ちっちに出逢えた!ちっちが笑った(๑˃̵ᴗ˂̵)

ちっち は、私の中にいる、自由闊達でちょっとだけ風変わりで、でも、そんな自分の感受性に正直に生きたがっていた小さな女の子です。

以前も書きましたが、そんなちっちを、世間や社会の物差しで計り、扉の向こうに閉じ込めて優等生のふりをして大人になった私は、シコリんこと乳がんを通してようやくそのちっちと再会できました。

ちっちの名前の由来は、オハナのYさんの長女の ちっち から来ています。

3人の子供の素敵な素敵お母さんであり、暖かく聡明な女性であるYさんの長女 ちっちは、やはりちょっと風変わりで自由な感受性を持ち、それに正直に生きている愛らしい女の子です。

そのちっちがまだ幼かった頃、Yさんからその行動をどう見守っていいのか、相談を受けたことがありました。

プールの列で先生の話を聞いていられず一人で潜っていたり、出て来たかと思うと口いっぱいに溜めたお水を魚のようにピューっと得意げに吐き出したり。
集中する時は驚くほどの集中を見せるのに、散漫な時は(もしくは過集中している時は)全く周りが目に入っていない行動を取り周りの度肝を抜くことも、明日の時間割など全く気にせず、今日、今を生きていることも。手わすらも、落ち着きのなさも、聞けばきくほどそっくり!

注意されても、本人は、きょとん。こんなに一生懸命自分を生きているのになんで?と涙をためて見つめ返してくるところも…。

ちっちを可愛がりつつも、その個性をどう見守っていいか戸惑うYさんに、私自身の子ども時代の数々の武勇伝を伝えたのを覚えています。

Yさんは私とちっちの共通点にゲラゲラ笑い、良かった、このままのちっちをしばらく見守ってみるね、と笑顔で帰られたのが昨日のことのように思い出されます。

その後自分の少女時代と再会した時、その時のことを思い出し、私はその子にちっちと名前をつけました。

そして昨日、そのYさんが久しぶりにサロンに訪ねて来てくれました♪

相変わらずの柔らかい笑顔のYさんに再会できて、五年生になったちっちの近況と写真を拝見して、わぁい!と私の中のちっちが喜びの声をあげました。

私のイメージした、ちっちがちっちのまま大きくなった五年生のちっちがそこにいました☆

そして、こんなメールをいただきました。

…………
旅行に行っても、釣り堀で釣りがしたいと一人で釣り。
クリスマスプレゼントは、さんざん悩んだあげく、レゴ。
そして、毎日、組み替える。
ずいぶん、お姉さんになったけれど、根本は変わってなくて(笑)、でも、そんなちっちが私は、大好きです。
ちっちを丸ごと受けとめられるようになったのは、つぼみさんのおかげだと、今でも思っています😊
ありがとう💖

………

私自身は自分の子どもにはご縁がなかったけれど、私が生きてきたことで小さな小さな綿毛が飛んで、ちっちと言う素敵な女の子と、その素敵なお母さんに届いて、そのちっちがきっとまたお母さんになって…それだけで、生まれて来て良かったな、と本当に嬉しくなりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

私の中のちっちも、おいのちさんもニコニコ。天からのプレゼントを受け取れた1日でした。

ちっち、Yさん、そのまんまのお二人に、そのまんま、ありがとう!