私の小宇宙 台所

imageシコリんがいると分かってから、悲喜こもごも含め全てが生き生きと幸せですが、中でも台所に立っている時は今の私にとっては至福の時です。

ゆったり深呼吸できて元気になり、ときめいて、ワクワクして、テキパキキビキビ、時にはうっとり恍惚になる時間です(笑)。

何故だろう?なんでこんなに元気になり幸せなんだろう。

ある日はたと気づきました。

imageそれは、biosの世界、野菜や果物、豆…生き生きと生きているエネルギーに囲まれているからだと。

そう言えば、お正月や長期で家を開ける前に、冷蔵庫も貯蔵の箱も空にした時は文字通り火が消えたようで、同じ風景なのに寒々しいコンクリートの箱に見えました。

そして、また野菜や豆、果物に溢れて来て、このピカピカの宝物をどう料理していただこうか♪の日々が始まると、台所は温かく、元気に満ちた場所になり、いるだけでエネルギーが満ちる場所になりました。

image実際、食べ物を選ぶ基準は、撒くと芽がでるもの、菌が生きているもの、呼吸しているものなので、今台所は、小さくても立派なbiosの世界なのです。

野菜や豆、果物は、単なる物や素材ではなく、息遣いに満ちたエネルギーそのものだと感じます。

そして、私にとって料理の時間は、調理や実験ではなく、彼等との、時にうっとりするような、時にエキサイティングなランデブーの時間なのです♪

それらをいただく時は…
大げさかもしれないけれど、お互いのエネルギーが溶け合う、エネルギーの合一そのもののイメージです。

image昔の映画で「コクーン」と言う、宇宙人と人間の出逢いと友情を描いた映画があります。そこに、地球人と文明の進んだ宇宙人との逢瀬のシーンがあり、宇宙人のガイドに従ってお互いのエネルギーを交換し合い愛を確かめ合うシーンが出てくるのですが、ちょうどあんなイメージです。

image

だからこそ、彼等を扱う時は、丁寧な、綺麗な仕草の手になります。
呼吸も深くなります。
顔も優しくなります。
ウキウキ、ワクワクします。
そして真剣になります。

image彼等をうまく扱ってあげられなかったり、いい形でお互いが出会うチャンスをふいにしてしまった時は、口惜しくて、悲しくて涙が出ます。

そんな、私と彼等とのaloha時間が、今日も台所で繰り広げられているのであります(*^^*)

台所は私の小宇宙

野菜達 に心からAloha nui loa♪