新年やめまして おめでとう

新年あけましておめでとうございます。
みなさま素敵な年末年始をお過ごしでしょうか。

私は新年早々やめました(๑˃̵ᴗ˂̵)!
いきなり新年早々、「やめました」宣言から始まりまして失礼します(笑)。

何をやめるかと言えば、(まあ、色々あるのですが、ブツブツ)12月頭から続けて来た炭水化物オフの食生活です。

心の底から一度決めたら、頑固にやり通す性格の私ですが…今回は 再び方向変換、実験中止、ギブアップ、言い方はなんでもいいのですが 、とにかく新年をもちまして炭水化物をやめるのをやめました(笑)。

img_5246
主食はアボカド

炭水化物オフ、ケトン食は、主食となる炭水化物を極力抜いて、タンパク質や良質な脂質や低糖質の野菜を摂ることで、余分な脂肪を燃焼する、免疫力をあげる、ガンへの糖質の供給を断つ、内臓疲労をとる、血糖値の上下を穏やかにする、など様々な効能があると言われていて、注目されている食事です。

私は免疫力が元々弱いのと、腎臓や副腎が弱いので、それを高めるために始めてみました。

私の場合はほぼベジタリアンの身体になっていてお肉はもう必要ないので(食べたいとあまり思わないし消化できない)、葉野菜と豆メインで魚を少しいただく数週間でした。

確かに…
炭水化物抜きでも食欲は満たされることが分かりました♪
あまりお腹も空かなくなり、どんどん胃が慎ましくなりました♪
血糖値が上がらないため、精神的アップダウンの高低差が一時期驚くほど穏やかになりました♪
シコリんも、少しだけ小さくなりました♪

これ以上減る脂肪はどこにもないので(笑)、43キロのままキープされ、逆に背筋が強化されました♪

img_5251
ケトン食も美味しく

でも…
なんたる喜び薄き、感動薄き日々だったことよ〜!!( ;∀;)

そして、お通じがヤギのようになっていきました( ;∀;)(←これが一番こたえました!)

体温も下がり、挙げ句年末は何かに逆切れ…( ;∀;)お皿が犠牲になりました。

一般的に、炭水化物を抜いていくと、セロトニンをはじめとする脳内ホルモンの分泌に影響するため、穏やかになる反面喜びホルモンが出にくいと言われていましたが、本当にそうなるとは思わなんだ(笑)。ヒデキ感激ならぬヒデキびっくり!(分かるあなたは同年代)

残念ながら私には向いていなかったと言うことなのだと思います。
野口整体で言うところの、上下一種型の私は、大の空想好き、頭脳作業大好き、理想主義、感動するために生きてます!人間で、それが私の個性なのですが、炭水化物オフの結果、空想の翼は折れ、頭脳作業は進まず、なんと私の人生のエンジンである「感動」まで薄くなり…

これじゃあ、私じゃないではありませんか!(ロボトミー状態だよ、ホトトギス(泣))

よしんば、この生活を何年も続けて、シコリんこと乳がんが小さくなる可能性があるとして、その時まで私は私として幸せに過ごせるのかしら。

誰が何年生きられるかなど、誰にも分からないこの世で、明日もしかしたら目覚めないかもしれないのに、私でいられないままの毎日の中である日ポックリ死んだら、後悔しない?…わけないじゃありませんか!

空想の翼も折れたまま、頭脳作業も中止、感動も薄いままで生きることは、私にとってはもちろんのこと、私のおいのちさんの本意ではないなぁとしみじみ実感しました。
(これを、まさに上下一種型と呼ぶのでしよう)

と言うことで☆

下手に免疫力をあげようだの、元気はつらつになろうだの、体質を改善しようだの、結果シコリんがなくなればいいだの…そんな欲とは、さようなら!することにしました\(^o^)/

img_5266つぼみがつぼみらしい個性と感受性のまま生きて、いただいた天寿を全うすること。

それだけを目指せばいいのだと、改めて気づかせて貰いました。

それに気づかせてくれた炭水化物オフダイエットよ、ありがとう。

と言うことで再び
○基本は以前の玄米菜食1日2食(炭水化物はそのうちの一食)に戻して
○今とても興味がある二十四節気に合わせた食材と料理法を取り入れて
○相変わらず好きなアーユルヴェーダの料理やスパイス料理研究を楽しみながら
○再び体の声だけを聞いて
○時には羽目も外して人生を謳歌しながら

ビバ!私に合ったオリジナルのつぼみ食堂!(笑)でやって参ります。

本年もよろしくお願いいたします☆

みなさまに
たくさんの素敵な出来事とご縁がある一年になりますように…