おいのちさん に 出会えました(^ν^)

image「おいのちさん」

そんな素敵な言葉に出会い、私の中で育ってきた生命観がガラッと、ではなく、フワッと変わりました。

出会いは、先日オハナのJさんと話していた時のこと。

前に私と話していた時に、いのちとは はたらき だという話になり、あの時は正直ピンとこなかったけれど、あるお坊さまが自分の頭とは違うもう一つのはたらきのこと…身体が勝手に治る方向、生きる方向に向かう動きのことを 「おいのちさん」と呼ばれていて、このことかなあと思ったんですよね、そんな話をしてくれました。

おいのちさん♪

なんてピッタリで、なんて愛情のこもった、なんてありがたい、なんてほっこりして、なんてalohaで、なんて「お任せできる感」満載の響きでしょう!!(^ν^)

いのちのはたらき と言うと、どうしても突き詰めた感じ、研ぎ澄まされた感じ、有機的な いのち のことなのに、ともすると無機質な感じがしてしまい、崇高だけど近づきにくい、自分のことなのに馴染みがない感じがしてしまうなぁと思っていました。

同じことなのだけど、おいのちさん おいのちさん おいのちさん…と繰り返していると、まぁるい、ほっとした気持ちになり、まるでお地蔵さんにであったような、暖かくありがたい、全幅の信頼、もう大丈夫、そんな気持ちになります。

私のおいのちさんに任せて、委ねて、おいのちさんがピカピカになるようなことだけをしていけば、全てうまくいく(^ν^)…

imageなんだか、肩の力が抜けて、解けて、すそ広がりにふわーーーっと広がっていく気がします。

その、裾野の中に、目の前のオハナたちのおいのちさん、これから出会うおいのちさん、そして旅立っていったオハナ達…メイのおいのちさん、りんりんのおいのちさんともどこかで溶け合っていて、ほっこり微笑んでいる。

そんな気がして、温かい涙と笑顔になります。

おいのちさん やっと出会えました。

これからも、どうぞ よろしくお願いします(^ν^)