私のドーパミンスイッチ

今日は仲良しの友人とランチをしました。彼女とは野口整体仲間でもあり、彼女のお産に立ちあわせてもらった、気心の知れた仲良し。

そんな彼女が、ふとしたきっかけで私のドーパミンスイッチを押してくれました。長いこと封印されていたドーパミンスイッチが押されただけに、シュポンっと、まるでシャンパンを開けたときのように一気に噴出、大フィーバー☆(笑)

私のやる気スイッチ、ドーパミンスイッチは…

「え!?(≧∇≦)聞いてくれるの?!よくぞ聞いてくれました」

です(笑)。

学者肌、研究者タイプの私は一度興味を持ったものをコツコツコツコツ1人で研究していく事が密かな楽しみで、研究したことを日々空想しながら、そして日常の出来事とパズルのように繋げながら、ずーーーーーっとひたすら考え続ける傾向があります。

例えば、

女性のライフサイクル(14年)

女神の神話の世界(8年)

多次元宇宙と量子物理学の世界(12歳から)

民俗学のある一部の分野(20年)

身体性とバーチャル&リアルの世界(12年)

内臓感覚と子供の感覚の世界(18年)

脳科学と分裂病の世界(8年)

などなど。

頭の中の1人遊びのような感じなのですが、これらが頭の中で一つ、また一つと組み合わさり思いがけない形になったり、一気に崩壊したり…そんな脳内宇宙の遊び=リーラーを誰に話すことなく、1人で時にニヤけながら、時に眉間に皺を寄せながら楽しんでいます。

なぜそれをアウトプットしないの?と時々その姿を、鶴の恩返しよろしく垣間見てしまった人達に聞かれる事があります。

その答えはただ一つ

「誰も聞かない(質問しない)から」。

(本を書こうとか、発信しようとか全く思いつかない、そう、これぞ正統派オタク的態度なんですねー(笑)。)

そんな私もほんの時たま、私のそんな脳内宇宙に、おや、これは面白そうだぞ、と耳を傾けてくれる人に出会うと…そりゃあもう!嬉しくなってしまい、話が止まりません(笑)(笑)

それが、先ほどの「え!?(≧∇≦)聞いてくれるの?!よくぞ聞いてくれました」です。

しかも、友人のLちゃんは、本当に聞き上手!

○全くのノージャッジで

○心から面白がりながら

○アドバイスや、いつ口を挟もうとか全く考えてない姿勢で

○「意図的な質問」ではなく、本当の疑問をストレートに投げかけてくれ

○過度に集中せず、でも全体を楽しく集中して聞く姿勢で

○時間の許す限り

聞いてくれました。

オタク炸裂、ドーパミンかけ流し、いや垂流し(笑)!ああ、至福(笑)。おいのちさんも呵々と笑っております。

子供の頃こんな風に聞いてくれる先生に1人でも出会っていたら、私の人生も変わっていたかもしれないなぁと思いながら、これから出会う子供達やアイディアがたくさんあってしまっている人の話を、こんな風に聞いてあげられる人になりたいなと心から思いました(*^_^*)

同時に、私自身に対して、こんな風な仲良しの友人で、優れた聞き手になってあげよう、とも☆

Lちゃん、本当にありがとう!今夜はエンドルフィン、アドレナリン、セロトニンの三人娘が頭の中でウットリダンスをしていて、幸せ過ぎて眠れそうにないつぼみです♪