ムーンロッジにて

img_5265
5年前に出逢った一冊です。

私の女性としてのアイデンティティを揺さぶり、掘り起こしてくれた本で、実際にご自分がネイティブアメリカンの血を引く夫に嫁ぎ、義理母からネイティブアメリカンの癒しについて学んだプリシラ=コーガン博士が書いた「老女の聖なる贈り物」。

頭でっかちに、そして、不器用なまでに生真面目に、心の傷を隠してキャリアを積んで来た女性カウンセラーのメギーが、自分がカウンセリングしていると思っていたインディアンの老女に逆に魂の癒しを受けていくというストーリーなのですが、5年前に出会った時以上に、物語や台詞の一つ一つが深く魂に入って来ます。

新月の始まりの今日はおいのちさんモードというよりは、女性のサイクルの中の闇のサイクルに全身でどっぷり浸かっています。

インディアンの老賢女ウィノナの、こんな台詞が自分の闇に降りていく時のアリアドネの糸です。

…………………………

「自分の闇に降りていくことはいいことだよ。それがわかるまであたしもずいぶんかかったものさ」

「女というものはいつも自分の満月に近づいていくか、闇に降りていくかのどちらかなんだ。

…中略…満月のとき女は自分の周囲に全てを与える。周囲を照らして、奉仕する。家族のため、友のため、自分のサークルのために輝く、そのとき彼女の人生は、完全なサークルの中にある。

…だがね、月に一度、月の闇の中に降りていく時がある…これは女が自らの沈黙の中に引きこもる時期で、家族や友のサークルから離れる時だ。

昔の人間はこのことを知っていて、そんな時に女が一人静かになれる場所を用意していた。ムーンロッジと呼ばれるものさ。それは自分独りになる時なんだ。自分の中に新しい月が生まれるのを可能にするのは孤独だけだからね」

 

「もし引きこもらなかったらどうなるの、ウィノナ」

 

「その時はね、メギー、その女はいつも半月なんだよ。周囲のために輝きわたることもなく、自分のために輝くこともない。新しい命も生まれず、死にもしない。季節もない。全てが同じなのさ」

「老女の聖なる贈り物」プリシラ=コーガン  ハーディング祥子 訳 めるまーく より

……………………………

自分の中に新しい月が生まれる時。そんなタイミングをひしひしと感じている、年の瀬の新月です。