アメージンググレース

image秋が駆け足で走り去り、一気に冬がやってきましたね。

冷たい雨も続き、体重ギリギリキープチームとしては、順応に精一杯の1週間を過ごしておりました。19歳の愛犬も同じく骨皮さんながら、よろよろと、でも頑張ってくれております(涙)

具体的には、力&元気が湧かない、身体のめぐりが悪くて全身の凝り、顔がどす黒い、貧血、集中力の欠如、妙な過食で、もうだめだ。ぐるぐるぐる…(@_@)

もともと整体で言う上下体癖で頭に気が集まりやすいため、骨盤も頭もきゅうきゅうに締まるこの時期はもともと辛い季節。生理も重なり、頭も心も洗濯機の脱水よろしくぐるぐる振り回されておりました。

「ちょっと弱気になって弱ってるの サポートしてくれたら嬉しいの」

小さく呟いてみました。

すると…
すぐに温かい励ましがみんなから寄せられました。

メールやプレゼント、電話や私が飲めそうなお茶の差し入れ、ランチの誘い、クリスマスの誘い、優しい言葉、感情を出す手伝い、そして温かい見守り…。

シコリんが出来やすい人の体質として、頼り下手、ギリギリまで助けを求めない、合理化してしまい感情をその時に出すのが苦手、と言う研究結果があります。

私も御多分に漏れず、シコリんがわかってからも尚、自分で情報を集め、自分で決めて、自分で実行して、辛い時はできるだけ一人で引きこもって回復を待つ…そんな風にして過ごして来た気がします。

でも今回素直に、弱ってるの、力を貸しての一言を勇気を出して呟いたことで、こんなにも温かい手が私を支えてくれていること、私が自分から助けてと言うのを待ってくれていた事を知りました。image

ありがとう。
本当に、ありがとう(*^^*)

朝、お白湯を飲んだ後、大きく深呼吸をするのですが、急に歌を歌いたくなり、ふと口をついて出たアメージンググレースを、1日の始まりに歌うようになりました。その後短いけれど何かに祈りを呟きます。
私はクリスチャンではないのだけど、大きな何かに守られ見守られていること、やるべきことがあるうちは生かされていることを感じるからです。

オハナ達の差し出してくれる手は、まさにアメージンググレースです。

今朝の祈りは、大切なオハナ達、そして、そのオハナ達に繋がる全てのいのちが、今日もalohaでつながり、alohaのエネルギーで包まれますように…

alohaとmahaloをたくさん

また今日から元気に参ります♪