豊かさをご馳走さま!

imageぼあぼあカフェの1日出店も無事に終わり、一息ついております。

初めてのカフェ体験は、とてもとても豊かな体験になりました。

その気づきの1つが、自分で体験することで増える、豊かさについてです。

以前ハワイや沖縄、千葉で畑を勉強していた時、自給自足について考えた時期があります。

日本が農作物の自給率を上げてアメリカからの自立を目指したいように、市民が政府や経済システムからある一定の距離を保ち、その動向に右往左往しない、独立したシステムや暮らしをどんどん志向していくと、自給自足と言うベクトルに自然となっていきます。

それは頼もしく模索すべき試みで、やろう思えばなんでも自分の手で出来ると言う自信は、大きな力に飲み込まれないための強さとしなやかさになります。

私が感じた、自給自足的な試みの先にあるもの、なんでも自分の手でやってみることで見えてくるもう1つの豊かさは、自分の手でやってみて、その労力の大きさや大変さを味わい、それを生業としている人達の緻密に重ねられた経験値のすごさを知ると、それに携わる人々やそのしごとに心からのリスペクトと感謝の念が掛け値なしに湧いてくることでした。

今回は、自給自足ではなかったけれど、初めてのゼロからの出店にチャレンジしてみて、仕入れから仕込み、同じ味を出す大変さ、コスパとこだわりの狭間での価格設定、見せ方、こだわりの味と食べる人の嗜好のバランスなどなど…考えること、試行錯誤することの多さにびっくりしました。

飲食に本気で携わり生業としている人々が今まで以上に神々しく見え、心からのリスペクトを抱きました(*^^*)。これからは食べ物をいただくときに、このリスペクトも同時にお腹に収まり、豊かな豊かな食事になります。なんたる豊かなご馳走♪

また、力を貸してくれ、手を繋いでくれ、助けてくれる仲間がいるありがたみもひしひしと感じました。この体験も、一匹狼でインディペンデントに仕事をすることを恃みとしてきた私には、新鮮で豊かな体験でした。これまた美味しいご馳走でした♪

精一杯手を抜かずに真摯に取り組めばなんとかかんとか、出来たと言うことも自信になり、また1つ自分を祝福できました。これもお馳走でした♪

私ッテ…(。-_-。)
単純デ 、オメデタイ人間ナノカシラ(笑)…

imageけれど、乳がんだとわかってから1人では生きられないこと、どんなに1人に見えても1人では決してないこと、見えない無数の手や存在と繋がり合い紡ぎ合いながら生きていることを実感します。

自立志向のベクトルから、本当の意味の相互依存のベクトルに針を直してから、研ぎ澄まされるシャープなものはなくなったかもしれないけれど、豊かさが計り知れないほど増えました。

これからも、心をオープンに、足取りを軽くして、新しい挑戦をしていきたいと思います☆