけられて万年雪に閉じ込められてしまったように動けなくなってしまったのでした。

「よそ様に迷惑をかけないように。」

「人の迷惑にならないように。」

日本人なら100万回は聴いて育つ言葉で、それに異論を唱えるのすら難しい、当たり前の黄金律として成り立っているこの言葉。

でも、その言葉はそれに真面目で誠実であろうとすればするほど見えない糸でがんじがらめに縛られ、「迷惑をかけないで生きる」ことが人生の優先事項になり、その反動で迷惑をかけていると思われる人やその予備軍を心の中で糾弾する心理状態を生み出させる言葉にもなる…だからこそネット炎上などが起きるのではないかしらと密かに思っていました。

そして、先日、ひろさちやさんが紹介しているインド古来の考え方を知りました。

ひろさんは、よくその著作の中で、日本では教育者が「迷惑をかけるな」と教えると言うと、インド人の方がとてもびっくりしたという話を紹介しています。彼らの言い分は、人間として集団で生きている以上迷惑をかけ合いながら生きているのは当たり前で、ならば「お互いに迷惑をかけ合って、許し合いながら生かされているのだ」と言うことがわかることこそ、それを教えるとことこそ、真の教育だと彼らは思っているからだと言うのです。IMG_0176

仏教国タイでも、滅多なことがないと謝らないと言います。きっと同じ考えに基づく行動なのだと思います。(大学の時のアダ名は「ごめんなさい」のつぼみ、今タンゴ教室の先生から出されている課題はステップを間違えても「ごめんなさい」を言わないこと(苦笑))

深いところで「ああ」と納得し、大きなものに許されたような気がして、身体中がホッと緩みました。

日本でも江戸時代は、道などでぶつかっても謝るのではなく「あいに、お互い」(お互い様よ)という言葉を使っていたと杉浦日向子さんも書いていましたっけ。

沖縄を訪れた12月には、まだ乳がんを持っている私が何かをやろうとすることにはやはりリスクを伴うこともあるだろうし、迷惑をかけることもあるのでは、と心のどこかで思っていたのだと思います。

それでも、やりたい!ぜひ実現したい!とビジネスや交渉が苦手な自分を駆り立てて沖縄に行き、全てがうまくいくように思えた時にいただいた「迷惑をかけないでください」の一言は、そんな私に一歩もでられない魔法陣のように作用し、料理そのものへの情熱もその時に凍ってしまったのでした。

迷惑をかけられるのは愉快なことでなく、巻き込まれ、平安を乱されます。時に自分の人間関係や利害関係も壊れる元となります。殺人や犯罪などは究極の迷惑で、それも許すのかという極端思考の声も聞こえてきそうです。

けれど、もう少し身の回りの日常のことに置き換えてみると、確かに自分が迷惑をかけられると困るけれど、自分もまた見えないところ、知らないところで必ず迷惑をかけていて、それを許されて生きているのだという事実を自覚するところから、本当の人としての生き方が始まるのではないかしら。そして、人を糾弾するのではなく、不完全な自分を許して生かしてくれていることへの自然な感謝が生まれるのではないかしら…IMG_0489

そんな風に思えて、身も心も軽くなりました。

沖縄での冒険も、チャレンジしようとしたこともいい思い出に変わり、また料理への情熱も蘇ってきそうな今日この頃です。