いかすみ のパスタ?いえいえ魔法のパスターです

image1なんだこれは?黒ゴマか?新手のB級グルメか・・・

実はこれは、私が時々貼っているオリジナルのパスター(湿布)です。私のシコリんは、左胸の上部分にあるため、乳腺を圧迫して時々痛みます。痛みについては、もちろん諸説ありますが、私は野口整体を勉強しているので、痛み=違和感と捉え、そこに身体のエネルギーが集注して治してくれている(西洋医学的に言うと白血球が集まってくれている)と捉えています。 とはいっても、正直どきどきしますし、あまり放置しておきたいものではありません(^^;)

時々里芋パスターや枇杷温灸、お気に入りのハーブサウナ(後日ご紹介します☆)の残りのハーブボールを患部に充てたりもするのですが、特に熱を持って解毒したがっているように感じる時は、この里芋&麻炭の粉を混ぜたパスターをつくり、シコリんを優しく包むように湿布します。

シコリん自体に働きかけるというよりは、その周りの圧迫されたり、新陳代謝が悪くなっている細胞たちに効くようで、湿布の後は肌色もきれいな肌色に戻りますし、気持ちもとてもほっこりします。

最初は里芋パスターは里芋パスター、麻炭の湿布は麻炭の湿布とimage2分けていたのですが、里芋パスターはねっとりし過ぎてはがすのが大変、麻炭の湿布は水の量を間違えるとぱさぱさになるかたれてきてしまう・・・シャラクセイっ(><)と、B型の横着精神で混ぜてみたら、あら素敵♪完璧な配合なのです(笑

作り方は簡単、二つの粉を適量(私は半々くらい)に少しずつ水を足して、白玉団子を作るときくらいの固さにして、無漂白のキッチンペーパーに塗って貼るだけ。さらしやラップで覆っておけば、普通に仕事もできます。 やってみると分かるのですが、なんとも言えない包まれ感、そして本能に従って患部を泥に浸してじっとして治す動物が感じているのであろう、じんわりした解毒感を私は感じることができます。

セルフケアや養生の肝は、とにかく感じること、自分の感覚を信じること☆そして、その感覚についていくこと・・・私の人生テーマの一つでもあります。

ご興味のある方は是非試してみてくださいね♪

Aloha Mahalo