幸せを感じたもの勝ち

image
シコリんと生きて2年目になりますが(本当はきっともっと長いお付き合いなのだけど)、最近気づいたのは以前に増して感激屋さんになったこと(笑)!

朝起きて朝の光の中にベランダの草花が生き生きした蕾をつけているのを見つけた時、風に乗ってくる春の匂い、緑の眩しさ、欅の雄雄しい姿、全てにじーんとしてしまい、しばらく立ち尽くしたりします。

時には、パンダコパンダのミミちゃんのように、「素敵〜!!っ」と大絶叫(笑)。人目なんか気にしません。

中でも、小さい人たちが元気に歩いている姿や彼らのはじけるような笑顔を見ると、ああ、未来は大丈夫だなあ、子供たちにたくさんの、そして、ありったけの幸がありますように…と感激と祈りでいっぱいになります。

老犬をいたわりながら、季節を惜しみながら一歩一歩歩くご年配の姿。image

見つめ合う恋人たち。

妊婦の奥さんを気遣いながら歩く旦那さん。

障害を持ちながら日常をチャレンジングに過ごしている人々。

コロコロ笑いながらはしゃぎ合う女学生の声。

全てにじーんとしてしまいます。

大好きなEPOの歌にある「幸せを感じたもの勝ち」。

感激屋さん街道を、シコリんと二人三脚で邁進しています☆