満ちてきたなあ

image

毎日自分に食べたいものを聴いて
毎日身体が喜ぶ野菜と調理法を研究して
毎日下ごしらえして
毎日真心と遊び心を込めて
ひたすら作り続けた8カ月でした。
ずっと大の苦手だった野菜や豆類、果物、玄米たち!
それをどうやって、このお腹を空かせた、私の中の小さな女の子偏食のちっちに食べさせるか。

保育士をしていた時に養った保育士魂をフルに活用して、ちっちの要求に根気強く耳を傾け、食べたい形や味に工夫して、美味しく楽しく、一緒に美味しいね!美味しいね!と歓びながら育て直した8カ月だった気がします。

シコリんのことがわかってからしばらくは、誰かが私だけのために、私の身体を考えたスペシャルメニューでalohaを込めて御飯を作ってくれたらどんなにいいだろう…とシクシク泣いた日もありました。

それでも、誰かに頼まなかったのは、それだと何かが違うとどこかで思っていたからかも知れません。

涙を拭いてよっこいしょとまた起き上がり、毎日キッチンに立って作り続けて…

そして最近、変化を感じます。

満ちてきたなぁ…
そう全身で感じるようになりました。image

内側から、裡から、深いところから、潮が満潮になるように、泉が湧き出てくるように、何かの穴がふさがり綺麗に盛り上がってくるように、満ち満ちてきたのを感じます。

これは、ヒーリング、ワーク、評判のレストラン、旅行など、何かを満たそうとして体験してみた時には味わえなかった感覚です。

自分でいることに満ちている感覚です。

もちろん喜怒哀楽もアップダウンもあるけれど、根本的な深い深いところで水が湧き続けているのがわかります。

シコリんがくれたギフトの一つ、この「自分でいること満ちている」感覚を出発点にしてこれからどんな活動をしていこう。もっともっと豊かなalohaで人や生きものに触れていける私になれるかな。

不安や渇望から何かを外に求めて活動していた時とは、全く違う風景が語りかけてきてくれる気がします。

何より新しい私に出会えそうな予感にドキドキする今日この頃です。