良いお年を

今年最後の1日になりましたね。

私を見守ってくれたすべてのohanaに心からありがとう!

このブログを読んでくれた方々に心からありがとう!

今年最後のブログは、やはり「老女の聖なる贈り物」からの引用で締めくくりたいと思います。

私にとって、この物語に出て来る主人公メギー、知性と理性の世界を優先して豊かな感情を抑え、傷を隠して生きて来たメギーは私そのもので、乳がんであるシコリんは、彼女をいのちのサークル=メディスンサークルに戻れるように導く老賢女ウィノナのような存在でした。

私にいのちの輪にもう一度戻れる道を示してくれたシコリんに、心からの感謝を。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

来年の今頃は、この言葉をもっともっと魂で理解している私でいられると信じて、一歩一歩進んでいけますように☆

Mahalo

つぼみ

……………………

「あんたはへりと角しかない世界に住んでいた。だからあたしが丸い世界に案内してやった。あんたはこれからその世界をぐるぐる歩きまわるんだよ、メギー。そして回るたびに、道がはっきり見えてくるようになる。そして、あんたの目や耳を開く別の導き手がやって来るんだ。あんたは外も内もなんの違いもないってことが分かってくる。多分最後には自分をギブアウェイすることも学ぶだろう。」

「よく意味が分からないわ、ウィノナ?」

私を核心に導く言葉を探そうと、ウィノナは真剣な面持ちになっていた。彼女はため息をついた。

「学ぶというのは辛いことさ。学ぶには頭なんてなんの役にも立ちはしない。だが、この赤い道を歩いているうちに、本当に生きる時が来る。そのためにはまず自分というものが死ななければならない。これがまたすごく難しいんだ」

「なぜその選択をするのがそれほど大変なの、ウィノナ?」

私の無知に、彼女は深い哀れみの表情をうかべた。生きるために死ぬという逆説を理解するには、経験するしかないことを知っていたからだ。彼女は注意深く言葉を選んで、私の問いに答えた。

「メギーよくお聞き。あたしは年寄りだ。向こうへ渡る寸前だ。あたしは身をもって知っている。すべてが本当だとわかっている。それでも怖い。自分を放棄するということは、なくなってしまうことを受け入れるということだ。自分を放棄するっていうことは、神の創造の内側に立つこと、呼び求めること、彼らが来てくれると信じることなんだ。それはあんたの姉妹の蜘蛛かもしれない。戦士の女がくると信じて待っていても、来るのは小蝿かもしれない。それを何度も何度も、ただ屈して受け入れなきゃならない。そうやって進んでいくんだ。」「あたしの人生の全てを通して、どうやって人間になるかを彼らが教えてくれた。」

…… ………………

「老女の聖なる贈り物」プリシラ=コーガン ハーディング祥子 訳 めるまーく より