三朝温泉レポ 2

IMG_1301三朝温泉湯治の2日目です。

夜が深くぐっすり眠れたことと、お通じがとてもとても良かったこと、紙でパックリ切ってしまった指がびっくりするほど早く繋がったことなどから、自己治癒力が高まってるんだなあと、朝からテンションが上がります♪

朝一番で宿の温泉に入り、午前中はバスで15分程の町に買い物に。と申しますのも、大好きな黒豆さんの煮豆に使うスパイス、クミンさんとコリアンダーさんを忘れたことに気づいたためですf^_^;。スパイスのためだけに、往復千円近くかけて湯治場から買い物に行ってしまう私…どれだけ食い意地が⁈と我ながら呆れます。

imageでも、せっかく東京からの道連れだったお豆さんたち、最高のコンディション、最高のお味でいただきたいんだもん(o^^o)

そんな私を、ゆるキャラミササラドンがお見送り。image

今日の三朝温泉地区は快晴で、車窓からは稲穂が揺れてるのが見えます。私は旅と車窓が大好き。知らない風景、町並み、人々の営みに出会うと、胸が躍ります。この三朝温泉近辺の風景は大好きな原由子の「花咲く旅路」が似合う風景です。
image喜びが川となり
悲しみは虹を呼ぶ
道無きぞ この旅だけど
でも こんなに上手に歩いてる

稲穂の先が いつしか垂れコウベ
咲く紫は 旅路を彩どる

(「花咲く旅路」作詞作曲:桑田佳祐)

スパイスをゲットし、黒豆さんを美味しくいただいてから、午後からは昨日に引き続き熱気浴です。image

NPOと病院が共同で運営する、ミストサウナのようにラドン温泉を浴びられるこの施設の入浴料は、温泉とタオル浴衣代込みで1000円。時間毎に入れ替え制なのですが、とても人気で毎回満員です。

image入り口付近にある村営の足湯に入ってから熱気浴に行くと、数分で汗が吹き出します。ミストサウナのような柔らかな蒸気が出る洞窟のような部屋で、リラックス椅子に横になって深呼吸していると、まるで子宮の中にいるようにいやされます。冬場は温度が上がらないためお休みとのこと。本当の自然の恵みです。

その後は少しお昼寝。そして夜は豆カボチャを作り美味しくいただきました。夜は地元の人に誘われて地元ネタを聞きながら川べりにある無料の足湯につかりながら星空を眺め、再び帰ってから温泉。贅沢な時間に感謝感謝です。

今日はいい感じにぞくぞくしています。微熱が出ていて、身体が頑張っているのが分かります。

このまま高熱になってがんが消えるコース希望だけど、微熱で免疫力が上がるのももちろん嬉しいこと♪

ここは身体にお任せ。明日も楽しく湯治します^_^