乗り越える壁…なんてなかった(^^)

先日、20年来の私をよく知るオハナと話していた時、素敵な価値観の大転換がありました!

IMG_3238
楽園は本当に身近な所に

これから本格的に再開する仕事のこと…どういいバランスをとりながら、どう新しいことにチャレンジしていくかについてア話を聞いてもらっていたのですが、じっと聞いてくれていたオハナが穏やかに、にこやかに

「つぼみちゃんはさ、まだ乗り越える壁があると思ってるんでしょう。お互い40も過ぎてもう経験も豊かになったんだから、壁を乗り越えるぜ!とアナログに乗り越えるより、乗り越えるべき壁はなかった、幻だったんだ!って気づく生き方を選択してもいいんじゃない?その方が楽だし、そろそろ大人のスマートなやり方でいかないと、シコりんがなくたって44にもなる身体がそれじゃあ可哀想だからさ(笑)(^〜^)。ここからはお互い、リラックスして、細く長く行こう」

あったらしい!(*☻-☻*)そして、本当にその方がエレガントで大人でスマート!image

自分を変えようとするのではなくて、もうすでにあるもので創意工夫していくことの大切さや、一つの完璧な正解をもっているより、やり方や対処法をあれもこれも持っている方が大人だよね、などなどそのあとも気持ちのいい会話が続き、気持ちがすーっと楽になり、身体の硬い所がほどけていくような感覚でした。そしてつぼみの新しい明日が始まる予感でワクワクしました。いつも素敵なインスピレーションをくれるオハナに心から感謝です。ありがとう!

乗り越えるべき壁がある、と言う考え自体が、私のいのちの自然な はたらき を邪魔する一つの滞りだった気がします。

壁なんて最初からなかったことに気づくだけ、そして、自分のもう持っているもので楽しく出来る工夫をする。そんな生き方をしていって、気づけばエレガントでスマートな大人の50代になっていたらいいなあ。

これから「壁はなかったことに気づく」生き方に軌道修正していこうと思います☆

許可を出せた日

image今日 心の底から、100%、細胞レベルで

自分に出せた許可があります。

それは、シコリん こと 癌を

「治そう」としなくていいという 心からの許可。

治っても治らなくても

1日1日を 自分らしく 創意工夫をして

自分ができる形 できるやり方を

その時その時考えて

今を味わいながら

alohaを旅のお供にして

いのちの はたらき に任せるだけでいい。

ただ いのちのはたらきが

はたらきを全う出来るように手助けをして

流れを邪魔をしないようにして

ありがたがって 面白がって 生きればいい。

治る とか 治らない とかいう言葉は

いのちのはたらきと言う、とてつもない、根源的なものの前ではそもそも存在しなかったんだ。

それが生きるということだったんだなぁ☆

宇宙 と いのち と 乾杯 (*^^)o∀*∀o(^^*)

インドの叡智 恐るべし

image最近、アーユルベーダにぐぐぐくーーーーっっっと電子顕微鏡並みに、寄りすぎな位フォーカスしています(p_-)。

理由は、一つにはこの一年シコリんこと乳がんを通して身体のこと、食のこと、様々な療法や考え方を自分なりに、身体一本で体感しながら深めてきた結果、ようやくその恐るべきインドの智慧、リシ達の叡智の世界観が分かるようになってきたこと。

そして、もう一つはアーユルベーダと言うと、油をたくさん使い、額に油を垂らし、目にギーを入れ、ヘナを頭にもりもり載せて、スパイス料理〜。何より日本のアーユルベーダのサロンや治療は高し〜なイメージが強かったのですが、手に入る文献を読み読み読み読みしているうちに、ん?待てよ?うちで出来るじゃありませんか、と気付いたからです(笑)

まず、良質なセサミオイルあり。オイルマッサージのセラピストあり(私)。オイルマッサージの後のハーブサウナあり。ヨガは元々教室に行くのが苦手なので自分の身体に合うアーサナをすれば良し。料理人あり(私)。image.jpeg

どんだけ自前⁉︎どんだけ自力⁉︎(;^_^A と突っ込みたくなりますが、自分の身体の運転席に座るのは自分と決めたからには、とことん いのちの流れ、勢いを体感、体得してみせようホトトギス。そして、この驚くべき身体ワンダーランド、いのち曼荼羅に、感動していたいのです。

(オタクだ、限りなく…(;´Д`A)

てなわけで…

まず早起きして

分からないながらも文献を見ながらひたすら感じる脈診

→セサミオイルでセルフマッサージ(アビアンガ)

→ハーブサウナを煮立てている間に解毒の為のヨガ

→ハーブサウナ

→シャワー→至福のシバッサナー(b_d)

あやうくこのまま寝てしまいそうなほどです。

そして、食べたい食材をお腹に聞きながらHe himself cooks(神として神である食材を調理して神としていただく) のイメージでアーユルベーダ料理をいただく。

その効果は驚くべきもの!何せ足が軽い、身体が軽い、朝一で驚くべきお通じ(*^_^*)。アーサナ毎に身体の各部位から解毒の匂いがして、慌てて窓を開けることも。

シコリんとバイバイするためと言うより、身体が喜ぶので、気持ちいいので、思わずやってしまうと言った方が正しいかもしれません。

夜寝る前は野口整体の活元をして、その後は爆睡。

どこまで行くんだ、私の身体実験(^^;;7月にはまたプチ断食を入れるので、こりゃこりゃ、驚くほど健康になってしまうなぁ(笑)

ご興味のある方は、是非!!ご一緒に研究して参りましょう*\(^o^)/*

まるで◎◎かのように♪

image
味方から騙してみる

最近のマイブームがあります。

それは、まるで◎◎かのように行動する、です(*^^*)

スピリチュアル、自己啓発、医学的にも証明されている、脳の騙し技(笑)。

落ち込んでいても形だけでも笑顔を作ると、脳が勘違いして幸せホルモンを出して結果的に幸せになる、と言うのはあまりにも有名な話ですが、それをあちこちで応用してみています。

◎あたかもシコリんからのメッセージをもう全て受け取って、シコリんとハグしてバイバイして、以前の何倍も元気に、賢く、しなやかでalohaいっぱいの女性になった…かのように行動する♪

◎どんなに逆境が来ても、アメリカ映画に出てくる、前向きでユーモアたっぷりでタフな主人公になったかのように、可笑しな台詞を呟いてみる♪

◎ちょっと金欠でも、優雅に見える着こなしをして、あたかも余裕のある洗練されたレディになったかようにウィンドーショッピングを楽しむ(「ティファニーで朝食を」のように)♪

◎あたかも一流シェフになったかのように、なりきってエプロンをきりりとつけて、陽気な音楽を聴きながらお皿を仕上げてみる♪

image◎まるでハワイや沖縄、大好きな海の側に住んでいるかのように、朝から海辺のBGMをかけて「ああ、今日も潮風が爽やかだなあ」と伸びをする。

すると、本当にそんな気になってきて、テンションも上がり、血流まで良くなってきます*\(^o^)/*

人間の身体、脳って、本当に不思議で、可笑しくて、単純で、そして神秘的!これがマーフィーの言うように本当に潜在意識に働きかけているとしたら…ううん、これは大変素晴らしい(笑)(笑)

あたかも◎◎かのように…なかなか楽しいブームです(*^^*)

 

何度でも ここに戻ろう(*^^*)

imageそうだ☆

どんなに真剣な選択でも

逆境に思える時も

 

そんな時だからこそ

好きなこと 楽しいこと

ワクワクすること

うっとりすること

心身が心地よいと感じることimage

スムーズに流れること

ときめくこと

潤い潤すこと

恵みが恵みめぐること

子ども心が喜ぶこと

自然と笑みが出てしまうこと

imageいのちの花がひらき

いのちがピカピカに喜ぶこと

alohaの花がひらくこと

それだけを基準に選んでいこう。

image

何度でも

何度でも

この基準に立ち返ろう(*^^*)

 

桃太郎サムライウーマン参上!の効果

imageあまり人に対して負けず嫌いということがないタイプだと思っています。

人と争うのが苦手な平和主義なので、張り合う気満々の人が来ると、どうぞどうぞー(≧∇≦)てへへ、と笑顔で逃げます(笑)。(心の中で譲らないとしても(^^;))

唯一無二の究極の敵は(−_−#)…弱いおのれなのじゃーーっ!!!

てな感じの一人ストイックなサムライウーマンなのですが、時々究極の負けず嫌いのスイッチが入る時があります。

それは、何がしかの権威、オーソリティから、これが絶対のものだ!と断言されたり、「正解」を押し付けられたり、はたまた権威を振りかざして弱者の弱みに付け込んだり食い物にしたりしているのを見ると、かーーーん!とゴングが鳴り響く音が聞こえて、同時にポポンポポポポポポン…と鼓の音が聞こえてきて…

来たーーーー!( ̄O ̄;)

高橋英樹扮するあの険しい顔の桃太郎侍が、脳の中に派手に登場するのであります。

ひとおつ !人の世生き血をすすり
二つ 不埒な悪業三昧
三つ 醜い浮世の鬼を
退治てくれよう 桃太郎ーーっ(*`へ´*)

この一年、このゴングが、そして桃太郎侍の鼓の音が鳴り響くシーンが多々ありました。

それは、やはりお医者さんや代替医療の先生、治療者、そしてがんで深刻に悩む人をターゲットにした「がんビジネス」と対峙した時でした。

この治療しかない!とか
このやり方をしないと死にますよ とか
こんなやり方してちゃダメだね
助かりたいならこの高価な治療を受けなさい などなど…

そんな言葉を聞くたびに、お主らには頼らぬ、己のやり方で治してくれようホトトギス(−_−#) !!そして、いつかお主らがくたばる時が来てもあっしには関わりのないことでやんす(あれ?これは 違う時代劇になってる(笑))サムライウーマンモードになるのです。

原理主義よろしく原理は見ても患者を見ない治療者、または患者がお金に見えるお医者さん。その目の奥を見るとわかります。

残念なことに、出会ったお医者様や治療者の中で一人として私の話に耳を傾けたり、目を見て話したり、体調を尋ねたり、脈を取ったり、背骨やお腹に触れたり…生きている「いのち」としての私をみた先生はいなくて、とても悲しい思いをしました。

数値を見たり、原理を説明したり、信じたやり方で突き進むのは得意なのでしょうが、それはどれも私の中の小さな賢い女の子、ちっちが首を振る在り方でした。

いのちを見ないお医者さん …それとも、もしかしたら、いのちが 見えないのかしら…だとしたら、それは仕方のないことなのかもしれません。

とは言え、先日はとても有名な代替医療の先生の脈診を問い合わせをしたところ、そのお値段にびっくり!!薬代、施術代ではなく、40分話を聞くだけ、脈を見るだけで数万円( ̄O ̄;)

ポポンポポポポポポン…来たーーーーっ桃太郎侍が(笑)!

そして、その追い風に凛と立ち、炎立つサムライウーマンの私が強化され、明日も弱い己に立ち向かう勇気が奮いたつのです(笑)(どんだけ?!!)

権威の言うことでもおかしいと思ったら首をかしげてしまう性格。鵜呑みにできたらどんなに楽だろうと思うシーンでも、疑問を感じたら追求せずにはいられない性格。そして、決して迎合できないところ、弱いものいじめを見ると火事場に飛び出して行ってしまう無鉄砲さ…若い時はそんな自分を恨めしく思うこともありました。

けれど、この性質こそが、自分のいのちの力を恃みに、シコリんこと乳がんと共に歩き、向き合う日々の勇気になっていることは、めでたきことなのかも知れないなあと思う今日この頃です(*^^*)

仲良しはずっと仲良し

imageいつも自分でも驚くほど前向き印、ポジのつぼみなのですが、時々何かの拍子に深い深いところに迷い込んでしまうこともやはりあります。

何のためにも誰のためにも、もう指一本動かす気力も余力もない気がしたり

自分が誰にも、何にも意味のない人間に感じて全てに投げやりな気持ちになったり

どうせ 気ままな独り身なんだから このままいなくなってしまっても特に誰も困らないしなぁ…としみじみ思ったり

ほらね、お前の人生は何一つ積み上がって来なかったじゃないかと言う意地悪な声が聞こえたり

どうせみんないつか必ず還るのだから、こんなに毎日毎日毎日、生真面目に、誰も見ていないのに、手を抜かずに食事療法や温熱に取り組んで何になるのかしら…と疑いの気持ちが芽生えたり…

alohaの泉が枯れてしまったように感じて、ただうずくまります。

そんな時は、大好きな仲良しだった愛犬メイのことを思い出して、彼女の小走りに走っている動画を眺めます。

19歳10カ月、人間で言うと100歳はゆうに超えていたメイ。

元気印でマイペース、貴婦人のように気高かく、密かに甘えん坊な癖に決して媚びることのなかった、美しい白犬のメイ。

16歳を過ぎた頃から、できないことが一つずつ増えていき、歩くのも少しずつ億劫になり、目がどんどん見えなくなり、体調が悪い日が二、三日続いてまた盛り返して、の繰り返しの3年半。時には何かの拍子で倒れて起き上がれないこともあったり、ミルクをうまく飲めなくてため息をついたり、カーテンや狭いところにはまって出られなくなり救出されるまで立ち尽くしていたり…。

それでも毎日毎日を不平も言わずに淡々と生き、お散歩では亡くなる一カ月前まで見えないながらも小走りに走り、風を感じていました。
亡くなる4日前まで歩き、自力で食べて、すーっと眠るように還っていたメイ。

その見事な一生を見せてくれ、alohaをくれたメイの動画を見ていると、ハッと心の眼が覚めます。そして、alohaの泉の詰まりがとれて水が溢れ出すのを感じます。そのalohaの水が様々なネガティヴなものを洗い流してくれます。

またいつかメイと再会して、一緒にお散歩できる日まで、こっちでがんばるからね、メイ。私たちが大好きだったリンゴをむくから、あっちで食べてね。

すると、写真のメイの目が心なしか頷いているように見えます。

仲良しは、旅立ってからもやはり心の中ではずっと仲良し。今もalohaをくれます。

メッセンジャーは ナイトだった(o^^o)

image今日、Ohanaのシプカさんとお話している時に口をついて自然と出た言葉。

「シコリんは、私の中学生くらいの大きさしかない心臓の真上にいて、その心臓を守ってくれてきたナイトなんです(o^^o)。だから私がシコリんから自立して地球に生きることを楽しめるようになったら、ナイトの役割を終えて帰って行くんです」

前から自分の中で感じてきたことだけれど、シプカさんの前で口をついてすらすら出てきた言葉に自分でびっくりして、自分の身体に響きました(笑)。

そんな私のシコリんに触れて、シプカさんも「本当だ、すごく硬い!護ってきたのね〜」

実際、あまり運動する機会のなかった私の心臓は、胸部レントゲンの時に骨に隠れて見えないくらい小さいのと、若い時は傷つきやすいところがあったので、シコリんは、その盾になってくれていた…そんな気がします。

imageメッセンジャーでもあり、ナイトでもあるシコリん。

おやすみなさい。

お役ご免の日まで、もう少し私を導いてね☆

 

 

断食明け=デトックスの仕上げ

imageプチ断食明けの食事は、これ!ハリラスープです。私はモロッコ料理やトルコ料理が大好きなのだけど、今回の断食明けはこのラマダン明けに食べると言うハリラスープ!と決めてました(笑)。

一般的に、断食明けは、赤ちゃんの離乳食のように、重湯、お粥、少しずつおかずを足して、お腹をいたわりながら、と言われますが、断食明けの食事にはもう一つ大切な意味があると、ある人に教えてもらいました。それは、デトックスの総仕上げ!!(笑)

しばしの休息して、ん?なんだかそろそろヤバイぞ?食べ物が入ってこないぞ、緊急事態に入ってきたのか?と肝臓達がスタンバイしたところで、デトックス作用の強いお野菜を一晩煮込んだものをいただきました。

そして…目論見通り、デト〜ックス!!(笑)WCに直行し、真っ黒な宿便が一気に排泄されました。身体って凄い*\(^o^)/*

断食明けの合図、昨夜半の肝臓と脾臓の腫れが昨夜夜半に出ました。マラソンで走り疲れたときに来る、あのキリキリ感です。実は、これを待っていました(*^^*)!(昨日の投稿の時点ではまだ出てませんでした)

肝臓さんと脾臓さんを追い詰めて、は!(◎_◎;)起きねば!!と目覚めて貰い、働きを良くすることが今回の断食のもう一つの狙いです。(このまましばらく続けるとケトン体がでて、と言うまた別の健康法になりますが、私は今回はここまで(o^^o))

image
冷凍しておいた飴色玉葱、重ね煮、トマトペースト、ひよこ豆にパプリカ、コリアンダー、昆布水、スパイス、塩を入れて炊飯器オン!一晩煮込んでトーロトロ♪(o^^o)

マゾなの?とよく言われますがf^_^;)(マゾではなく、せめて体育会系と言って欲しい(笑))内臓も、身体も、甘やかしたり労わりすぎるとすぐに怠け始めるので、起きて、働いてね、と時々揺り動かすことが必要のようです。

どんなに文明が発達しても、生命の仕組み、野生の仕組みは、どこかにシビアな部分を残しています。

そんな訳で、夕べ肝臓脾臓が目が覚めたところで、これは明日のハリラスープで一気に行けるぞー!そして、今日の天晴れな結果でございました(*^o^*)

次は夏の終わり頃またプチ断食です。

何はともあれ、成功して良かった(笑)。そして、また食べられてうれひーー(=^ェ^=)(笑)

プチ断食最終日!に思うこと

imageプチ断食最終日がもうすぐ終わります。最終日の今日は、タンゴレッスンの先生のお誕生会だったので、想定通り美味しそうなワインにピザに高級おせんべいが目の前に(笑)(@_@)。か、神よ、仏よT^T。

鼻の穴を全開にして、大量に匂いを吸い込んで、ならぬ辛抱するが辛抱、堪えてみせようホトトギス☆なんとか打ち勝てたのでありました(笑)。

とは言え、今回は酵素ジュースを飲みながらの三日間だったので正直そこまでの空腹感はなく、かつ、体重も41キロをキープできました☆

何が辛かったかと言えば、

1.料理できないこと。

そして、

2.食べる喜びがないこと。

料理する喜び、食べる喜び=私にとっての野菜という生命とのエネルギー交歓・ダンスがなかった三日間は、その喜びがどれだけ今の私に大切なものかを教えてくれるものでした。

He himself cooks.

以前観た、インドの寺院での食事の無料提供のドキュメンタリー「聖者達の食卓」でハッとさせられた、あの壮大な食をめぐる宇宙観…神として、神である食べ物を、食べに来る神に供する、神として饗する…を再び思い出す時間でした。

肝心の効果のほどは…

1.断食中はデトックス効果、大量排泄はほとんどなし。無念なれどここはデトックスするものがなかったと、良く解釈いたしまして(笑)。

2.内臓が休まることで肩凝り、首こりフリー!!ここまで軽いのは小学校以来かもしれません。

3.シコリんの周りのリンパは驚くほどスッキリして、心なしかまたシコリんが小さくなった気がします(*^^*)

image
畑をして断食を乗り切る、の巻

 

 

シコリんとの旅は「いのち礼讃」の宇宙観を、頭ではなく私の身体で、五感で感じる旅なのかな…そんな気がしてきます。

何れにしても!明日のお昼が楽しみだわんわん(=^ェ^=)

断食明けといえば、ラマダン明けのハリルスープ!今回はレバーではなく(笑)、ハリルスープ。最初に食べるものが最後のデトックスの仕上げになるそうです。(ただの回復食かとおもっていたら、もう一つの意味があるそう)

仕込みもしてあり(笑)、準備万端!!

早く明日になーれ(o^^o)