信じうるのは 自分の感覚 1

CIMG0467ある日 自転車に乗っていた時のこと。

特に何も考えるでもなく、初夏の風を気持ちよく感じて、そよぐ夏草を横目に自転車を走らせていた時。ふいに全身ではっきりと確信しました。

あ、今、私の全細胞が、シコリんを必要としないベクトルに足並みを揃えたな、と。

細胞レベルで「分かった」のです。

それは、鳥肌が立つような、でもとても静かで、誰にも、私自身にすらも侵す事ができない神聖な感覚でした。言葉にするのはとても難しく、医学では絶対に証明できないことなのですが、私の中で確かに感じた絶対の感覚だったのです。

この病気に関しては、本当に様々な学説、治療法、考え方があります。ひと昔前の、抗がん剤→手術→放射線というお決まりのコースにお医者様本人達を含む多くの人が疑問を感じる昨今であり、また日本人の二人に一人がかかる病気だけに、本の数もネットの情報量も膨大です。

何を信じるか、何を信じないか、何を選択してどうやって向き合っていくのか・・・それは実に人の数だけあると言っても過言ではないのかもしれません。

そんな中、私が信じるに足ると、信じうると思うもの・・・それは他でもない自分の感覚です。

世界にたった一つしかない私の身体。頭が逆立ちしても到底叶わないスーパー知性と可能性を持っている身体。その身体の感覚を信じなくて何を信じたらいいのかな、という気がします。CIMG1040

もちろんデータはデータ、数値は数値で、一つの指標にすることは自分の状態を客観視するためのツールとして大切だと思います。そして、最先端の研究結果や事例も参考にするに足るありがたい情報です。

それでも、最後に決断するのは、一瞬一瞬の選択をするのは、頼りにするコンパスは、自分の感覚、自分の身体。いのちを預けていいのは、自分自身のこの手。

誰かの言う通りにして、誰かに命を委ねてただ表面的に病気が治ったとしても、きっとまたシコリんからのメッセージがやってきます。

シコリんからのメッセージは、そうした何か目に見えることを超えた、大切なこと。

それは、この情報化社会、脳化社会だからこそ、持ち続けなくてはいけないコンパスを再び作動させて、自分の本来の生を取り戻し、生を全うして生きることを学ぶこと。

がんになるくらい、自分を抑えて、世間に適応して優等生的な在り方をしてきた自分だからこそ、今このときに必要なのは誰でもない、この私の感覚。小さくても確かな自分の身体の声を、信じきること。その先に、本当の生があると思うのです。

正解もなく、前例もない、そして、一瞬一瞬が真剣勝負の道だけど、渡り鳥のように、鮭のように、ウミガメのように、自分のナビゲート、コンパスを信じて、今日も明日も生きていくからね。自分に、シコリんに誓って、今日も安心して眠りにつきます。

aloha mahalo

豆豆しい毎日

FullSizeRender (14)豆にハマってます。

炭水化物をあまり大量に取れないこと、洋風の甘いものが食べられなくなったことから、小豆をハチミツで煮てヤケ食いしたのがことの発端。

そこから、フムス(豆をニンニクとオリーブオイル、胡麻ペースト、好きなスパイスとペーストにしたもの)道にも足を踏み入れたこともあり、ほぼ毎日何かしらの豆を煮ています。

豆には、シコリんに効く成分が含まれていたり、腸を綺麗にする成分が含まれているので、心おきなくありがたくいただける食材の一つです。

二人鍋の小さな土鍋で煮るのがマイブーム。

特に、黒豆、小豆、赤豆の可愛い三姉妹、従姉妹の金時豆は、柔らかくなるまで煮てから最後にハチミツで煮詰め、クローブ、カルダモンやシナモンなどをお好みで少々足すと、極上のおやつになります。

そのまま食べてよし、アーモンドミルクに浮かべてチェーのようにいただいてもよし。そこに、雑穀のフレークを散らすとなかなか見映えもする立派なスウィーツになります。

きび砂糖とアーモンドミルク、オリーブオイルを使ったパウンドケーキに赤豆をいれたら、大好評でした。FullSizeRender (15)

写真は、今夜煮た花豆さんの洋風甘煮と、空豆さんのペースト。そして明日に備えて水インを待っている小豆さんとレンズ豆さんです。

♪ああ〜台所のどこかに私を待ってる豆がある〜(いい日旅立ち的な…)

今夜は月がふんわり綺麗なの光っています。いかん、月が豆に見えてきた(・_・;

aloha mahalo

アー乳 大好き!

FullSizeRender (13)こどもの頃は乳製品が苦手でしたが、いつの間にかチーズの美味しさ、生クリームの美味しさ、バターの美味しさに目覚め、乳製品好きになっていました。ケーキを焼いたりキッシュを作るのも大好きだったので、シコリんのことが分かってからの乳製品断ちは結構なストレスになりました(^^;)。乳製品と豚・牛肉をやめた3週間で7キロ落ちたのは、栄養面だけではなく精神的なものもあったかもしれません(笑)。

ストレスの原因は、食べられないことはもちろんですが、料理の巾が極端に少なくなったからです。多くのベジタリアンやシコリんのある人たちは豆乳を使うのですが、乳がんに関しては豆乳はまだ賛否両論。それに、実は豆乳の味が苦手です。

悩んでいたら、カナダ人の料理好きの友人が、アーモンドミルクを使うことを教えてくれました。日本でも、スタバが取り入れたり、TVで紹介されたこともあり、少しずつ認知度があがってきたアーモンドミルク、略してアー乳。早速アマゾンでお取りよせして飲んだところ、あ!美味しい!これはいけるじゃありませんか(^^*)。

以来すっかりアー乳が大活躍。シリアルを食べる時などストレートで使うのはもちろん、クリームシチュー風にしたいとき、ケーキを作るとき、煮込み料理の時、ドレッシングを作るとき・・・今まで牛乳を使っていた料理には全てアー乳を使えるようになったので、料理の巾がぐっと広がりました。

少しとろみをつけたいときは、お米と一緒にミキサーにかけたり、片栗粉を混ぜたり。そこに酒かすを入れたりすると、チーズのような風味まで楽しめるんです!

ちまたでは、プリン、ゼリー、アイスなどをそこここで美味しそうに食べる人々の笑顔に溢れています。それなら私だって!と、今日はアー乳と甘酒、そして純粋杏仁粉をくず粉で固めたひんやりプリンを作りました。

お味は・・・お、おいすいーーー(*^^*)幸せ☆

今はスーパーや製菓食材店でも食塩や砂糖不使用のアー乳が少しずつ買えるようになってきています。

是非お試し下さい♪

aloha mahalo

有朋自遠方來。不亦樂乎♪

image1 (6)同じシコリん仲間のりんりんが、つぼみ食堂に来てくれました♪

りんりんは野口整体を通じて知り合った友人で、《シコリんを治すことをメインに置くのではなく、シコリんが要らなくなる生き方にシフトすることを目指す》と言うスタンスを理解し合える、貴重で大切な友人でOhanaです。

食いしん坊なところ、生真面目なところ、仕事を120%がんばってしまうところ、感情を抑えてしまうところ、なんでも一人でがんばろうとするところなどもよく似ていて、生き方を変える点でも助け合えるありがたい友人です。また3つ下のりんりんは、可愛い妹のようでもあります。

そんなりんりんから、リクエスト?SOS?が。「ガトーショコラが死ぬほど食べたい(泣)(泣)!!」

よし来たっ、任しとけ、りんりん♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

こだわりのあるりんりんだから、普通のマクロビチョコレートケーキレベルじゃダメなはず。しっとり、でもフワ感もどこかに残したガトーショコラじゃなきゃダメだ!マクロビガトーショコラを検索しまくり、alohaを込めて焼いてみました。

白砂糖の代わりにきび砂糖、牛乳の代わりに豆乳、チョコレートは純カカオで、バターの代わりにオリーブオイル、小麦粉の代わりに上新粉、オーガニックのベーキングパウダーで焼き上げました。FullSizeRender (12)

メインディッシュ、スパイスから作った夏野菜のカレーと金柑のドレッシングサラダのあとは、いよいよガトーショコラ。

さてりんりんの反応は・・・

想定以上に大はしゃぎ、大フィーバーのりんりん♪。美味しい!を連発しながらウルウルした目で一口一口味わいながら食べるりんりんを眺めながら、私も幸せを噛み締めました。

食養中ではあっても、病人食でも養生食でもなく、幸せを感じられる美味しいものを安心して食べられるのは、本当に大切なこと。

普段我慢に我慢を重ねている分、涙が出るくらい嬉しいこと。

分かる、分かるよ、りんりん。どんどんリクエストしておくれ、私が研究して作るから(*^^*)

本当に、そんなカフェをいつか開きたいなあ…病気があってもなくても、いのちが喜ぶ、大地と繋がり直す、幸せな人生のための美味しい料理を誰もが食べに来られるalohaいっぱいのカフェ。そんな料理が作れるようになりますように♪

りんりんの笑顔をしっかり胸に刻み、そんな決意を新たにする午後でした☆

aloha mahalo

トマトでおでん♪ おでんでトマト♪

FullSizeRender (11)以前から気になっていました。トマトおでん。

トマトラーメンがブームになった時、おお!なんて美味しいものができたんだ!と感動して食べまくっていたことがあるので(下火になってしまい、悲しかった(;;))、前から気になってはいたのです。

シコリんがある人には、トマトはとても強力な味方。特に加熱調理したトマトは、すべてのがんにとても効くのです。

トマトソースをたくさん作り、パスタに、スープに、炒め物に、と利用してきましたが、今回のトマトはあんまりにも美味しそうだったので、まるごと食べたい!と思い、おでんにしてみました。

煮汁に使う調味料は、昆布だし、いりこだし、麹だけでつくったみりん(砂糖不使用)、タマネギパウダー少々、にんにくパウダー少々、白胡椒少々。そして、隠し味は、梅干(無塩)♪この煮汁で野菜を適度な大きさに切って、蓋をしてぐつぐつ煮込むだけ。

結果は・・・美味し~い♪そのまま素材の味を楽しんでよし、黒胡椒を少しつけてもよし、ゆず胡椒をつけてもよし。あっという間にいただいてしまいました。塩分はトマトとジャガイモからしっかり出て、塩をいれなくても十分に満足するとても美味しいおでんです。

今日はそれに、納豆・黒ゴマと玄米ごはん、卵(今週ではじめてのたんぱく質!)ときくらげFullSizeRender (9)の自家製スウィートソース(はちみつととうがらし、にんにくを混ぜるだけ)を付け合せました。

今日は朝から人参ジュースだけだったので、うまい~、しみる~、幸せ~を連発する夕べでございました。

是非お試し下さい。

aloha mahalo

Shall we dance ?

imageずっとずっと、アルゼンチンタンゴに憧れていました。

きっかけは一枚のポストカード。仲良しの犬二人がいい表情で野原でタンゴを踊っている絵のポストカードを見て、何故かしびれてしまいました(笑)。

でも、運動音痴だし、恥ずかしいし、男性のリードに身を任せるなんて出来そうにないし…と先延ばし先延ばししてきました。昨年末久しぶりに過呼吸の発作を起こした時に、なんとなく死ぬ前にしたい6つのことを書き出したのですが、その中に『タンゴを習う』が入っていたので、真剣に教室を探しました。

池袋にある、古き良きアルゼンチンタンゴを教えてくれる素敵なアルゼンチンタンゴの教室Tango Realに巡り会え、以来タンゴに夢中です。(一緒に写ってくれているのは優雅な物腰の看板講師ホアキン先生です♪)

タンゴの基本は、女性は男性のリードを信頼して身を委ねるのが基本!しかも、振り付けはなく、一歩一歩が即興。前に進むのか、後ろなのか、回るのか、床を滑らせるのか…全て出たところ勝負です。

でも、決していいなりになるのではなく、リードがわからなかったら動きません。また、男性のリードに気持ち良く身を任せつつも自分の姿勢や歩幅を崩さず、時には遊びを入れたり、時にはがっつり四つに組んだり、時にはタメを楽しんだり…女性は自分ができる最高の綺麗なステップで男性のリードに応えられ、男性のリードを華やかに表現できるように、鍛錬を積みます。

なかなか奥深い、一朝一夕には体得できない世界なのですが、ある日気づきました。

あれ、これって人生への態度・姿勢とイコールだなあって。

自分から先読みしたり、コントロールしようとしたり、不安になり無駄な動きをしたり、せっかちに動き回ることは厳禁。綺麗に流れに乗るためには、自己鍛錬は欠かせません。

そして、リードや流れが来たら、一歩一歩が本番で真剣勝負。楽しむ余裕をキープしつつ、美しく自分を表現します。曲が終わる瞬間まで、気を抜けません。

人生の全てを享受するために必要なことがみんな入っている感じ!

だから、タンゴは年齢を重ねれれば重ねるほど、熟した素晴らしいタンゴが踊れるのかしら、と思います。

シコリんのことが分かり、生きる姿勢を変えようと決めてから、ようやくタンゴの奥深さがわかってきた気がします。

今日も大貫妙子さんの、映画の主題歌を聴きながらタンゴに向かいます。

前略 私の人生殿

Shall we dance?

aloha mahalo

私の温熱療法 その①ハーブサウナ

FullSizeRender (7)がん細胞には温熱療法、という考えが大分浸透してきて、実際に病院で温熱療法の治療を行っているところもあります。昔は民間療法としてはラジウム温泉に湯治に行くというのが主流でしたが、科学的な研究が進み、がん細胞が36.7℃以上の体温だと増殖しないこと、体温を2度以上上げることで身体に熱ストレスを与えて、ヒートショックプロテイン(NK細胞を増やす)を増やすということが分かってきたため、各種の療法が実践されるようになって来ています。

私が実践しているものの一つが、ハーブサウナです。タイの療法の一つなのですが、ウコンやショウガ科の植物10種類以上のハーブをお湯で煮だし、その蒸気にサウナテント内でゆっくり蒸されて、体温を上げ、じんわり、そして最後は大量に汗をかく方法です。image1 (5)

自分の仕事で使っていたのですが、シコリんのことが分かり、温熱療法をどうやろうか考えたときに、すぐに、そうだ、あれを使おう、だって自宅でできるし♪と、セルフケアの一つの柱にしました。

どんなに上がっても51度までなので、サウナが苦手な方でも入っていられます。また蒸気とハーブの効果で最初はじっくり、そして最後にものすごい勢いで汗が出てくるという理想的な温まり方なので、サウナが苦手と言う人にもオススメ。サウナテントも、ハーブも、タイからとても良心的な価格で直輸入できます。(→サムンプライファーム

私は腎臓が冷えていることが多いので、この真夏でも先に遠赤外線のストーブで腎臓を10分ほど温めてからサウナに入ります。

タイシルクでできたテントの中は、まるでお母さんの子宮の中、かいこの繭の中にいるようで、安心してゆっくり、そして、うっとり過せるのが魅力。ハーブの香りもたまりません。image2 (1)

終わったら、もう一工夫。ハーブを包んでいた布ごと取り出して、肝臓と患部にしばらく充てて横になります。終わる頃にはもう夢見心地(笑・・・ そのまま寝てしまうこともしばしば。

終わった後はぬるめのお白湯を飲んで完了。これを週に2,3回やっています。

こんなに気持ちいい養生でいいのかしら?と思うほどgorgeousな温熱療法です♪

がんをなくすために養生するぜ!と気合いを入れて取り組むというよりは、がんの必要のない生き方にや暮らし方にシフトすることをゴールに、自分にもAlohaをたっぷり与えるやり方で、simple and gorgeousに。そんな私のお気に入りの養生法です。

良かったら是非お試し下さい☆

aloha mahalo

これぞ simple and gorgeous!

image2南房総にいる大切なOhanaからぴかぴか野菜が届きました。1500坪以上の美しいくぬぎの森に囲まれた地上の楽園のような場所で、その中で育った無農薬の野菜たちです。

森のエネルギーがそのまま届いたようなお野菜たち。どう美味しく調理しようかな。

それは・・・もちろん simple and gorgeousにいただくのが一番!

ということで、フライパンに薄く水を引いて蓋をして蒸し煮に。

仕上げに少し水分を飛ばしたら、お皿にもって、アマニ油をかけて、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、黒胡椒をかけて、そのままいただきまーす♪

野菜の味がしっかりそれぞれに味わえて、胸がじんとします。自分も畑や開墾の修行をしてきただけに、私の手元に届くまでのいのちの繋がりや労働を思うと・・・本当にありがたいです。

image1 (4)

私はハワイや日本で活動を続けていらっしゃる、画家で平和活動家の小田まゆみさんのもとで、三ヶ月女神修行をさせていただいたことがあります。楽園のような、天国のような畑・・・まゆみさんとOhanaの人々が精魂込めてつくりあげたガーデンでの畑仕事とヨガをしながらの共同生活。そして、まゆみさんにいただく女神修行。

忘れられない、人生の宝物のような日々でしたが、そこで毎食前に唱える「食事の偈」というものがあります。

それを今日はご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

食事の偈

この食べ物は全宇宙からいただいたもの。

大地、海、空、そしてたくさんの人々の労働。

これをいただくに値する人になれますように。

私たちの不親切な心を変えて、むさぼらない食べ方が学べますように。

この食べ物が私たちの力になり、病気から守ってくれますように。

理解と愛の道を歩くことができますように。

今、地球上で沢山の人々が飢えで苦しんでいることを 忘れないように、この食事をいただきます。

・・・・・・・

今日もありがとう。

aloha mahalo

目は未来へ その先へ・・・

FullSizeRender (5)今日は、大切なOhanaである友人達が、近くにある自然系カフェで開かれるコンサートに誘ってくれました。シコリんがわかってから、初めてのコンサートです。

着くなりサプライズプレゼントで大きな花束をくれた友人達。大好きな向日葵の花束に思わずはしゃいでしまいました♪いつもかげながら支えてくれる友人達に心から感謝です。本当にありがとう(^^)

キャンドルの灯りの中で、素晴らしいアコースティックなピアノの音色に身を委ねていたら、感受性、五感の扉がオープンになり、様々な想いや感情がわきあがってきました。

私の感情に寄り添うように様々に音色や和音、テンポを変えながら奏でられるピアノに身を委ねていたら、気づくと心は今までの旅を振り返っていました。

幼い頃に住んでいた海外での生活。日本で再スタートしてからの人生。ハワイや沖縄、千葉での心の旅。言葉に表わしきれない様々な体験や、流した涙とこぼれるような笑顔、出会いと別れ、宝物のような風景や思い出の数々・・・

シコリんのことが分かってから人生の舵を大きく切り、劇的に生き方や人生を変えました。時には、あの曲がり角を曲がったことでどこに向かう進路をとったのか、今旅のどこにいるのか、何が見えてくるのかが分からず、不安や怖さに立ち止まったり、今まで来た道を振り返ってしまう夜もあります。FullSizeRender (6)

でも、久しぶりにこうして感性の扉を開き、五感をオープンにしてそれらの感情をたゆたうままにして、透明になるまで身を委ねていたら、いつもどこかで私をいざなう声が、今日ははっきりと力強く聞こえ、私の背中を押してくれました。

恐れずに その先へ 超えたところへ・・・。

新しい扉を開いた私でなければ出会えない風景、出会えない人々、創れない未来に、自分の手で、自分の足で会いに行こう。人生を、未来を生きよう。

素敵な夜を本当にありがとう。

明日からまた顔を上げて、ミノアカ(笑顔)で生きられそうです。

aloha mahalo

病みつきの人参ジュース

image子どもの頃から人参は大の苦手でした。だから、シコリんの食事療法を始めるにあたり、人参ジュースを1日に大量に飲むと分かった時、正直ウッと思いました。

市販の人参ジュースを試しに飲み、余計にウッが増して…しかも毎日ジューサーで搾りたてを作って飲むなんてできるかしらと正直思ったものです。

ところが‼︎

ジューサーが届き、人参2本、リンゴ1個、レモン1個、キウイ半分を入れて絞ったジュースは…な、なんですか、この美味しさは〜(≧∇≦)。想像を嬉しく裏切る美味しさなんです!半信半疑の友人達に飲ませたところ、みんなが美味しい(^ν^)と驚くので本当です。

以来朝と昼にコップ2杯、後は体が欲した時に美味い美味いと飲み続けています♪

何故がんの人が人参ジュースを大量に飲むのかは各種の本に詳しく書いてありますので割愛しますが、がんの自然療法の基本的な考えをまとめると下記になります。

①体内のカリウムとナトリウムのバランスを取り直す。具体的にはカリウムを多く含む野菜をたくさん摂り、がんが大好きなナトリウムを減らす。

②がんが好きな砂糖や脂肪・油や添加物をなるべく摂らない。

③体温を上げて36.7℃以上をキープしてがんを増殖させない。( がんが死滅する40℃以上の熱が出たらチャンス!)

④血液をきれいにするために、腸内環境を綺麗にする。(千島学説だと腸が造血し、細胞を作っているとしていて、学生の頃から知っていたこの説をつぼみは支持しています)

⑤腎臓・肝臓を働かせるためにきちんと汗をかく(かいたらきちんとふき取る)

⑥免疫をあげるために早寝早起き特にがんが増殖する24時から2時は寝る)、適度な運動、笑って生きる生き方にシフトする。

⑦臓器本来の力を蘇らせるため、また免疫細胞をがんに集中させるため時々断食をする。

となるかと思います。

化学療法以外の各種療法はこのどれかを目的に行うのですが、人参ジュースは①に当たります。image

お気づきの通り私は超厳格な道を選んではいませんが、概ねこの六つを実践していて、かつ楽しく美味しく取り組むことの方にに文字通りいのちを賭けてます(笑)。

そんな私に打ってつけな人参ジュース。今日も美味しくいただいています。

注意事項としては、人参は単体で摂るとビタミンCを破壊するため、レモンやキウイなどビタミンCを含むものを多く摂らないと、手足が過度に黄色くなる、怪我が治りにくくなるという症状が現れるので、気をつけてくださいね。私はレモンをケチって見事にこれらの憂き目を見ました(^^;;

しかし、これだけの新鮮無農薬野菜に人参ジュースにビタミンに…やばい、これは美肌になっちゃうな(笑)にやり

aloha mahalo