目指すはsimple➕gorgeous・luxuryで

FullSizeRender-18シコリんが必要のない体をつくるために、という大義名分のもと、食事制限をしていても最高に美味しいものを食べたい一心で始めたぼあぼあ料理。

イベント出店に引き続き、デリの注文andランチの注文をいただきました♪

お客様は、北海道に住んでいる天才クリエーターのさくみ姫。日本中の美味しいものを食べていて、美味しいものを知っている舌を持っている姫には、どんなぼあぼあ料理がいいかしら。

2週間かけてにやにやしながらプランを練りました♪。中でも少し考え込んだのは、普段は普通に食べているという人たちの集まるパーティーに持参するというデリ。自然食やマクロビ、オーガニック料理の味と、普段食にそこまでの意識を向ける必要がなく、普通においしくなんでも食べている人たちの間には、最初は(なのか恒常的に、なのか)大きなギャップがあります。

体が喜ぶ、美容にいいという言葉は、女性には耳触りよく響くキーワードですが、多くの自然食やオーガニックのお店が次々に開店しては数年で閉店するのを見るとわかる通り、素材そのものの味を引き出しつつ味覚的に満足させる工夫の難しさやコスパの問題に加え、その付加価値や良さを頭で理解してもなかなかそのギャップを埋めがたいのが人間の舌の性でございます。

さらに食に関することは、ライフスタイルそのもの、つまり日々何をチョイスするかといったその人の選択に繋がるデリケートな分野だけに、今までと違う形の食の提案は、使う言葉も、味そのものも、慎重に考えてalohaのこもった受け取りやすいものにすることが、多くの人に門戸を開くためには必要だと日々感じます。

FullSizeRender-14そんな中で考えたメニューは下記の通り♪

ランチ

⚪︎季節の温野菜 モロッコ風

⚪︎大豆ミートのタジン鍋 イチジク・デーツ風味

FullSizeRender-15⚪︎ぼあぼあパン

⚪︎アボカドのシャーベット ヒエカスタード添え

持ち帰りデリ

⚪︎クルミ入りのマクロビガトーショコラFullSizeRender-13

⚪︎飴色玉葱とイチジクのパンプキンパイ(パイ生地はそば粉と全粒粉)

さくみ姫のお腹と舌は、とても満足してくれたようでした(^^)!最善を尽くしたので、デリの皆さんの反応は皆さんにお任せ♪

目の前で抱腹、悶絶しながらこれ何が入っているの?!と聞いてくれると、オタク魂に火がついてしまい、あのね!あのね!聞きたいですか??むふむふ・・・と止まりません(笑)

FullSizeRender-17.jpg一番嬉しかったのは、「味に層ができてる!音楽みたい!」といって、黙って何度も何度も味を確かめながら食べてくれたこと。こんなに嬉しいことってありません(≧▽≦)!

自然食やオーガニック料理は、素材そのものが美味しいものを選んでいることが多いので、味付けがシンプルでもおいしく「素のまま」の味を楽しむのが基本だと多くの人は考えます。そして、その味を美味しく味わえる舌が、繊細でニュートラルで良いとよく言われます。

でも、でも…なのです。

ここからは全くの私個人の好みの話なのですが、私が料理に仕事に、そして人生に、それを加えることでもっと味わいを深くするためのスパイスは、ほんの少しだけれども欠かせないスパイス・・・luxury感とgorgeous感=色気なのです。

FullSizeRender-16.jpg

全き白が、清浄で美しく、ピュアであることに誰も異存はなく、そこは楽園で天国のエネルギーなのかもしれないのだけれど、私は地球に肉体をもって五感を楽しむために生まれてきた気がします。

自分の個性が全く別の個性と出会い、時に違和感を覚えながらも、融合し合いエネルギーを交歓するからこそ、そこに生まれるまか不思議な面白さや新しさを、白も黒もまぜこぜにしたマーブル感を、濃厚さを増した豊かな奥行きを、しっかり皿まで味わいたいと思うのです(*^^*)。

遊びとユーモア、ちょいワル感(笑)、ちょっとズレた、ファジーさが生む、微量な毒気も含んだ、驚きと発見…クセになるなにか。

そこに、luxury感やgorgeous感が生まれる気がするのです。

そのところを追求したいからこそ、病気があっても(病気があるからこそ?!かも。なにせ一食一食が一期一会でがんす(。-_-。))こんなに日夜ぼあぼあ料理研究に励んでいることを知ってかしらずか、さくみ姫が言い当ててくれたのでした。

ここからしばらく、ぼあぼあ料理を食べに来てくれる人たちが続きます。またメニュー開発に明け暮れる美味しい毎日(=^x^=)。

simple&gorgeousが、つぼみとシコリんが目指すぼあぼあ料理&ライフスタイルです。