月日痕跡(あと)なき ことのやさしさ

image

わが上の 九十年を流れたる

月日痕跡(あと)なき ことのやさしさ

 

昭和の激動の時代を、歌人であり陸軍軍人の父齋藤瀏の娘として生きた齋藤史さんの歌に出会いました。

シコリんとの毎日の中で、些細な幸せから大きな幸せまで、様々なことに気づかせてもらっています。

その中の一つが、こうして様々に感じることや気づきをもらい、感受性が豊かになっていった先にあるもの…そこには成功や大きなことを為すことではなく、普通の人として、普通を慈しんで生きて還っていくという、もう一つの豊かさがあることです。

若い頃は、自我というものがどうしてもついて回り、「自己実現」、「自分を表現する」、「自分を活かす」などのキーワードがあふれるこの時代の中で、その波に翻弄されていた様な気がします。

けれど、シコリんから、もう一つの豊かさな生き方を教えてもらった今、そして、おいのちさん に出会えた今、この歌がしみじみと、そしてほっこりと、まあるく心の中で微笑みます。

この歌を知ったのは、『美人の日本語』がベストセラーになった音楽家であり、人気ブロガーでもある山下景子さんの『しあわせの言の葉」を通してです。Unknown

紹介する言の葉を残したすべての人々への山下さんの温かい眼差しと、選び抜かれた文章と言の葉に、またとてもいい気づきをいただきます。この歌の紹介文の「月日の持つ優しい一面…これに気づいたとき、私たちは、いつでも安心して、時の流れに身を任せることができるようになるのでしょう」という結びも、本当に素敵な言の葉です。

乳がんになる前の私の人生も、乳がんだとわかってからの人生も、そして、この先の人生も、途切れることなく優しく流れる時の中にふわっと、当たり前に、自然にまあるく溶けていくんだなぁ…。

そんなことを、寂しさではなく豊かさだと感じられる自分がいる今日この頃です。