Ohanaと大地からの贈り物・・・宝物♪

image1 (1)埼玉に住んでいるOhanaから、うれしいうれしい小包が届きました。

ぴっかぴかの家庭菜園のお野菜。野菜作りを始めて長いK一家のお野菜は、本当に素人とは思われないくらいのぴかぴかの宝石のようなお野菜です。

私のシコリんのことを知ってからたくさんの愛情をくれるK一家。私が食事療法などで治すと知ってからこんな素晴らしいお野菜を定期的に、温かいお手紙つきで送ってくれます。

荷物が届いてダンボールをあけると、Alohaとマナがたっぷりこもった温かいものが伝わってきて、毎回涙がぽろぽろ流れてしまいます。そして、しばらくこうしてお野菜たちを飾ります。

環境系のNPOにいたり、ハワイや沖縄、千葉でオーガニックの農業の修行をしていたこともあり、今までも大地の恵みであることを分かっていたつもりでも、こうして、自分の生命と野菜たちの生命が直結していること、その間を人と人のAlohaが繋いで手元に届くことを実感すると、涙がこぼれます。

1ミリも、どんなところもムダにしないぞ♪と気合が入り、野菜が届いた日はそのまま保存のための加工が始まります。

そのままいただける分量は冷蔵庫やバスケットに。冷凍するものは洗ってカットして冷凍庫に、加工した方がいいものは加工作業に入ります。

父の仕事の関係で海外生活が長かったこともあり、料理のソースやペースト、フムスなどが大好きなので、こうして加工して瓶詰めにしておくのが好きです。

写真は、黒豆のフムス、トマトペースト、リンゴジFullSizeRender (2)ンジャーソース。ズッキーニのペーストもお気に入りで、これらをパンに直接つけたり、スープにしたり、調味料として隠し味につかったりと、大活躍です。

なるべくシンプルな味にして保存し、調理するときに必要なら少し味を足すのがポイントです。

K一家、本当にいつもありがとう。AlohaとMahaloをたくさん