トライアル期間終了

img_5906はな観音こと、はなちゃんが来てくれて2週間。保護犬の場合は、一応二週間のトライアル期間を設けて、犬も里親もこのまま家族になりたい!と相思相愛になったところで、正式譲渡となります。

そんな はなちゃんとつぼみの二週間は、子どもの慣らし保育のような、中年の恋人同士のような二週間でした。

保育士の頃の経験を生かして、信頼関係を作りながら様子を見て少しずつ色々なことに慣れてもらい、はなちゃんの自信を育てます。

だめなことや無理なことは、優しく、でも毅然とした態度で(犬は集団の生き物なので、曖昧な態度や指示系統は混乱させてしまいます)だめだと伝えます。

まるで受け入れの時の保育士のようです(笑)。

逆に実家の家族に慣れるように促し、預ける時は、まるで赤ちゃんを保育園に預ける母親の心境。゚(゚´ω`゚)゚。

分離不安にならないように、でもはなちゃんしか見えない自分にならないように、お互いに癒着しすぎないように、見かけはあっさりした態度で出かけるも、お出かけ中はいつもはなちゃんのことを考えてそわそわ(笑)。

社会性も大切で、家族の中が好きな犬族のはなちゃんには、なるべくたくさんの人に可愛がってもらえたらなと思っています。

ここまでは慣らし保育のお話(笑)。

中年の恋人、と申しますのは、お互いに重ねて来た年月のことは不問(はなちゃんは語れないので(笑))のまま、今のお互いを受け入れて、不完全なお互いの、そのまんまで、ただただ一緒にいるだけで嬉しいのです。

若い(仔犬)の頃からお互いの関係を育てる(躾ける)のとは違い、過度な期待もなく、ありのまんま、そのまんまでいいのです(^ ^)

はなちゃんの眼差しは本当に優しくて、ワンともスンとも言わない穏やかな性格(ごはん待ちをしてる時だけ待ちきれず鼻がブーブーなってしまうところがご愛嬌(笑))。

まるで愛と優しさだけで出来ている生き物のようです。

そんなはなちゃんの目を見ていると、自然と私の目尻も優しく下がり、お互いにっこりいつまでも見つめ合ってしまいます( ´ ▽ ` )

はなちゃんのように、愛と優しさだけで出来ている生き物にはなれないけれど、でもはなちゃんの隣にいると、私の中の優しい気持ちがスクスクとニコニコと、育っていきます。

はなちゃん、来てくれてありがとう。

どうぞこれからもよろしくね。

ずーっとずーっと、よろしくね。