三朝温泉レポ 1

image

鳥取県は三朝温泉に来ています。日本の三大ラドン温泉の一つである三朝温泉なのですが、山梨でも秋田でもなく三朝温泉を選んだ理由は、鳥取ならこの時期でもさほど寒くないだろうという理由と、上げ膳据えぜんではなく敢えて合宿路線を選んだこの一人旅なので、滅多なことでは帰れない距離にしたかったからです(笑)。

品川発21時の夜行バスで一路倉吉に向かいました。防寒具をたくさん持ち込んだ甲斐があり最初のSAを出てからは朝の7時過ぎまで快適にグースカ眠り、起きたらもうそこは鳥取でした(笑)。倉吉からバスを乗り継いで三朝温泉へ。朝の8:30に快くチェックインさせてもらえたのは、江戸時代から続く自炊型湯治旅館、油屋さん。かなりの渋みのある旅館でございます。image

通していただいたのは、先発隊で先週来ていたりんりんが泊まったのと同じ2階の松の部屋。image窓からは庭が見えて、こざっぱりした部屋でわたしとしては落ち着ける部屋です。

一人旅のはずが気づけばこんなに素敵なお連れ様も。image旅館のネコさんです。私ともう一名の泊まり客しかいない静かな静かな旅館内の1日目、私が布団に入るまで側にいてくれた(ずっと横で寝ていただけだけど)頼もしいナイトです。

imageそして肝心のお湯は、低温でじっくり温まるお風呂と、かなりの高温で身体中ポカポカになるお風呂の二種類♪なんとも古い味のあるお風呂ですが、こう見えて隅々まで掃除imageが行き届いていて、ほぼ貸切なのでお湯はとっても透明で綺麗です。

まるで千と千尋の神隠しのような世界での私のこの世の食べ物は、東京から選りすぐりで送った黒豆、小豆、金時豆、キドニービーンズさん、腎臓にいい豆オールスターキャストです♪

今回の湯治旅の目的は、もちろん世界屈指のラドン効果でもあるのですが、もう一つは、腎臓君お疲れ様デトックス一人合宿。腎臓の目詰まりをとるとされる豆カボチャだけをいただいて、プチ断食しながらのデトックスを目指す、一人強化合宿です(−_−#)がっつりやります。

imageと言う訳で到着してすぐに下ごしらえした豆たちも、夜にはこんな美味しい姿に(*^^*)

はるばる東京からついて来てくれた豆に感謝して、持参した土鍋でぐつぐつ、ぐつぐつ。豆を煮る音だけが響く、ほっこり時間です。

金曜日の夜まで豆を変え品を変えてのデトックスand湯治。ゆるキャラミササラドンの見守る中、どんな効果が出るか楽しみな5日間です(*^^*)